中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

支部活性化協議会議事録

日時:10月22日(金)14:00?17:00 活性化検討会
           17:15?19:15 懇親会
場所:住友生命釣鐘倶楽部
出席者
 本部:藤原会長
 東京:橘田支部長、妹尾副支部長
 東海:橋本支部長
 和歌山:南村支部長、坂本幹事長代行
 神戸:小泉支部長
 姫路:林副支部長
 大阪:萩平支部長、神原幹事長、松本広報委員長、塩谷広報副委員長
    中曽財務委員長、木村財務副委員長、平井ゴルフ実行委員長
    本庄就職支援実行副委員長

開会挨拶 東京支部橘田支部長
議事
A支部活性化の課題と対応策の検討(各支部からの報告)
1東京支部
? 中堅・若手会員の取り込み
・ E-mailの活用(アドレスの総登録数250件)
・ 年会費の引き下げ(H16より卒業後10年間は3000円に)
・ ゼミ、クラブ、企業などタテの連携に力を入れたい
? 諸行事を通じ若手の動員を図るも出席者の固定化と伸び悩みが問題
・ 総会懇親会(出席者65?120名)、囲碁会(月1回:参加者10数名)、
歩こう会(年1?2回開催:出席者10数名)、ゴルフコンペ(年2回:参加者10数名)など
? 消息不明会員の増加:企業内、同好会、ゼミなどの協力を得て追跡中
? 支部会費納入者の減少:自動引き落としの推進
2東海支部

3和歌山支部
? 総会参加者増対策:留学生無料に(3名参加)、新卒会員無料(参加0)
新卒者には特別に「無料にします」という案内を出したが反応ゼロ
? 年会費納入率:高商は46.3%、大40期台は僅か1.5%と大きな開きが悩み
? 収入源は経費削減で補っている:
「柑芦わかやま」の送付を全会員4500人→何らかの連絡のあった会員900人にし、
郵送料を大幅に削減

4神戸支部
?「ぶらくり会」という勉強会を2ヶ月に1回開催(参加者:25名前後)
   後の飲み会で大いに交流が深まる
?「那智黒会」という囲碁会を毎月1回開催(参加者15名前後)
?「神芦会」というゴルフコンペ年2回開催(参加者15名前後)
? 総会の開催日を若手が参加し易いように土曜日にした
? 総会に参加された小田学長、山田学部長、竹林助教授のゼミ生に総会参加を呼び掛けたが
反応ゼロ
5姫路支部
? 支部長が若手会員宅を全員訪問し、柑芦会行事の参加を呼び掛けたが反応は今一
? 囲碁会を定期的に開催している
6大阪支部
? 支部長から支部活動の理念、活動方針ついて説明
? 支部長から委員会の設置と委員長、副委員長の起用について説明
? 幹事長から人生塾の開催について説明
? 財務委員長からコンピュータ会計の導入と月次決算について説明
? 広報委員長からHPと各支部に利用促進について説明
? ゴルフ委員長から大会開催について説明
? 就職支援副委員長から就職状況と支援策について説明
? 幹事長から人脈マップの利用について説明
7共通課題と対応策
  各支部報告よりの共通課題は
?諸行事への出席者の減少傾向と出席者の高齢化:現役世代(大学16期以降?)
の参加者が少ない
?従って、支部年会費納入者が減少傾向にある。
その対応策として、
・大阪支部の「会員の成長に役立ち、人生を豊かにする」のコンセプトのもとに実施しつつある「人生塾」講座は非常に興味深い。
・特に、「人生塾」講座終了後、速やかに「その報告」(内容概略を含めて)に大阪支部ホームページにアップされているのは評価できる。
・ 現役世代への通信手段として、「E?MAILアドレスの登録推進」と「各支部単位のホームページ」の充実が必要。

Bホームページの統一的運用について
1HPを持っていない各支部は早急にHPを立ち上げる。HPのデザインは各支部共通とし、 
 支部名だけを変えるようにする。
 HPへのアップ作業は大阪支部が引き受ける。
2東海支部が持っているHPアドレスを廃止して、kourokai.comのHPへ早急に移転する。
3支部のE-メールアドレスを希望する支部から下記の基準で統一する。
○○○○@kourokai.com  ○○○○のところへ支部名を入れる。
例えば東京支部であれば、tokyo@kourokai.com
東海支部であれば、tokai@kourokai.com

C大学の就職支援と産学連携について
1大学の取り組み状況を本庄就職支援副委員長(和大の就職担当教員でもある)から説明
? 平成15年度卒業生の約四分の一が進路未定。
? 先輩企業サイドより、採用しようにも後輩学生が誰も応募してこないとの不満あり 
2萩平大阪支部長から第1回就職支援実行委員会の状況を報告
 先輩から「インターンシップ制度を積極的に活用して欲しい」旨学生への要望あり
3今後本庄氏が各支部を訪問し協力依頼をする。各支部は積極的に支援する。
4今後大学からの支援要請は大阪支部で取り纏め、各支部へ応分の協力をお願いする。
                                  
                                     以上
                               
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/