中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

組織委員会議事録

組織委員会議事録
                   
                                   文責: 櫻井
1. 日 時 : 2008年10月23日(木)18:00~20:30
2. 場 所 : 大阪支部会館
3. 出席者 :  早島則彦(14期)  吉川博司(14期) 金子義明(14期)
         足立邦雄(15期)  浦 義弘(17期) 本多康重(17期)
         櫻井泰治郎(20期) 笠井幹事長  以上 8名

議題および審議結果 :
(1) 年会費納入状況と促進策について
   23期以降の若い年代の会費納入者は各期1桁代であり過去2年の推移をみても殆ど
   横ばいか或いは減少している。
   一方22期までの会費納入者についてみると一部役員等の努力により増加している期
   もあるものの将来的な加齢に伴う自然減を考えると柑芦会大阪支部の会費収入はじり
   貧の一途を辿ることが予測される。
   そのため、大学新卒者に積極的にアプローチし柑芦会の存在に対する認識を高めても
   らうことが必要である。
   この点につき、学生の就職活動を支援するため数年前に大学内に組織されたスチューデ
   ントリンクが在学生と卒業生の強固な結束を醸成しつつあるので、この組織に活動の場
   を提供するといったかたちでの連携を強化し若手会員の柑芦会への参加を促進する。
(2)支部活動活性化について
   いままでの各委員の経験から判断して柑芦会活動に積極的に取り組んでみようと考え始
   めるのはどうしても社会人としての繁忙期を過ぎた50歳以降の年齢層になってからで
   あるので、これらの会員に対する参加の呼びかけも怠ってはならない。 
   この点については、会費を納入しておられるにも拘らず柑芦会の行事に全く参加してお
   られない方々に声懸けをして支部活動への参加を促し支部活動への参加者の輪を広げる
   必要がある。
   具体的には、組織委員が分担して各期の幹事にお願いして該当する会費納入者への勧誘
   を強化する。
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

組織委員会議事録

                   
                                       文責:北村

1. 日 時 : 2006年 9月29日(金)18:30~21:00
2. 場 所 : 大阪支部会館
3. 出席者 : 松尾浩一(11期)、金子義明(14期)、北村修一(18期)
        中村隆昭(25期)、萩平支部長、神原幹事長 以上6名

議題および決議事項 :
(1) 年会費納入状況と促進策について(財務目標1100人に向けて)
・ 8月末現在884人(前年最終978人→前年比▲94人)を、先ずは1000人以上へ増やさねばならない。
・ 期別の「納入状況表」により、昨年納入し本年納入していない人には個別にフォローをしよう。
・ 何らかのサービスや恩恵を受けていると感じた人は納入してくれる率が高い。その“サービス”や情報提供を増やしていこう。
・ 「同期会」なら出るが、柑芦会へは別にでる必要を感じない、という人もいるが、実績を見ると「同期会」開催の盛んな期は、年会費納入率も高い傾向がある。
・ であれば「同期会」の開催を増やし、それを軸にして柑芦会の会合にも出席する機会を増やしていけば、年会費納入にもつながるのではないか。

(2) 「同期会」開催促進策について
・ 内容的には堅苦しいことは言わず、先ずは集まることを優先し、一杯呑むことから始めるほうがよい。それに対して何か情報提供などのサービスはできないか。
・ 南船場の「ハートンホテル」(社長=11期松尾さん)内の『サザン亭』で、格安の同窓会用メニューを作ってもらうことにし、柑芦会のホームページその他でPRしよう。
・ 松尾さん以外にもホテル関係者など会場をご提供いただける方へは「柑芦会会員向けの“特別プラン”をご提案ください」と呼びかけて、回答のあったところは全部HPに載せることにする。
・ 呑み放題(時間制限なし)で3500円くらいでの提供を検討してみる。<松尾>
・ さらにそこを使って「ボジョレヌーボーを楽しむ会」も企画してはどうか。実兄が20年以上前から「シニアワインアドバイザー」をやっているのでご協力できる。ボジョレヌーボー以外でも「ワインを楽しむ会」なら定期開催もできる。<中村>
・ では11/22(水)にサザン亭で計画して、早速メールやホームページでPRしよう。
・ 料金は「ボジョレヌーボーを楽しむ会」で4000円程度、「ワインを楽しむ会」なら3500円程度とし、定員は30名としよう。

