中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

和歌山大学プレ・サテライト事業-岸和田にサテライトキャンパス誕生!!

平成17年12月17日土曜日午後2時00分~4時30分

和歌山大学プレ・サテライト事業-岸和田にサテライトキャンパス誕生!!
                    記念シンポジウムが大成功

来年4月、岸和田市の浪切ホールに和歌山大学が「岸和田サテライト大学院」を開設します。大学●まち●未来
-大学がまちにやってくる-と題した講演とシンポジュウム、交流レセプションが岸和田市「浪切ホール」で開催さ
れました。会場には岸和田市の関係者や岸和田市民が年齢層広く参加され熱心に聴講されていました。

オープニングには、明日結婚されるという中国を代表する二胡演奏家レイ・ウオンさんと和歌山大学教育学部出身の
ピアノ弾き語りの宝子(たからこ)さんによる「ぼくらの和大キャンパス」「きよしこの夜・サイレントナイト」
「見上げてごらん夜の星を」で心を洗われ、サイマと言う中国古来の馬の駆ける様子の二胡の演奏曲で元気をいただ
きました。お二人ご結婚おめでとうございます。
(プレ演奏の写真)


小田和歌山大学学長の挨拶では、岸和田市から和歌山大学に学ばれる学生の数も多く、岸和田市からの提案を受け、
大学側も市民の目線で学び、法人化後の事業展開を考えている。和歌山大学を活用しての新しい岸和田市を作るため
に大学と岸和田市が双方を信頼して事業を伸ばして行きたい旨が語られました。
(小田学長挨拶写真)


野口聖岸和田市長からは、大阪南部地域の戦略拠点としての和歌山大学によるサテライト大学院が浪切ホールでオー
プンする喜びとともに、岸和田市の創造的まちづくりについて市民が語り合う場にして欲しいとの期待が寄せられま
した。
(岸和田市長)

記念講演では、読売テレビの報道局次長辛坊治郎さんから、マスコミ情報の裏話など笑いを交えた絶妙なトークが披
露されました。情報が増えれば増えるほど真実を見抜くことが難しくなるので、その情報を正しく判断する為の知恵
を大学が授けてくれると強調。
マスコミ報道などでは政府の情報の真偽、スポンサーの影響力や圧力があるかどうか、新聞などで記事か広告かわか
りにくい情報など、その情報の意図をいかに見抜くかが教育の大切さだといわれていました。
(辛坊講師)


岸和田市文化財団理事の木津川計さんからは都市格と大学格についての条件が語られ、それぞれ「文化のストックと
知的インフラ」「景観と大学イメージの文化性」「発信する情報の豊富さ」の3つのポイントについてその重要性を
具体例をもとに話されました。あわせて入学者の減少の中、生涯学習の需要は増大しており、人口20万人の岸和田
市に目を付けた和歌山大学の先見性を賞賛するとともにその責任の重要さを強調されていた。これからは、岸和田市
に、より文化的な市民が誕生してくるとともに、現在国立大学法人と私立大学では文部科学省の予算割り当てが圧倒
的に国立有利のため、私大は生き残りのために必死であり、教える側にも社会的貢献を意識したより一層の努力が必
要だと叱咤激励されていました。
(木津川講師)


関西経済同友会幹事の帯野久美子さんは岸和田出身で先日もNHK番組でこれからの大阪について語られてましたが
市民が自分のテーマを持ち込んで大学に授業を受けに行くことが大切だと力説し、大学にはもっと実社会の事を教え
て欲しいと注文されていた。
岸和田から5000円で出荷した生地がミラノで染色され難波高島屋で75万円のコートとして売られていることを
引き合いに、岸和田市でのソフトの充実と多様なプロデューサが現れることを期待していました。


交流レセプションでは、民の謡(たみのうた)代表の森田玲様による「だんじり篠笛と和太鼓共演」も披露され、大
変に盛り上がりました。乗杉経済学部長もご挨拶されました。準備をされてきた大学関係者の皆様、お疲れ様でした。
(交流会演奏写真)


(経済学部長の挨拶)


岸和田サテライト大学院への出願要項は来年の2月中旬に発表されますが、来年の開設科目として、教育学研究科、
経済学研究科があり、実社会にすぐにでも応用が可能な内容を事例を踏まえながら講義してくれるようです。
当初の募集人員は各講座とも20名弱のようですが、興味のある方は、和歌山大学研究・社会連携推進室
(073-457-7021)までお問い合せしてみては如何でしょうか?

