中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

7月度「研究わくわく人生塾」

2005年7月26日(火)18時30分から21時

循環型社会への道「防災コミュニティ」から「環境コミュニティ」へ

講師: 和歌山大学経済学部 中村太和教授(市場環境学科:公益事業論)
1946年北海道釧路市出身 北海道大学卒 同大学院経済学研究科卒
地域活動: 和歌山県地域・自治体問題研究所理事長など
趣味:木彫り スポーツ:自転車によるツーリング
参加者15名

市民出資という動きがこれから面白いと、既に風力発電で一口10万円の出資で町民への配当3.5%を実現している
青森県鰺ヶ沢町の事例と講師の出資証明書を紹介してくれました。その出資配当金を世界遺産白神山地の保全に活用して
もらっているという話を伺い皆感動し、話に引き込まれてしまった。
公益事業論を展開して、イギリスのサッチャー政権と日本の政治比較を研究、規制緩和や民営化の重要性を確信され、
第三の道を模索している講師の、ただ今の関心は自然エネルギーでありそれが循環型社会への道につながると力説。
地域の防災プロジェクトと関わる中で、災害に強いコミュニティとは循環型社会に移る事であると結論付けられた。
循環型社会(サスティナブル・コミュニティ)とは地域の資源を掘り起こし、地域の中で回して使って、そこから出る
ゴミも消化するゼロエミッションの実現にある。

南極大陸の氷棚であるロンとロスが溶け出すという、温暖化に代表される地球環境問題深刻化の中、実は環境や循環型社会
の先駆者と思われているドイツは、日本の江戸時代のシステムを見習っているし、太陽光発電でも日本を追い抜こうとしている。
正に今、日本は先人の知恵と工夫に学ぶ時が来ているのではないかと提起された。
振り返って、地域での資源の問題に21世紀はバイオマス(生物資源)の活用が断然面白いとのこと。
バイオマスはエネルギーとしての活用の他に素材としての活用が可能だそうだ。

「休耕田や放置山林は巨大油田だ!日本いや和歌山は実は資源大国なんだ」の言葉にハッとすると共に自信を持ちました。
文部科学省の予算化による和歌山大学地域貢献特別支援事業の一環として、菜の花エコプロジェクトや切り株活用による
室内インテリア性を備えた非常用備蓄燃料、廃天ぷら油の精製によるバイオディーゼル燃料化などの取り組み事例を紹介していただき、今まで何も知らなかった事を大いに反省させられました。
日本ではイメージの悪い黒煙のディーゼルだが、欧州でのバイオディーゼルは本当に素晴らしいものらしい。
菜の花プロジェクトでは種を蒔き、菜の花のお花見を楽しんでから、油を搾り、かすは肥料に使い、おいしい菜種油で天ぷらを食べ、
その廃油を燃料にしてトラクターを動かし、また菜の花を育てるという好循環が確立され、
地域の世代間交流の新しい取り組みとしても注目されている。
NPOが作った絵本「あぶらくんのながい旅」では子供達にも分かり易く表現されている。

和歌山大学の具体的な取り組み事例による地域資源活用として、木くずによるペレット燃料、チップによる透水性舗道用レンガ、
桧製サインオブジェ、七宝焼きより美しい立木染ペンダントなどが紹介されました。トウモロコシ繊維による柔らかい肌着、
竹の繊維から風力で織った抗菌タオル、生分解吸水性プラスチック粉による土嚢、杉の樹皮からの和紙、木のカバン、などなど
実物を手に取り見ることができ、またまた感激しました。

現在和歌山大学では防災研究教育プロジェクトとして、30名の先生方が三重大学とも連携して防災システムに関する紀伊半島モデル
を確立しようとしています。その評価として熊野川町で廃校舎の体育館を仮想避難所として利用したライフライン切断想定避難生活
の実験をこの8月上旬に実施する。この実験プロジェクトでは切り株のコンロや、非常食、トイレ、効率的な人力発電、
プライバシー確保の間仕切りシステムなど特許申請品も含めたサマーバージョンの自給システムで臨むらしい。
引き続き、ウインターバージョンや高齢者バージョンも評価して行くとのことです。