(3) 支部活動活性化のための「会員意識調査」(案)について・・・北村から提案
・ 年代や意識の多様化する会員の関心事項や、年会費・総会・人生塾など支部活動に関する参加動機など、意識の“定量的な”把握が必要ではないか。
・ 本来なら、メールアドレスのない人を含む全会員に聞きたいが、それもたいへんなのでせめてメールアドレスを登録している会員を中心にアンケートによる調査をしてみる。
・ ただし、アドレスをもっていない人の意見も聞くため、経済講演会や人生塾などの行事の際には「紙ベース」による調査も並行実施する。
・ よって実施時期は、来年2月の「経済講演会」の前後に実施する。
・ 企画書案については、組織委員会の全員宛にメール送付して、意見をもらうこととする。
・ 企画書案作成~完成、集計、分析、まとめの作業は北村が行う。アンケートメール送付と回答の北村宛転送は金子さんにお願いする。

(4) 新年幹事会について
・ 1月26日(金)18:30~ とする。
・ 場所は、ハートンホテル南船場の「サザン亭」(約40名)で開催してはどうか?

(5) 来年度の支部総会について、幹事長より下記の線で進めているとの報告があった。
・ 日程:7月8日(日)
・ 場所:三井アーバンホテルベイタワー(本年度と同じ)

(6) 郵便物の「宛先不明者」増加への対策について
・ 総会の案内が戻ってきた人≒130名
・ 様々な機会に、不明者リストを提示して確認いただく作業を繰り返しやるしかない。
・ とりあえずは、人生塾などの行事の際に一人でも多くの参加者に確認してみる。
・ 「アドレス不明者」についても同様の作業を徹底する。

                                               以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第4回 組織委員会議事録

日時  平成18年2月1日(水)  18:30~21:00
場所  大阪支部会館

出席者 神原幹事長(10期) 松尾 浩一(11期) 吉川 博司(14期)
    北村 修一(18期) 岡田 仁史(33期) 中村 隆昭(25期;記)

議題及び決議事項

1.第17回柑芦経済講演会
  (1)動員追い込みについて 
  a.各期の中心的メンバーに最後の追い込みのメールをし、110名の参加が確認出来た。
     今日の出席者も周りの知人へ最後のプッシュを行い、積み上げを図る。
  (2)今後への反省
  b.今後ホームページに出席・欠席予定者を掲載し、幹事が電話連絡等の為に活用する。
  c.メールによる連絡について、初回実施以降全体には行っていなかった。
    今後は初回案内の後、実施日の1月から3週間前を目処に中押しメール、また直前には
    追い込みメールを発信の事とする(支部総会等も同じ)。
  d.メールによる案内時は、前回の議事録のアドレスを掲載し、メールから即議事録を参照
    出来るようにする(現在はホームページから選択していく必要があり面倒)。