 報告 33期 渡辺 豊
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

1月度イキイキ人生塾のご案内

柑芦会会員各位                           平成17年12月吉日
                                       柑芦会大阪支部長 萩平 勲
                                          人生塾実行委員長 中井健夫



1月度イキイキ人生塾「オジンのヨーロッパ節約旅行」のご案内

希望に満ちた新春を迎えるにあたり、イキイキ人生そのものを歩んでおられるトッテオキの講師、
8期の大道治典氏をお迎えします。氏は13歳~17歳まで五島列島で漁師をした後、18歳で
星林高校に入学、25歳で和歌山大学を卒業。以降、証券会社、農業、不動産、損保代理店、
柑芦会大阪支部幹事長を経て、現在70歳。59歳から海外旅行を始められました。

氏の稀有な経歴とバイタリテイーあふれる人柄をベースに、同期の犬飼氏とのリュックに鍋釜を入れての
野次喜多道中記(?)の話は興味尽きないことでしょう。

「青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。~途中略~

頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、80歳であろうと人は青春にして已む」(サムエル・ウルマン青春より)
さあ、会員の皆さん!今年も新しい年の門出を希望に満ちて、力強く踏み出しましょう!


          (記)
1、日時  1月26日(木) 18:30-21:00
2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
       地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町
       207号(玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、講師  大道治典(大学8期)
       和歌山市和歌浦に生まれる。13~17歳まで五島列島で漁師をした後、
       18歳で星林高校に入学し、25歳で和歌山大学を卒業。証券会社、農業、不動産、
       損保代理店、柑芦会大阪支部幹事長をへて現在70歳。

       59歳から海外旅行(年2回のペースで1回当たり3週間、長い時は2ヶ月くらい)
       ヨーロッパを中心に世界各国を旅行。今年は9~10月にかけてスペイン、ポルトガルを旅行
   

4、議題と内容  「オジンのヨーロッパ節約旅行」

     何時も大きなリュックに鍋釜とお米(1~1.5升)、ポン酢などを入れての楽しい節約旅行。
      クロアチア・ポーランドのボインで美人の話、行き先々での居酒屋の話、プロの目から見た
      ヨーロッパの魚の味、その他失敗談(?)の数々。楽しい話は尽きることがないのでは・・・?  

5、進め方 18:30-19:30 講義
       19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

6、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
7、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986、FAX06-6947-7925 松田まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて申し込んでください。
  参加氏名 :              (    期) 
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

1月度「研究わくわく人生塾」のご案内


                            平成17年12月17日
柑芦会会員各位                        
                            柑芦会大阪支部長 萩平 勲
                            人生塾実行委員長 中井健夫

           1月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
         リレーションシップバンキングの経済学

 師走の候、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 新年第一弾の1月度研究わくわく人生塾は経済学科助教授の内田浩史(うちだひろふみ)先生にお願いいたしまし
 た。リレーションシップバンキングとは昔は顧客関係などと訳されていましたが、最近は地域密着型金融と訳しな
 がらもカナでの表記が定着してきています。
 リレーションシップバンキングの本質とは地域金融機関が長期的な取引関係により得られた情報を活用し、対面交
 渉を含む質の高いコミュニケーションを通じて融資先企業の経営状況等を的確に把握し、これにより中小企業等へ
 の金融仲介機能を強化するとともに、金融機関自身の収益向上を図ることです。
 最近の各金融機関の具体的な取組も講義の中に加えていただき、分かり易い分析をしていただきます。

銀行・ファイナンス関係者の皆様ばかりでなく中小企業の皆様、これから起業を考えている皆様にも大変参考にな
 る分析が満載です。リレーションシップバンキングについて疑問が解けること間違いありません。                    

            記
1、日時   1月17日(火) 18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)

3、講師  内田浩史(うちだひろふみ)先生(和歌山大学経済学部助教授)
      昭和45年生まれ、 神戸市出身
      大阪大学経済学部経済学科卒(41期)
      現在経済学科助教授
      日本経済学会、日本ファイナンス学会所属
      趣味:読書    
      スポーツ:テニス

4、内容  18:30-19:30 リレーションシップバンキングの経済学

      金融庁の施策の一つで、銀行関係の方や中小企業の方なら皆さんご存じの、リレーションシップ
      バンキングについて、それはどのような内容で、どのような意義があり、どのような問題が考え
      られるのか、という点について特にミクロ経済学に基づいた分析を紹介いただきます。

      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 松田まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                  以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