和歌山大学としては、今後、田辺サテライトと岸和田サテライトを活用して、農山村モデルと都市型モデルの両面で災害に強い
コミュニティのシステム化を、大阪支部会員の力を借りながら実現して行きたいと、講師からの熱いメッセージがありました。
そして、最後に萩平支部長から防災支援委員会の立ち上げの提案があり、参加者の皆様には快く賛成して頂いたので、
今後支部での正式承認後、具体的な活動が期待されます。
貴重な和歌山の地域資源による商品を紹介頂きながらの事例を含めた大変面白い講演に参加者全員感動し、
質問も活発に出されておりました。
今後は、中村教授の取り組まれているシステムを数多くの会員に周知すると共に、ビジネス的にも成果が出る仕組み作りに役立つ
ことができればと思いました。台風の中、本当にありがとうございました。

著書:『検証規制緩和』日本経済評論社  『自然エネルギー戦略』自治体研究社 他 
検証・規制緩和
検証・規制緩和
自然エネルギー戦略―“エネルギー自給圏”の形成と市民自治
自然エネルギー戦略―“エネルギー自給圏”の形成と市民自治

報告者:塾長 渡邊 豊(33期)
防災・循環型社会研究支援実行委員会の委員募集
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

8月度「サラリーマン人生塾」のご案内

柑芦会会員各位                       平成17年7月吉日
                           柑芦会大阪支部長 萩平 勲
                           人生塾実行委員長 中井健夫
8月度「サラリーマン人生塾」のご案内
    「トヨタデイーラー30年間勤務の後、58歳で創業!」
~健康でイキイキと100歳まで現役!~
暑さ厳しきこのごろ、皆様には益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
今回のサラリーマン人生塾は8期、小原勇さんに講師をお願いしております。
氏は58歳で独立、創業!67歳の今も現役としてのビジネスと第2の人生活動を両立、イキイキと毎日を送っていらっしゃいます。
そのバイタリテイーの源にふれ、この暑さをふっ飛ばし、これからの人生をさらに、有意義なものにしませんか!
皆さんの積極的な参加をお待ちしております。
               記
1、日時  8月26日(金) 18:30-21:00
2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町
      207号(玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、講師  小原勇氏(8期)
      昭和35年:和歌山大学経済学部卒業、4年間寮生活、柔道部にて活躍。
      昭和35年~平成2年:トヨタオート大阪(株)にて労組委員長、サービス部長、取締役営業部長、同人事部長等
      を歴任、52歳で退任
      平成2年~8年:寝屋川市の不動産・住宅会社に6年間勤務
      平成8年~:(有)ファイナンシャルプランナー小原を設立、現在に至る
4、講義の概要―100歳までイキイキの健康管理、ビジネスのハウツーなど 
      (1)創業の意義・・専門知識、経験、体力を生かし、社会貢献ができ、
         第2の人生を楽しむための資金確保もできる。       
      (2)第2の人生を楽しむ・・PHPほんとうの時代活動、山歩き、国内外の
         旅行など奥様との充実の日々・・・
4、進め方 18:30-19:30 講義
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
6、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986、FAX06-6947-7925 松田まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、      
  参加氏名 :              (    期) 



中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

7月度イキイキ人生塾

平成17年7月13日水曜日午後6時30分~9時00分
「宇宙を楽しむ」-1アマチュアの目から見た60年間の天文学の発展と最前線-
参加者 17名 
講師:井垣隆夫(5期)
プロフィール:兵庫県立竜野高校卒、和歌山大学経済学部昭和32年卒・5期生
 平成10年武田薬品退職  
趣味:天文、花の写真、陶芸

コツコツとお小遣いを貯めて、昭和24年にレンズを買い、ボール紙の筒の手作りの望遠鏡で、
初めて月を見た時の感動が忘れられないという話から、ロマン溢れるスライドでの宇宙旅行がスタートしました。