    これは他の行事(人生塾など)も同じ。

2.支部総会(7/15(土))に向けた取り組み
  土曜日開催と言うことも踏まえ、どういう形で呼びかけ・動員を図っていくか。
 (1)当日の目玉作り
  a.講演会に目玉となる講師を招聘する。
     下記の方々の名前が挙がったが、今後早急に詰める。
     村元 勝氏(島精機 常務;15期)
     新宅 正明氏(日本オラクル社長;外部:中村の中学校同級生)
      泉 氏(都市生活工房社長;松尾氏の知人)
   b 一方通行の講演会ではなく、パネルディスカッションなどがいいのではないか。
  c シンポジウムを2~3テーマ実施するのもよい。
  d 青年講演会を共催する。
    ・若手向けには青年講演会を支部総会と同時開催とし、若者の参加を促進する。
    ・高齢層向けには、人生塾の中から好評だったもののアンコール実施を行う。
(ex.大8 大道氏)
 (2)会員動員に対する取り組みについて
    今後のコアになっていただくべき、15期から30期辺りをターゲットにした動きが必要。
    ・各期のコア人材への働きかけ
       14期、18期、20期などの成功事例を参考にしてコアになる人材を発掘する。
       少なくとも2~3期ごとに一人は発掘する。
    ・クラブの代表者への働きかけ
    ・人生塾や青年講演会などの活動を通じた地道な活動による会員の拡大
    ・今春16期の方が概ね定年となるが、ここをターゲットに「同期会」開催を重点的
      に働きかける。以降毎年順送りで。

3.年会費の納入促進に向けて
  12月末現在、953名で昨年最終の975名を下回っている。

  a.年会費納入キャンペーンの実施
   現在は、柑芦ニュース送付時のみ振込用紙で案内しているが、メール等を使って四半期
    毎に年会費納入キャンペーンを行って納入を促す。
   その際、郵便振替用紙をアクロバットリーダー等で添付し、思い立った時にいつでも振り込
    んでいただけるようサポートを行う(これによる振り替えが可能か郵便局に確認要)。

  b.インターネット版支部ニュースの発刊
   柑芦会により興味を持っていただくため、広く各期の会員から投稿を呼びかけ、支部ニュ
   ースとしてまとめて、インターネットで発刊していく。
   これらを通じて年会費納入に繋げる。

  c.同期等への地道な働きかけ
   10期では個別の電話で働きかけた結果、かなりの成果を得た。他の期にもお願いしては
   どうか。

4.メールアドレス登録促進について
  600名強からあまり増えていない。
  ・年会費の振り替え用紙に、アドレス欄を設け積極的に記入いただく。
  ・各種行事開催時にアドレス登録を働きかけていく。
  ・企業内柑芦会を通じてアドレス収集を推進する(中村から働きかける)
   
5.次回組織委員会
   3月23日(木)  18:30から 支部会館にて

                           (文責 中村 隆昭)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第3回組織委員会議事録

日時  平成17年8月25日(木)  18:30~20:00
場所  大阪支部会館

出席者 亀田 憲治(3期) 萩平支部長(10期) 神原幹事長(10期) 薗(16期)
     北村 修一(18期) 中村隆昭(25期;記)

議題及び決議事項

1.第2回組織委員会以降の状況報告 
  ・各委員から、企業・クラブのキーマンにメールアドレス登録の投げ掛けを頂いたが、
   現時点では10名程度の増加にとどまっている。
   (総登録数924名、内大阪支部636名)

2.今後の取り組み
  ・協力いただけるとの回答いただいたキーマンには、更にプッシュする。

  ・組織委員および各委員会の委員長・副委員長にお願いして、個人的繋がりのある
   方に働きかけて、1人5名以上を目標に登録をお願いする。
   その際、お願いしやすいよう雛形の文書(支部活動の紹介等を盛り込む)をつくった
   上で各委員長等へ依頼する。
   文書は中村がたたきを作成の上、組織委員で校正する。

  ・支部長・幹事長にて大学に働きかけ、メールアドレスの提供を依頼する。

  ・メールを登録いただいている方に働きかけて、クラブやゼミのキーマンを紹介いただく。
   その方に、組織委員からメールアドレス登録の依頼を行う。

                           (文責 中村 隆昭)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第2回組織委員会議事録

日時  平成17年7月12日(火)  18:30~21:10
場所  大阪支部会館

出席者 亀田 憲治(3期) 萩平支部長(10期) 神原幹事長(10期) 新居誠一郎(教28期) 岡田仁史(33期) 西本龍雄(38期) 中村隆昭(25期;記)

