中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

年会費納入者数(グラフ)

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

今期黒字決算のご報告と御礼

                        平成17年3月31日
柑芦会大阪支部会員の皆様
                       柑芦会 大阪支部 
                       支部長 萩平  勲
                       幹事長 神原 克收
                       財務委員長 中曽健次

     今期黒字決算のご報告と御礼

平素は柑芦会大阪支部の活動にご支援とご協力を賜りましてありがとうございます。
今期は「会員の成長に役立ち、人生を豊かにする」をテーマに活動を続けてまいりました。
財務委員会からのご報告を申し上げます。

1、財務委員会の方針と今期決算見通し

「単年度黒字の達成」をテーマに、コンピュータ会計を導入し、月次決算を実施して参りました。
この結果、今期は予算どおり、会館償却費60万円を計上後、約40万円の黒字を確保することができました。
長い間続いた赤字決算との決別です。ありがとうございました。

2、黒字決算の要因と課題

①会館購入による財政的効果が生まれました。
②人生塾の活発化や経済講演会の参加者増加、リンク広告などで収入が増加しました。
③半面、大きな課題が残っています。それは、年会費の納入数が減少し続けていることです。
 この流れを変えることができませんでした。来期の課題です。

3、決算処理

①会館積立金60万円を実行しました。20年後に基金残高800万円と合わせて、2千万円の積み立てを目指します。
②平成元年に始まって昨年度までに累積した赤字800万円の処理が課題です。
 顧問、相談役との会合では会館基金から振替による累損解消を提案され、監事もこの方向を支持されております。
 この正式決定は監査を経て、常任幹事会にお諮りし、幹事会における検討、決定に待ちたいと考えます。
 結果は本ページへの掲載と支部総会でご報告します。
 明日からは新年度に入ります。
 「黒字決算の定着」と、「年会費納入数の増加」を目指して、会員の皆様方と一緒に支部活性化に取り組んで参りたいと存じます。
 よろしくご支援とご協力をお願い申し上げます。  (以上)    

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

5月度「研究わくわく人生塾」のご案内

                           平成17年3月31日
柑芦会会員各位                        
                           柑芦会大阪支部長 萩平 勲
                           人生塾実行委員長 中井健夫

         5月度「研究わくわく人生塾」のご案内
            「観光立国への取り組み」

 陽春の候、皆様には益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 17年度最初の研究わくわく人生塾は大学院2年の玉置理郁(たまきりか)様にお願いしました。
 母校では今回、高野・熊野地域が世界遺産に登録されたのを期に生き残りを掛けて、観光学部の新設を目指し、多面的な活動を展開しています。
 その一環として、5月28日には世界の観光についての先駆的研究者を招いて、「和歌山大学国際シンポジウム」が和歌山で開催されます。和歌山に観光の機運が盛り上がりつつあるようです。
 講師は第6回経済学部学生懸賞論文「観光立国における企業、行政、NPO、市民の自立とオペレーター育成の必要性~豪エコツーリズムから見る日本経済~」で審査員から好評を受けました。
 柑芦会ベンチャー支援委員会も本件を観光ビジネスモデルとして、事業化の検討を予定しております。
 観光という二文字から生まれる新しい発見にきっと皆様も感動することでしょう。                    
            記
1、日時  5月31日(火) 18:30-21:00
2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)
3、講師  玉置理郁さん (大学53期)
      昭和58年生まれ、 和歌山県かつらぎ町出身
      現在大学院経済学研究科2年
NPO和歌山ツーリズム協会事務局など歴任
      趣味:遠足、紀州手鞠作り、国際交流    
スポーツ:水泳、テニス、スキューバーダイビング
4、内容  18:30-19:30「観光立国への取り組み」の講義
日本が観光立国するメリット、関係者への恩恵、市民の役割などを通して幅広い分野でのビジネスチャンスを発見し、地球に優しい観光客やホストとしての視野を広げてみませんか
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
6、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 松田まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
                    以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

