中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第17回 柑芦会大阪支部親睦ゴルフ大会

日付   平成18年10月27日(金)
場所   大阪ゴルフクラブ
参加者数 56名

藤原会長 “ホールイン・ワン”御目出度うございます!!
最終18番ホールにて、見事ホールイン・ワンを達成されました。
懇親パーティにおいては、同話題が持ちきりで大変盛り上がった。

みんなからお祝いをしたいとの声が多数寄せられたが、ご本人より堅く辞退
されたので、表彰式にてのご披露のみとした。
なお 達成者の 藤原 尚 様からは 保険が降りた場合には、「柑芦会」に
 何分の寄贈をされるとの有難い申し出があった。

優勝は、大学2期「御本 佳男」様。44・42 NET 71.6 の素晴らしい
スコアであった。
スピーチでは 毎日のたゆまぬご努力などを披露され、我々もおおいに発奮させ
られる思いであった。


今大会の特徴としては、名門コースの難しい高麗グリーンを物ともせず、好スコ
ア続出のレベルの高さと年齢を感じさせないお元気な先輩方の上位入賞であった。
また 1期から46期までの幅の広がりと和歌山・神戸・京滋各支部からの参加
もあり、同窓会としての親睦の意義を充分に達成したのではないか。

来年も春(5月)秋(10月)の2回開催をするので、多数つれもていこら。

(文責 平井 穣)

写真はこちら
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

10月度ビジネスマン人生塾

10月24日(火)
講師:打垣内 尚雄 (1期)
「激動の七五三を生き抜いて」

今回は、鉄鋼商社の阪和興業(株)にて35年間勤務、常務取締役としてご活躍の後、
東洋シャッター(株)の専務取締役、モリ工業(株)の監査役を経て、現在なお関包
スチール(株)顧問としてご活躍の打垣内尚雄(1期)様にお話いただきました。
まずその若さに驚きました。昭和6年生まれ、75歳とはとても思えないご様子、お
話しぶりでした。

学生時代は陸上部で長距離をしておられ、忍耐力・根性の素地が身についたというこ
とです。「1回やめると癖になる」「何事もやり抜く」。世話好きも学生時代からと
いうことで、ゼミの幹事役などをされていました。

昭和28年阪和興業(株)入社後、専門商社として日本の企業の9割を占める中小企
業に特化した営業でシェアを伸ばしながら、会社の安定のため売上の柱となる事業を
複数もつ戦略を実行されました。鉄鋼の生産量・出荷量・在庫量・輸出量・輸入量・
消費量などのデータを毎月毎月記録した打垣内さんの「巻物」は取引先で評判で、独
自の資料で独自の相場観をもつ打垣内さんが来られるのを取引先の方は楽しみにして
いたそうです。

東洋シャッター(株)では、ゼネコンへの営業から、川上の施主への営業をする販売
戦略でシェアを高めました。個人消費・設備投資・住宅投資・公共消費・公共事業・
・・をそれぞれ分析することで景気感をつかむということをこの時代にマスターされ
ました。

社会を生き抜く力とは
①激動の時代は基本、本業に徹し王道を究めることである
②時代の変革、光と影あり忍耐の連続である
③何事も処するにもやり抜く「根性と執念」が必要である
④常に知識欲を持ち、自己管理を怠らず心身の健康が第一である
⑤社会,先輩,同僚,家族への奉仕の精神を持ち続けたい
「人生はマラソンの如し、ペースと配分を考え、きれいなフォームでゴールを切りた
い」

タイトル「激動の七五三」には今75歳今年でビジネスマン生活通算53年の意味合
いが込められていました。生涯現役でこれからもなお活躍されて「七八五六」を目指
す打垣内さん、本日は幾多の苦労や辛酸を乗り越えて来られた人生体験履歴の貴重な
大変勉強になるお話をありがとうございました。

文責:菓 英一(46期)