就職して2年後の昭和34年に、永遠の謎であった月の裏側の写真映像が、ソ連の月探査機によって
撮影されたのを夕刊で見て、人間はこんなことまでやれるのかと驚いたこと、昭和44年にはアメリカ
のアームストロング船長の月への第一歩を、勤務していた工場のテレビで食い入るように見て、船長が
「これは人類のジャイアント・リープ(大いなる飛躍)だ」といった言葉が頭に焼き付いているそうです。
火星には運河があるというローウェルの緻密な火星地図と説が、昭和40年代、アメリカのヴァイキングなどの
火星探査機により完全に否定され、われわれもよく見たことがあるH.Gウェルスのタコのような火星人の存在
も否定されたのには、少しがっかりのようでした。
平成6年には大彗星が木星に衝突。平成8年、9年には世紀の大彗星(百武彗星、ヘールボップ彗星)が現れ、
記憶に新しい平成13年にはしし座大流星群が日本上空で見えた。
講師が撮影された彗星や流星のスライドが本当にきれいでした。

宇宙は、英語ではコスモスとかユニバースともいわれますが、漢の時代の「淮南子(エナンジ)」では、
「宇をすべての空間、宙をすべての時間」と定義しており、これは現代の天文学にも通じるそうです。

講師は、大阪を皮切りに札幌市、山口県光市など6ヶ所での転勤生活があり、その土地で天文観測をひとりで
楽しんできたそうです。昭和58年ころ生産管理の重責で体調を崩し病院に入院した時には、星の事を考える
ことで回復につながったといいます。

カニ星雲の4種類のカラフルなスライドを解説いただきながら、20世紀前半までの天体観測は、主として
人間の目で見られる可視光線の範囲であったが、科学の進歩によりX線、ガンマ線、赤外線、電波などによる
観測が可能になり、観測の巾が一気に広がったと教えてくれた。
日本の天文台の望遠鏡は、講師が天文を始めたころは最大65cmで、ほとんどが外国製であったが、
最近では日本のハイテク技術を駆使して作った直径8m30cmの「すばる望遠鏡」が、ハワイのマウナケア山頂
(標高4200m)で活躍している。X線天文学の分野では、日本が世界の最先端を走っているそうで、
最近新たなⅩ線観測衛星「すざく」が打ち上げられた。

井垣講師は最初にお小遣いの35円で天文の雑誌を買い始めてから、雑誌「天文と気象」「天文年鑑」を、
今まで毎月・毎年欠かさず愛読しているとのことで、最近までアメリカの天文雑誌「スカイ・アンド・テレスコープ」
も読まれていたそうです。

生命という視点で宇宙を見ると、火星にはおそらく相当量の水が地下にあるらしいこと、土星の衛星タイタンのメタンの海
や木星の衛星エウロパの水の海が、原始の地球に似ていることなど、ワクワクしてより興味が目覚めるらしい。
何と地球と同じような惑星系を持つ星は、わが銀河系に1万から10万くらいあると予想している天文学者もいるそうだ。
肉眼で見られる星は6等星までで、6000個くらいあるという。
超新星という太陽の何倍もの大きな星の爆発ででるニュートリノの話や、ボイジャーに載せた宇宙人への地球からの
メッセージなどなど楽しい話が続きました。

地球と太陽の距離を1天文単位というが、光で8分かかる。それが惑星以外の一番近い星までは4.3光年、
宇宙は137億光年の広がりをもつという。また、われわれが属している銀河には約2000億個の星があり、
そのような銀河が宇宙には何千億もあるという。スケールが大き過ぎる。

皆さんからは、ビックバンで突然無から有が生まれたの?太陽と地球のどちらが先に無くなるのか?
ブラックホールをもっと詳しく?地球と同じ星はあるの?何光年という算出根拠は?望遠鏡では星の昔を今見ているの?
など盛んに質問が出されました。

今では、外に出て星を観測するよりインターネットで情報を得ることが多くなったということですが、
宇宙を観測している講師の思いは、地球儀でいえば新聞紙ほどの厚さの大気の中で生きている動植物やわれわれ人間との
環境共生の重要さにあると感じました。

参加者全員宇宙に関するテレビ放送がより楽しみになったと大好評です。
井垣先輩の60年に亘る宇宙の観測に敬意を表するとともに、ロマン溢れる沢山の星の写真と楽しいお話有り難うございました。
 文責 渡邊 豊
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第2回組織委員会議事録

日時  平成17年7月12日(火)  18:30~21:10
場所  大阪支部会館

出席者 亀田 憲治(3期) 萩平支部長(10期) 神原幹事長(10期) 新居誠一郎(教28期) 岡田仁史(33期) 西本龍雄(38期) 中村隆昭(25期;記)