議題及び決議事項

1.第1回組織委員会の議論を受けて
  ・企業柑芦会、クラブOB会などを梃子にメールアドレスを収集し、まずは柑芦会大阪支部の活動を広報する。
  ・その上で、各種会合等への動員(増員)を図り、支部活動の活性化につなげると共に、会費の増収に繋げる。
  ・企業やクラブOB会へのアプローチは、キーマンの発掘を目指して組織委員ならびに知己を通じて行う。
  ・アプローチに際しては、組織委員長名での案内文を作成し、プッシュをかける。
    結果を次回委員会(8/25)に持ち寄る。

2.その他
  今回、3名の委員を新たに迎えたが、更なる組織委員会の強化に向け増強を図る。

3.次回委員会について
 H17.8.25(木) 18;30~大阪支部会館にて開催する。
 各企業、クラブOB会へのアプローチ結果を持ち寄る。
                         (文責 中村 隆昭)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第1回組織委員会議事録

日時  平成17年7月1日(金)  18:30~20:40
場所  大阪支部会館
出席者 亀田 憲治(3期) 萩平支部長(10期) 神原幹事長(10期) 中村隆昭(25期)
議題及び決議事項

1.組織委員会の活動の目的について
  組織委員会の活動=総会への動員とは考えず、広く支部活動(人生塾、経済講演会、青年講演会等)
  への動員を目指し、企業柑芦会やクラブ等人脈作りに努める。

2.組織委員会の活動の方向性について
  支部の組織的な活動(各委員会等)以外にも色々な繋がりがあるが、これらをコアとした人脈と連携し、
  また情報提供を推進する中で縦横の広がりを目指す。
 具体的には、
 ①いろいろなグループ(企業別、期別、クラブ別、仕事での繋がりなど)のコアとなる人を見つけ出し確定する。
 ②コアになるキーマンを中心にメールアドレスの収集、各種会合へのお誘いを強化する。
 ③それと並行して組織委員会がグループごとの会合開催のバックアップをする。

3.組織委員会活動の活性化について
  委員会メンバーを各世代に拡充し、より広い視野から活動の方向性を考えると共に、
  地道な活動を通じて人脈を広げ、支部組織の拡充に貢献する事とする。
  そのために、組織委員会の委員の増強を図る。

4.次回委員会について
 H17.7.12(火) 18;30~大阪支部会館にて開催する。
 拡充候補メンバーへは、参加者からそれぞれ連絡し内諾を得ることとする。
                  (文責 中村 隆昭)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第1回総務委員会・第2回組織委員会議事録

日時:11月4日(木)18:30?21:00
場所:柑芦会大阪支部会館               委員長
出席者:見立嘉三郎(大7)萩平 勲、神原克收(大10)奥山 泉、佐藤直人(大15)
    北村修一(大17)田中慎一(大22)

議題:?大阪支部規約の検討
     現規約を配布。支部規約の改定は05年7月に検討するので、それまでに
     意見を各自まとめておく。

   ?期幹事・クラブ幹事・ゼミ幹事・企業別幹事の把握と活性化について
・ メール紹介キャンペーンを再度実施する。(総務委員長名で発信し、携帯
電話も出来るだけ登録して頂く。転送用モデル文は北村さんが担当)
現在把握出来ているメールアドレスは556。(活動開始時は約200)
・ 期別、ゼミ別、クラブ別の会合の予定と結果を出来るだけ集め、柑芦会 
のホームページに掲載する。(含む写真)
・ 企業の柑芦会の集まりについては20名以上卒業生がいる企業(含む
官庁)については名簿をもとにアプローチを考える。
・ 第2次人脈MAPづくりを行う。
  MAPの充実と人脈MAPに記載されている方のEメールアドレスの
  収集を目的に実施。