弓道部新人戦

3/27に新人戦第一戦を和大で行いました。
試合結果は以下の通りです。
先攻 ●京都教育大学 26-46 和歌山大学○ 後攻
第二戦は4/3に行われます。

投稿者データ
55期 内原昂
メールアドレス wakayama_kyudo@yahoo.co.jp
システム工学部 光メカトロニクス学科
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「和歌山大学国際シンポジウム」への参加お願い

                              柑芦会 大阪支部
                              支部長 萩平 勲
                              幹事長 神原克收
国立大学が「国立大学法人」に移行して、私立大学並みの経営効率化が求められ、わが母校でも対応に熱心に取り組んでおられます。
大学の生き残りを掛けて、和歌山大学では観光学部の新設を目指して、多面的な活動を展開しています。
その一環として、世界の観光についての先駆的研究者を招いて、「和歌山大学国際シンポジウム」が和歌山で開催されます。
初日と二日目は専門家対象の会議ですが、最終日の5月28日(土)は450名参加の大シンポジウムが予定されています。
大阪支部としては、全面的にこのシンポジウムの成功のために支援をしたいと考えています。
と、申しましても、出来ることはシンポジウムに出席することだけですが、OB会が熱心に支援をしているということは、大学を元気付け、また、学外の関係者に向けても良いイメージを与えることが出来るのではないかと思います。
多くの皆さんのご参加をお願いします。
なお、詳細は4月にご案内致しますが、取り敢えず日程のご予定をお願い致します。
                      記
日時 5月28日(土)10:00~17:30
場所 ホテルグランヴィア和歌山(JR和歌山駅前)
参加費
 シンポジウム   無  料
 レセプション   10,000円

参加希望者は柑芦会松田までご連絡下さい。osaka@kourokai.com
お名前            (    期)
                                                      以上

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

人生塾特別講演 

2005年3月15日(火)18時30分から21時
「街づくりの政治経済学・最前線レポート」
講師: 和歌山大学経済学部長 山田良治教授(専門分野/土地・住宅政策)
1951年大阪市出身 京都大学卒 同 大学院博士課程中退 経済学博士 農学博士
地域活動: 京都府「ふるさと京都塾」企画専門委員会委員など
主な所属学会: 日本流通学会、都市住宅学会、日本農業経済学会など
参加 40名

山田経済学部長が3月末をもちまして、学部長としての任期がまいりますのを機に、記念の意味をこめて特別講演をいただきました。
先生は1995年にケンブリッジ大学にいて、ニュースで阪神淡路大震災の惨状を見られ、帰国の飛行機から日本は歯並びの悪い都市という実感をあらたにされたそうです。
冒頭、文化住宅(長屋)とマンションのよく見慣れた大阪の街並みの写真をあまり違和感もなく見ていたところに、外観も色も庭の芝生も道路も調和した英国ポートサンライトの長屋の写真に会場は溜息。
どうして?の疑問に山田先生が明快に解説をしてくれました。
イギリスではプランニング(都市計画)がしっかりしており建物の外装やデザインは公共の空間という認識で制約がある上に、ストラテジック・ビュー(戦略的眺望)としてセントポール大聖堂と国会議事堂は主な丘陵から必ず見えるようにしているそうです。
日本では京都の景観を壊す開発行為に外国人が先頭に立って反対するという事態もありましたが、日本の建築関係者もようやく今までの景観破壊の反省をしてきた感があるようです。
日本では高層ビルの建設を促すための容積率や日影などの建築規制緩和の流れと景観重視の流れという議論の対立がある中、平成16年12月より景観3法が実施されました。
住みやすさで世界に誇れる国づくりの考えの下、住宅基本法(居住法)の制定が進んでいますが、1200兆の国民貯蓄、住宅の耐用年数(日本25年、英国75年)、低所得者(ホームレス等)の住宅問題など相俟って議論が白熱しています。
 住宅という財の特質をどう理解すべきかというテーマには、市場主義理論VS山田理論を展開され、市場原理に任せても生活者にとって一生住みたい空間には誘導されないと断言。
土地や空間は本来売る為にあるのでは無かったが、そこに売り手の利用独占と所有独占という二重の独占が生じる。住宅は私的財と公共財の両者の性格を持った複合財である。
この「二重独占」論と「複合財」論で構成された山田理論はイギリス、日本の住宅議論に一石を投じている。
「ニュースステーション」においても、あの人気キャスター久米宏を相手に山田理論を展開されました。
 土地・住宅市場化の歴史を見るとイギリスは19世紀の民間賃貸時代から20世紀の公的介入(公共住宅+持家化)時代の間に、2度に亘るアフォーダビリティー(負担能力)危機を経験し、いわゆる市場の失敗から学び都市計画制度を確立した。
 日本はイギリスに約150年遅れて、第2次世界大戦後、質より量での都市化社会となり都市型社会へと急進していった。日本ではその間の建設戸数主義の弊害が未だに尾を引いている。
 街並み、空間としての街のあり方について、日本の21世紀前半は今まで粗製濫造してきた貧困な街並みを、かなりのエネルギーをかけて修復して行く事が大切だと強調されました。
 こうした諸問題に対する対策を研究すべく、高齢化、少子化の時代に向け、学部内に居住空間政策講座をつくり議論を交わしているとのことです。
 住まいの産業ルネッサンス塾で景観派として講師を務められるなど、これから中央でもご活躍される機会が増えるとは思いますが、住宅基本法の成立後には是非また人生塾で講演頂けれることを楽しみに
しております。
 会場では質問が途切れることなく、和気あいあいとした中で学生時代に戻ったようなひと時を送らせて頂きました。本当にありがとうございました。
土地・持家コンプレックス―日本とイギリスの住宅問題
著書:『土地・持家コンプレックス―日本とイギリスの住宅問題』 日本経済評論社 他
編著書:『住宅問題と市場・政策』日本経済評論社 他