議題及び決議事項

1.第1回組織委員会の議論を受けて
  ・企業柑芦会、クラブOB会などを梃子にメールアドレスを収集し、まずは柑芦会大阪支部の活動を広報する。
  ・その上で、各種会合等への動員(増員)を図り、支部活動の活性化につなげると共に、会費の増収に繋げる。
  ・企業やクラブOB会へのアプローチは、キーマンの発掘を目指して組織委員ならびに知己を通じて行う。
  ・アプローチに際しては、組織委員長名での案内文を作成し、プッシュをかける。
    結果を次回委員会(8/25)に持ち寄る。

2.その他
  今回、3名の委員を新たに迎えたが、更なる組織委員会の強化に向け増強を図る。

3.次回委員会について
 H17.8.25(木) 18;30~大阪支部会館にて開催する。
 各企業、クラブOB会へのアプローチ結果を持ち寄る。
                         (文責 中村 隆昭)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

プロ野球観戦のご案内

          平成17年7月14日  
会員各位
          柑芦会大阪支部   
          支部長 萩平 勲   
          幹事長 神原 克收 

プロ野球観戦のご案内

今年のプロ野球はセリーグは阪神が優勝に向けて驀進しています。一方、パリーグはソフトバンク・ロッテのプレーオフ進出が決まり、残る興味はパの3位争いに絞られてきました。

共にプレーオフ進出を賭けてしのぎを削るオリックス対日本ハム戦を夕涼みを兼ねて涼しい大阪ドームで観戦しませんか。併せて女性陣に絶大な人気の新庄選手を生で見ることが出来ますよ。

柑芦会員は勿論のこと、家族・知人友人お誘い合わせのうえご参加下さい。

1.試合  オリックスバファローズvs 北海道日本ハムファイターズ
2.日時  8月21日(日) 18:15試合開始
3.場所  大阪ドーム

4.集合時間 午後5時30分
5.集合場所 Pa・dou前の広場(びっくりドンキーの前の広場)

      地下鉄鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」下車すぐ
      JR環状線「大正」下車7分

     先に入場される方は6号門から入って下さい。(三塁側です)

6.チケット  内野自由席(当日券2000円、前売り券1800円) 
      各自お求め下さい。(前売り券はコンビニやチケットピア等で販売中)

7.弁当・飲み物  各自負担

(ご参考)
大阪ドームの舞台裏に興味のある方は「ドームツア」にご参加をお勧めします。

料金は1000円、スタートは3時、予約は要りませんが、行かれる方は必ず事前に集合場所などを電話にてご確認下さい。 06-6586-0106

(お願い)
参加される方は柑芦会松田までご連絡下さい。
メール osaka@kourokai.com
TEL 06-6941-4986
FAX 06-6947-7925
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

8月度「経営者人生塾」のご案内

柑芦会会員各位                       平成17年7月吉日
                           柑芦会大阪支部長 萩平 勲
                           人生塾実行委員長 中井健夫
8月度「経営者人生塾」のご案内
    「サラリーマン人生から経営コンサルタントへの転換」
蝉の声も聞かれるこのごろ、皆様には益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
今回の経営者人生塾は、独立を考えている方にはぴったりの内容となっております。
講師、船瀬裕文氏(20期)は(株)ダイエーで経営企画、出店戦略など企画戦略部門を経験、その後、店舗企画の会社に6年間勤務の後、50歳で経営コンサルタントの会社を立ち上げられました。ベンチャー企業の支援、経営再建(中小企業基盤整備)、講演会と多忙な毎日を送っていらっしゃいます。
独立までの経緯と成功要因(経験を生かした専門分野の強み、大学OBの支援など)について、その実体験に基ずいた話を間近で聞くことができるものと思います。
あなたも、この機会を創業の出発点とされては如何でしょうか!
皆さんの積極的参加をお待ちしております。
               記
1、日時  8月5日(金) 18:30-21:00
2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町
      207号(玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、講師  船瀬裕文氏(20期)
  昭和47年 和歌山大学経済学部卒業(在学中は空手部、2段)  
 (株)ダイエーにて本社経営企画、出店戦略、バイヤー、店舗部門等、21年間勤務
  店舗企画の会社で6年間勤務
  平成12年、50歳で独立、現在の経営コンサルタントの会社を創業
  趣味は「仕事がすべて」?他に犬の散歩、ガーデニング等
4、内容  18:30-19:30 講義
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
6、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986、FAX06-6947-7925 松田まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  参加氏名 :              (    期) 
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

日本学術会議和歌山シンポジウム:盛大に開催されました!