ゴルフ実行委員会 議事録

1.日時 12月15日(木) 14:30
2.場所 柑芦会館
3.出席者 平井・大図・松尾・竹腰・田保
4.議事
イ.今年の反省
    全体としては、近年になく参加者が多く、成功だっだ。然し期により偏りが著しく、出来れば各期最低一組参加して欲しい。
ロ.来年の計画
 春 6月2日(金)  「神戸ロイヤルパインズゴルフ倶楽部」
 秋 10月27日(金)「大阪ゴルフクラブ」
ハ.幹事の見直し
 本人の希望・参加実績などを勘案して、見直しをする。
  (文責 平井)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

12月度サラリーマン人生塾

12月14日(水)
講師:福永喬(8期)
「サラリーマンの悩みを聴かせてください。」
~倫理ヘルプライン~

今回は株式会社椿本チエイン/代表取締役会長の福永さんのお話でした。
一部上場企業の現役の代表取締役のお話ということもあり21人の参加とたいへん活
気ある人生塾でした。 こうしたお忙しい立場の方も快く来ていただける、同窓とい
う絆を改めて感じました。

昨今、幼い子どもが被害者となる事件、マンションの構造計算書の偽造問題、金融機
関の社員による横領・費消など常識では考えられないような事件が次々と起こりま
す。
こうした社会の中で福永さんが社長としてどうやって不祥事が起きない企業・不祥事
を許さない企業を目指してこられたかという、リーダーにもリーダーを目指す人にも
たいへん勉強になるお話をしていただきました。

福永さんが8年間の社長時代に特に力を入れたことが
① 不良品を出さないこと
② 不祥事を起こさないこと
不祥事、犯罪というのは必ず周囲のひとが気付いたり、何かを感じたりしているもの
です。上司の不正、同僚の不正、日常化しているものもあるかもしれません。 そう
いうことに気付いた人から経営トップにすぐ情報が来るシステムができればと福永さ
んは考えられました。
それが椿本チエインの <倫理ヘルプライン> です。 実名での通報のみを受け、
その情報は専任担当者・顧問税理士・社長のみ知ることができるものとし、外部に漏
らさないし聞きに来るものがいれば解雇にするというものです。 『経営トップは通
報者を進退をかけても守ってあげなければいけない』と福永さんは言います。
これによって、会社をよくしたい、不正を正したいという人が見つけた不正が福永さ
んにタイムリーに入るようになります。 この<倫理ヘルプライン>でこれまで70
件の不正が正されたということです。
その情報から不正を調査するときも通報者の保護を最優先しておられます。 ある支
店での不正を調査するときも、その項目について近隣の全支店の調査に入るなどコス
トがかかっても通報による調査ということが分からないようにしておられます。
不正を許さない・黙認しない土壌、不正が罰せられる土壌を経営トップがつくること
で椿本チエインの倫理観は守られています。

福永さんが大切にしている詩をご紹介頂きました。
 青春  (サムエル・ウルマン)
 青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたを言う。
 ~省略~
 頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、80歳であろうと人は青春にして巳む

本日はたいへん興味深いお話しをありがとうございました。

文責:菓 英一 (46期)

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第17回 柑 芦 経 済 講 演 会

              主催 柑芦会大阪支部
                  大阪支部支部長  萩平 勲
                  経済講演会実行委員長 船瀬裕文
1 日 時 平成18年2月4日(土) 13:30~17:00

2 場 所 大阪産業創造館 4F イベントホール
        大阪市中央区本町1-4-5 (℡ 06-6264-9800)
        地下鉄中央線「堺筋本町駅」下車 2番出口
        地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」下車 12番出口
        地図はこちらhttp://www.sansokan.jp/map/

3 テ ー マ 「 経済成長と私達の生き方 」
    ・少子高齢化の進む中で日本経済はいかにして活性化するか
    ・伸びない雇用者所得と増税は消費動向と流通にどう影響するか
    ・アジアの発展と国内設備投資の増加は経済にどう影響するか
    ・地価、株価、物価上昇の見通しと対応はいかにすべきか
    ・果たして豊かな社会の実現はあるのか

4 講 師 国立大学法人 和歌山大学 経済学部
          助教授  足立 基浩 氏
    日本福祉大学 福祉経営学部
          教 授  安宅川 佳之 氏 (大学10回卒)
    元ダイエー社長 
    TMI総合法律事務所 ㈱ザイマックス 富士ソフトABC㈱  
          顧 問  高木 邦夫 氏      (大学14回卒)
    コーディネータ
  有限会社 船瀬経営革新研究所
          社 長  船瀬 裕文 氏     (大学20回卒)

5 進 め 方 パネルディスカッション形式、冒頭各講師30分講演

6 参 加 費 3,000円

*参加申込は大阪支部、松田まで osaka@kourokai.com

*********************************************
講演会に合わせて、各期が同期会を開催しよう。
講演会を終了後、同期会に出よう!
毎年2月 第1土曜日は講演会と同期会の日!
*********************************************
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