    ?年会費納入会員1,200名達成方法の検討と年会費自動振替納入促進について
・ 柑芦会会員の役に立つメニューを出来るだけ増やし、払って貰える環境を
作る。人生塾やHPはその手始めになる。
・ ?で集めたアドレスや各種会合で会費納入を呼びかける。
・ まず会費納付率向上を第一優先とし、自動振替については「毎年の支払いは
面倒で、忘れることもあるでしょうから、自動振替にしませんか」という
程度のアプローチにする。

以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

メールアドレス登録運動

柑芦会大阪支部 会員各位
                                支部長  萩平 勲
                                組織委員長  奥山 泉

            「メールアドレス登録キャンペーン」へのご協力のお願い

 日頃は大阪支部の活動について種々ご理解とご支援をいただき、ありがとうございます。

 さて最近の大阪支部の活動内容をより多くの方々に知っていただき、活動のさらなる活性化に結びつけていくため、また会員相互のコミュニケーションを一層深めていくため、この度「メールアドレス登録キャンペーン」を行うことにいたしましたので、ご協力をお願いいたしたくメールをお送りさせていただきました。

 申すまでもなく、電子メールは、より多くの方々に、より早く情報提供できるばかりでなく、様々な情報の共有化のためにも極めて有効な手段でありまた支部財政逼迫の折、通信費の抑制のためにも不可欠の手段であります。

 皆様にはどうか趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願い申しあげます。

                      記

?あなたがご存じの大阪支部会員(主に、大阪府・奈良県の在住者・在勤者)宛に転送先用として添付している文書ともどもこのメールを転送ください。

?その際柑芦会大阪支部へも、どなた宛に転送いただいたかをお知らせください。

                                     以上
添付用文書
                                  2004年11月11日
柑芦会大阪支部 メールアドレス未登録会員 各位
                                  和歌山大学柑芦会 大阪支部
                                  支部長  萩平 勲
                                  組織委員長  奥山 泉

                 「メールアドレス登録のお願い」

拝啓 貴台には時下益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。
 さて大阪支部では本年7月以降、支部活動のさらなる活性化について様々な検討がなされてきています。
特に若い会員の方々から積極的なご意見が数多く提起され、新設の『人生塾』の運営や将来の柑芦会員である在学生を含む活動などに活かされてきております。
(具体的な内容については、下記ホームページをぜひ一度ご覧ください。)

 つきましては、この変化へのうねりを一人でも多くの方々にお伝えし、またできるだけ多くの方々に支部の活動内容を知っていただきたく、この度「メールアドレス登録キャンペーン」を展開することにいたしました。

 今日のIT時代にあって、様々な情報をより早くより安くより多くの方々へお届けするためにも、それらの情報を共有し、互いのコミュニケーションを深めていくためにも、電子メールの活用は極めて有効です。
是非ともこの機会に貴台のメールアドレスを柑芦会大阪支部に登録していただくようお願いいたします。

今回は貴台のアドレスをご存じの方からこのご案内を転送いただきましたが、今後はこのアドレスに大阪支部から直接ご案内をお送りすることをご了承いただきたく、お願い申しあげます。
もし了承いただけない場合には、お手数とは存じますが下記の「大阪支部」宛にその旨お知らせいただきますようお願い申しあげます。

末筆ながら、貴台の益々のご健勝とご多幸をお祈り申しあげます。
敬具

アドレス登録不承認の場合のご連絡先 : 柑芦会大阪支部osaka@kourokai.com

*********************************************************************
『会員の成長に役立ち、人生を豊かにする』
 柑芦会大阪支部(和歌山大学経済学部部同窓会)
〒540-0012 大阪市中央区谷町4丁目4-17 ロイヤルタワー大阪谷町207号
    Tel:06-6941-4986 Fax:06-6947-7925  Email:osaka@kourokai.com
ホームページURL:http://www.kourokai.com/osaka/
*********************************************************************


中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

人脈マップの充実にご協力下さい

柑芦会大阪支部 会員 各位
                   支部長    萩平 勲
                   組織委員長   奥山 泉


大阪支部では「会員の成長に役立ち、人生を豊にする」活動を心がけ、従来からの活動に加えて下記活動に注力し、会員に役立つ情報提供と会員の相互連絡の場の提供に努めています。