                         報告者:渡邊 豊                                     文責 渡邊 豊


中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

4月度「経営者人生塾」のご案内

柑芦会会員各位                       平成17年3月16日
                           柑芦会大阪支部長 萩平 勲
                           人生塾実行委員長 中井健夫
4月度「経営者人生塾」のご案内
「賃貸住宅経営で税金対策」
春暖の候、皆様には益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、新年度から「専門家人生塾」と「起業家人生塾」が統合され、「経営者人生塾」として、新しく発足することになりました。
その第1号として、平成15年に「かけや会計事務所」を開業、エネルギッシュにビジネスを展開されている若手のホープ、41期の掛谷さんに講師をお願いしました。
掛谷さんは現在、「中小企業が元気になり、大阪の復活!」を目指して、某人材派遣会社と提携、創業者の発掘に力を注いでいらっしゃいます。
          記
1、 日時 4月27日(水) 18:30-21:00
2、 場所 柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
     地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町
     207号(玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、講師 掛谷太郎さん(41期)
     昭和44年生まれ 大阪府出身
     平成5年 経済学科卒業後、会計事務所に勤務。平成14年税理士の資格取得
     平成15年9月独立、「かけや会計事務所」設立、今日に至る。
     趣味:スキー 
3、 内容 18:30-19:30「賃貸住宅経営で税金対策」
      大切な財産を守り、増やしていく為に、賃貸住宅経営は一つの有効な投資方法。
      この賃貸住宅経営にまつわる税金と節税対策が講義のポイント。
       不動産を購入しようとされている方(または既に購入した方)、相続で入手された不動産を有効活用されたい方、若い方でも将来にそなえ、不動産投資を勉強しようと考えている方、これを機に参加してみませんか?!
     19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
5、会費 1,500円(お弁当、ドリンク付)
6、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986、FAX06-6947-7925 松田まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、      申し込んでください。
  参加氏名 :              (    期)        以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