和歌山大学岸和田プレサテライト講演とシンポジウムのお知らせ

詳細は、下記にてお確かめ下さい。
http://kourokai.com/honbu/wadai-kishiwada.pdf
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

12月度経営者人生塾

12月6日(火)
講師 石山忠次(会員外)
テーマ 企業リスクと探偵について
参加者 13名

今回は、日本の探偵社で最も歴史がある株式会社テイタン大阪の石山常務にお話いただきました。
石山常務は、探偵暦37年の超ベテランで、なんとお父様も同社に勤める探偵だったそうです。

企業には、法務リスク、財務リスク、労務リスク、社会リスク、経済リスク等様々なリスクがありますが、インターネットが普及するにつれて多くの情報を扱う企業は、情報漏洩のリスクが大きくなります。
情報は漏れた瞬間は分からず、その情報が転売されたり使われたりするとはじめて発覚するという性格があるそうです。
また、カード情報はすでに漏れているというスタンスで日常気をつけなければならないというアドバイスをいただきました。

日常の探偵業務の尾行に関しては、次のような注意点があるそうです。
・まかれないように2人1組で行う。
・最近は誘拐事件が増えており、尾行をするにも不審な動きをしていると近所の人に通報されないように気をつける。

また、探偵と興信所の違いは、1クライアントへ情報を提供するかどうかで、情報収集方法もおのずと変わってくるそうです。
興信所の情報は、ざっくりしたやや信憑性の薄い情報ですが、それに対して、人手をかけて根拠のある情報を集めるのが探偵の仕事のようです。

裁判事例でも弁護士から情報収集を依頼されるそうです。
因みにラブホテルから出てきたカップルを正面から写真を撮ると逆に肖像権の侵害ということで、訴えられるそうです。

探偵の歴史は古く1400~1500年前に「しのび」という記述があったそうで徳川幕府でも「探題」と呼ばれる人達がスパイ活動を行っていました。
明治時代には、警察もスパイ組織を使って情報収集を行っていたそうです。

また、明治25年に現東京商工リサーチの前進ができたのが、調査会社の最初だったそうです。

今年の国会で法律の成立が流れてしまった探偵業法というのは悪徳探偵社を取り締まるのに必要だそうです。

中国から特許侵害のコピー商品が入ってくるのを突き止めるために輸入されたコピー商品の荷札をごみの中から探す・・・というお話もリアルでおもしろかったです。
また、普段は見ることのないいろんな盗聴グッズや盗撮グッズも持ってきていただき、現物を見せていただきましたので、少し007やCIAのスパイになった気分を味わうことができました。
因みに盗聴・盗撮は、違法ですので、今日参加されたみなさんは、日本橋にこういうグッズが売っているからといって、しないようにしてくださいね。

最近、インターネットでややこしいメールがよく来るようになりましたがメールの返信をしないのがポイントとのことです。
みなさん、気を付けましょう。

日本は、平和なこともあり情報を取られるという点に関し、意識が薄いのですが、今日は、改めて情報の大切さを感じました。
石山常務、おもしろいお話をありがとうございました。

文責 小柴学司(39期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

11月度研究わくわく人生塾

2005年11月28日(月)18時30分から21時

中心市街地活性化とタウンマネジメント機関(TMO)

講師: 和歌山大学経済学部 石橋 貞男教授(経済学科:経済原論・貨幣経済論)
1950年大阪市出身 和歌山大学経済学部卒・東北大学大学院経済学研究科博士課程満期退学  
地域活動: 和歌山地元商店街活性化研究・和歌山地方労働審議会会長・紀ノ川流域委員会委員など
趣味:ジャズ スポーツ:野球
参加者16名

大店法が2000年に廃止され、大店立地法・改正都市計画法・中心市街地活性化法の「まちづくり三法」が施行
され、中小小売業保護のための規制をやめ、中心市街地振興策の枠組みをつくったが、中心市街地の沈滞に歯止め
はかからず、審議会で見直しが行われている。
日本の小売商業政策には中小小売商業振興政策と小売商業調整政策(保護政策)という2つの流れがある。
中心市街地活性化法は前者の流れで、後者の流れを形式的に汲むのが大店立地法である。