7月11日(月)日本学術会議第3部和歌山シンポジウム「21世紀における地域再生の戦略」が、会場(ダイワロイネットホテル和歌山)を満席とする約400名の参加を得て盛況裡に終了しました。
13時に、西澤修(第3部会長)、大桑堉嗣(和歌山経済同友会代表幹事)、小田章(和歌山大学長)各氏の開会挨拶に始まり、戒能通厚(日本学術会議副会長)氏の基調講演、木村良樹和歌山県知事の「和歌山からの地域再生」を含め、他3氏の基調報告と続きました。
更に、シンポジウムは、パネリストに高嶋洋子(和歌山県企画部長)、山田良治(和大教授)各氏を加え、6氏の活発な議論と会場の参加者からの質疑が17時まで交わされました。
日本学術会議シンポは和歌山での開催は初めてとのことで、和歌山大学(共催)の積極的な活動により、柑芦会会員を中心に和大OBの参加が80名余と多数にのぼり、和大当局の熱意とテーマへの関心の深さを感じました。(文責 松本 健)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

大阪支部総会

日時:平成17年11月8日(火)17:00~20:30
場所:新阪急ホテル
内容
  講演 山田良治先生(和歌山大学教授・前経済学部長)
  総会・懇親会
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「キャンパスベンチャーグランプリ」説明会を大学で開催

平成17年7月5日、和歌山大学で、3学部の学生200人を集めて、「第7回 キャンパスベンチャーグランプリ」説明会を開催しました。
「キャンパスベンチャーグランプリ」は学生のベンチャービジネスのアイデア、事業プランを募集し、審査・表彰するものです。

(1)募集要項について  主催者・日刊工業新聞社大阪支社事業出版部

                      主査 辻 總一郎 氏

(2)ビジネスプランのまとめ方  審査委員・ビジネスインテグレート㈱

                     代表取締役  萩平 勲  (柑芦会大阪支部長)

(3)学生ベンチャー、ベンチャー企業支援について

               柑芦会大阪支部ベンチャー支援実行委員長  浦嶋 廣安                                               多くのプランが提案されることを期待したいと思います。

                          (文責:萩平 勲) 

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第1回組織委員会議事録

日時  平成17年7月1日(金)  18:30~20:40
場所  大阪支部会館
出席者 亀田 憲治(3期) 萩平支部長(10期) 神原幹事長(10期) 中村隆昭(25期)
議題及び決議事項

1.組織委員会の活動の目的について
  組織委員会の活動=総会への動員とは考えず、広く支部活動(人生塾、経済講演会、青年講演会等)
  への動員を目指し、企業柑芦会やクラブ等人脈作りに努める。

2.組織委員会の活動の方向性について
  支部の組織的な活動(各委員会等)以外にも色々な繋がりがあるが、これらをコアとした人脈と連携し、
  また情報提供を推進する中で縦横の広がりを目指す。
 具体的には、
 ①いろいろなグループ(企業別、期別、クラブ別、仕事での繋がりなど)のコアとなる人を見つけ出し確定する。
 ②コアになるキーマンを中心にメールアドレスの収集、各種会合へのお誘いを強化する。
 ③それと並行して組織委員会がグループごとの会合開催のバックアップをする。

3.組織委員会活動の活性化について
  委員会メンバーを各世代に拡充し、より広い視野から活動の方向性を考えると共に、
  地道な活動を通じて人脈を広げ、支部組織の拡充に貢献する事とする。
  そのために、組織委員会の委員の増強を図る。

4.次回委員会について
 H17.7.12(火) 18;30~大阪支部会館にて開催する。
 拡充候補メンバーへは、参加者からそれぞれ連絡し内諾を得ることとする。
                  (文責 中村 隆昭)
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/