? 9月から、炉辺談話形式の「人生塾」を毎月5コースにわたって開催し、ご好評を得て参加者も増加の一途をたどっています。

? ホームページを一新し(http://www.kourokai.com/osaka/)、こうした日々の支部活動はもちろん個々の会員グループの会合や行事の予告・結果などをタイムリーにアップしています。

? メールアドレスを登録いただいた会員へは、Up to Dateな情報をきめ細かに発信しています。

? 8月に常任幹事さんのご協力を得て「人脈マップ」を作成したところ、60名余の人脈がつながり特に若い世代へのネットワークが拡大しました。

これらの結果を踏まえ、第二次の「つなごう、人脈マップ」活動を展開し、会員の皆様にさらに役立つ情報伝達ネットワークを構築していこうとしています。
ついては、あなたがお持ちの人脈に関し、下記項目を返信していただけないでしょうか。(何名でも結構です)

【ご返信いただきたい項目】
1.あなたのお名前と期
2.お知り合いのお名前、期、メールアドレス、ご関係(クラブ名、ゼミ名、企業名など)。
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成16年度 第1回 組織委員会 議事録

開催日時:平成16年9月2日(木)18:30?21:00
開催場所:柑芦会大阪支部会館
出 席 者:福井重夫(大6)、萩平勲(大10)、神原克収(大10)、早島則彦(大14)、   奥山泉(大15)、
オブザーバー:南利子(大33)
議  事:開催案内状記載の議題にしたがい協議もしくは決定をした。
  その概要は下記のとおり。

                   記

議題1 人脈マップの作成
議題2と併せて協議。
議題2 期・ゼミ・クラブのキィマンリストの作成
常任幹事から報告された人脈と推薦されたキィマンを神原幹事長が整理され
たリストを基に協議した。その概要は下記のとおり。
1.期別幹事の強化
 従来からの幹事とは別に新たに推薦された各方面のキィマンが40名弱に
 のぼった。
 この方々については推薦者から各期幹事への就任を要請していただき、期
 別幹事の一層の活性化をすすめることにした。(ただし各期10名を目処)  
また30期以降については再トライして更に充実を図ることにした。
2.総務委員会の充実
 キィマンの若干名に総務委員への就任を打診することにした。
3.ゼミ・クラブの人脈確認
 ゼミでは小野・角山・浅野・小田・椎木の各ゼミの、クラブではテニス・
 軟式野球・公式野球・弓道・卓球・柔道・ラグビー・ESSの各クラブの、
 それぞれの人脈が一部確認できた。
 今後、柑芦会を更に活性化するため、網羅性を高めてゼミ幹事やクラブ幹
 事を選任できるようにする手立てを下記のとおり講じることにした。
 ?各クラブのOBを含む部員名簿の提供を大学を通じて各部に要請する。
 ?柑芦会のホームページに各クラブのコーナーを設けて、現役とOBとの
  橋渡しをする。
 ?各ゼミの情報収集に努め5?10期毎に幹事を選定できるようにする。
4.《人脈マップの作成》運動の再展開
 30期以降を中心にマップの充実を図る運動を再度展開する。
議題3 その他
「会員の成長に役立ち人生を豊かにする」柑芦会の活動を、より多くの会員
に知らせ利用し参加してもらうため、以下のことを実施することにした。
1.E?mailアドレスの登録促進
現状は希望するだけの数に程遠いことから、事務局からの登録要請メ
ールを現在の登録者に送り、友人への転送を依頼する。
2.ホームページの周知とアクセス数の向上
上記のほか、同期会やゼミ・クラブのOB会の開催を呼びかけ、支部
役員や各期・ゼミ・クラブの幹事・キィマンからホームページへのア
クセスを要請する。
また、開催通知や結果報告にホームページを利用してもらう。
以上
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/