大店法廃止の規制緩和の中で和歌山市では大型店同士の競争が激化し、JR和歌山駅前の近鉄百貨店が増床して
生き残ったが、中心地にある大丸、丸正、ビブレ、長崎屋は閉店に追い込まれてしまったという。
大店法では開業日・閉店時刻・休業日数・売り場面積の規制があったが、大店立地法では駐車場・騒音・廃棄物
などの環境への配慮が中心となり、店舗面積などの需給調節的な運用が不要になり大きな土地が確保でき地価が
安い郊外型が増えたため、市街地空洞化が予想以上のスピードで進んでいるという。

改正都市計画法ではゾーニングによって郊外開発の規制を通して、自治体の判断で大型店を制限することを可能に
し中心市街地の活性化支援が企画されたが、実効性がなかった。

中心市街地活性化法の仕組みは①国が「基本方針」を作成し②市町村が「基本計画」を作成③「基本計画」に「中
小小売商業高度化事業」に関する記載のある場合にTMOが「中小小売商業高度化事業構想」(TMO構想)を
作成④TMOと実施主体が中小小売商業高度化事業計画(TMO計画)を作成⑤「事業実施」である。
2005年5月で基本計画提出の市町村は630あり、TMOとなった機関は375とその約半数、TMO計画は
200ほどである。
TMOとは、上記③④⑤を担う「認定構想推進事業者」であり、商工会・商工会議所・3セク特定会社・3セク
公益法人しかTMOにはなれない。TMO(Town Management Organization)とはまちづくり機関とされるが、
認定構想推進事業者の通称である。

和歌山市では、2000年3月に「株式会社ぶらくり」がTMOとなり、北ぶらくり丁に「まちづくり工房ぶらっ
と」の開設、センスの良いフリーペーパー「Bravo」の発行をし、今後はサイバーモールの運営事業、空き店
舗と事業者のコーディネートや開発などを考えているらしい。2005年には基本計画の改訂版を策定し、和歌山
社会経済研究所や和歌山市民アクティブネットワーク(WCAN)が中心となりまちづくり関連情報やイベント情
報を流し、相互の意見交換の場も作っているという。

ぶらくり丁写真

和歌山イベント情報のホームページhttp://wakayama.shiminjuku.jp/eventboard/index.aspx)

湯浅町では「熊野古道ミュージアム」を展開し醤油も手作りなら町づくりも手作りと、町並みをミュージアムに
見立ててせいろ(蒸し器)に古民具を入れたり玄関脇の辻行灯に詩歌などをしたためたりした。またTMOである
湯浅町商工会は、散策マップの製作、鯖っと鰺まつりやシロウオまつりなど工夫をこらし、観光人口は30万人を
超えてきて成功事例となっている。

湯浅町の写真


会計検査院によれば、TMOに求められる重要な要素は①リーダーシップのある専任従業者②企画調整にとどまら
ない活動・事業を行うための自主財源の確保③集客力のある魅力あるテナント誘致であり、補助金配分対象の選択
と集中を要求している。

まちづくり三法は「大型店VS中小店」から「中心市街地VS郊外」への問題の推移に機能しなかった。
①人口の長期減少②自治体財源の持続的維持が困難な中でコミュニティの維持を実現するために
「コンパクトシティ」が新しいコンセプトになってきた。

講師が7年前からフォローしている高松市のTMO実施主体「高松丸亀町まちづくり株式会社」では再開発を実施
し、その後は地権者といえども出店するときには、まちづくり会社から床を賃貸し、家賃を支払う仕組みを作り雑
居ビルにしない狙いを実現しようとしている。これにより土地の利用と所有の分離を容易にし、シャッター通りも
出来にくくなるらしい。
このようなTMOと共同する3セク会社には、再開発事業に国土交通省の補助金が総事業費の約44%も出ていると
いう。この点には賛否両論が参加者からも議論された。

TMOによる再開発の成功事例としては他に、リンゴ並木で有名な長野県飯田市の株式会社まちづくりカンパニーも
あるが、いずれも、まず以前からの構想事業計画がしっかりしており、TMOを活用して国土交通省や国、県、市の
補助金を頂くことでうまく機能しているようだ。



国立大学法人としての和歌山大学も郊外に移り、和歌山大学生の中にはぶらくり丁を知らない学生が多いという話に
はいささか驚きを感じたが、全国人気ナンバーワンの和歌山ラーメンでの市街地活性化策の意見などが出され活発な
人生塾になりました。
参加者全員、和歌山の明るい未来に、和歌山大学がより一層の地域貢献ができると確信し、希望を持つことが出来ま
した。石橋先生、本日は本当にありがとうございました。

著書:『資本と利潤』税務経理協会 他
報告書:『和歌山県下における中心市街地活性化とTMO』和歌山大学経済研究所,
地域研究シリーズ30,2005年


報告者:塾長 渡邊 豊(33期)
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/