4月度「サラリーマン人生塾」のご案内

柑芦会会員各位                       平成17年3月16日
                           柑芦会大阪支部長 萩平 勲
                           人生塾実行委員長 中井健夫
4月度「サラリーマン人生塾」のご案内
「これからの真のグローバル社会への心構え」
春暖の候、皆様には益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
新年度人生塾のトップは海外経験の豊富な多田さんに登場いただきます。
今、避けては通れないグローバル化社会にどう対処すべきか?その心構えを長年の欧米駐在をはじめ豊富な海外ビジネスの経験をベースに熱く語っていただきます。
海外の人達と一緒に仕事をするときの心構え、日本人として、一市民として、グローバル・スタンダードとは?などサラリーマンの方をはじめ、広く役に立つ内容が盛り沢山です。
          記
1、日時  4月22日(金) 18:30-21:00
2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町
      207号(玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、講師  多田昌之さん (12期)
      昭和15年年生まれ、 徳島県出身
      昭和39年松下電工入社、平成12年同社退職
      その間、アメリカ2年、ドイツ7年の駐在をはじめ、電気カミソリなどの家電製品の輸出業務に長年、携わって来られました。
      趣味:山歩き、映画鑑賞
4、内容  18:30-19:30「これからの真のグローバル社会への心構え」の講義
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
6、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986、FAX06-6947-7925 松田まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  参加氏名 :              (    期)
                                  以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

十紀会(大学10期):賑やかに!

3月12日:経済講演会終了後、恒例の「十紀会」が「スターアイル:大阪産業創造館」にて、32名の多数の皆さんが参加され、旧交を温めました。
久しぶりに参加されたのは、金岡四郎、武田達雄両君、遠方からは、東海:橋本一男君、徳島:松浦孝治君でした。
                                                        (文責 松本 健)
写真はこちら→十紀会写真
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第16回「柑芦経済講演会」盛会のうちに終了

第16回「柑芦経済講演会」が3月12日(土)午後、大阪産業創造館にて「日本経済の現状の不透明感の先にあるものは何か」というテーマで開催され、このテーマが会員の高い関心を呼び140名もの多数の参加を得ることができました。

萩平大阪支部長の挨拶の後、コーディネーター役の船瀬商業革新研究所代表・船瀬裕文氏(大学20回)の司会進行で、松下興産㈱取締役社長・土井亨氏(大学10回)、㈱大和証券グループ本社取締役会長・原良也氏(大学15回)、甲南大学経営学部教授・中田善啓氏(大学19回)の3氏が講演され、その後ディスカッションが行われました。

土井氏は首都圏のデータ分析を基にした社会のトレンドから、新しいライフスタイルを中心に都心のマンションの方向性を具体的な取組事例を交えながら紹介され、将来の明るい展望をお話されました。

原氏は株価推移・貿易・企業収益など具体的なトレンドデータを基にした日本経済の分析から、本年のキーワードを「攻めの経営」とし、ここ3~5年は明るいという楽観論を展開されました。

中田氏は情報化社会の進展によるインパクトから市場の変化とその中での企業のあり方に言及し、さらに日本経済をマクロ的には悲観的な見通しととらえ、いかに再生に向けて考えるかをお話されました。

3氏の講演後のディスカッションでは、最近話題のM&Aや日本経済の見通しなど活発な質疑応答がおこなわれ、時間が足りないほど熱心に
議論されましたが、午後5時参加者全員の講師への感謝の拍手で成功裡に閉会しました。
写真はこちら→経済講演会写真
                                             (文責橋本政喜)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成17年度前期 人生塾予定表

こちらでご確認下さい。↓
http://kourokai.com/osaka/jinnseijuku/h17zenki.htm
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

親睦ゴルフ大会のお知らせ

「第14回柑芦会大阪支部 親睦ゴルフ大会」を下記の通り開催しますので、
皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さいます様お願い申し上げます。
なお 今年度より、春秋2回の大会にする予定です。

                  柑芦会大阪支部 ゴルフ実行委員長 平井 穰

 開催日 5月13日(金) 8:20 集合(8:56スタート)
場所 神戸ロイヤルパインズゴルフ倶楽部
神戸市北区長尾町上津4618 TEL 078-986-5151
中国自動車道 神戸三田ICを出て3分
プレーフィ@10,650.(柑芦会特別料金・税込・昼食代別)
会費 @3,000.(賞品代・パーティ代)
その他  メタルスパイクシューズ使用禁止
乗用カートによるセルフプレー
18ホールズストロークプレー(ダブルペリア方式)
   申込期限 4月15日(金)
案内状 3月12日(土)経済講演会にて手渡しします。
講演会不参加の方には、往復葉書を発送します。
(過去5年の参加実績により出状しますので、その他の希望者は連絡のこと)
                                   以上
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/