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第18回経済講演会案内

                             平成18年10月24日
柑芦会会員の皆様へ
                         柑芦会大阪支部支部長 萩平 勲
                         経済講演会実行委員長 船瀬裕文

           第18回経済講演会案内

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼
申し上げます。
 さて、今回は第18回目の開催でもあり、支部運営もどんどん若い方たちが参加できるように
との方針のもとにひろく参加者をもとめる内容としたいと腐心いたしています。
今回の総会でもできるだけ多くの皆様にご発言を賜り より多くの会員の皆様に関心のあるために
なる内容といたしたいと考えました。
 つきましては、下記の内容で講演会を開催したいと存じます。
ご多忙とは存じますが、ご出席賜りますようお願い申し上げます。         敬 具

                記

日時  平成19年 2月4日(日) 午後1時半~5時 (今年度は日曜日開催となります)
場所  大阪産業創造館 4F イベントホール
〒541-0053    大阪市中央区本町1-4-5
(℡ 06-6264-9800)
テーマ  「 今後の経済成長を読む 」
      ・日本経済はデフレを脱却したか
      ・歴史的観点から見た日本経済のトレンド
      ・M&Aがもたらす産業構造変革
      ・その他
パネラー 小林慶一郎氏 (大学11回小林博志氏のご子息) 
経済産業省経済産業研究所研究員  朝日新聞客員論説委員                        
     天野雅敏氏 (大学20回)  神戸大学大学院経済学研究科教授
     小柴学司氏 (大学39回)  マイベルコンサルティング代表 公認会計士
コーディネータ
     船瀬 裕文氏  (大学20回) (有)船瀬経営革新研究所 代表
      
進め方  パネルディスカッション形式、冒頭各講師30分講演
参加費  3,000円(コーヒーブレイクを含む)

同 期 会 の 開 催
講演会終了後、各期が同期会を開催しましょう。

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成18年度第1回総務委員会議事録

日 時:9月28日(木)18:30~20:00
場 所:柑芦会大阪支部会館
出席者:萩平 勲(支部長・大10)、神原 克收(幹事長・大10)、奥山 泉(委員長・大15)、


議題1.会員からの得意先紹介依頼に対する対応基準の策定
(協議結果)
リンク広告出稿会員に限定して下記のことを実施することとし、広報委員会で
  具体策を検討していただく。
① 年間複数回、会員からの依頼原稿をもとにアドレス登録会員宛に情報と
  してメール発信する。
② リンク広告画面の文字数制限を緩和する。

議題2.会員からの人材紹介依頼・仕事紹介依頼に対する対応基準の策定
(協議結果)
いずれの紹介依頼の場合も、紹介に必要な情報は個人情報を含め原則として公
  開されること、および照会・応募・交渉・契約などは個々の当事者会員同士で
  なされることを了承した会員に限定し、一定の様式・項目に従って会員が作成
  した紹介依頼原稿をもとに、メールアドレス登録会員宛に情報としてメール発
  信する。

                                          以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

18年度広報委員会議事録

日時   平成18年10月20日(金) 18:30~20:10
場所   柑芦会大阪支部会館
出席者  萩平勲(支部長・10) 神原克収(幹事長・10) 鶴田俊雄(副委員長・7) 塩谷昭(副委員長・26) 佐野陽子(副委員長・42) 松本健(委員長・10)

議題1、柑芦会ホームページの改善
結果 ①トップページ、大阪支部共に、現行デザインは継続する。
    ②但し、トップページの「イベント」欄は充実する。並びに、大阪支部は古い内容等は見直し、整理する。
議題2、リンク広告出稿会員への対応(総務委員会よりの提議)
結果 ①出稿会員は特典として、年2回(会員当り)会員からの原稿により、アドレス登録会員あてに、Eメールにて情報提供ができる。
    ②Eメールの内容、形式等については、広報委員会にて「運用規定」を作成し、運用する。
議題3、その他(塩谷副委員長提案)
結果  柑芦会会員の「SNS」(ソーシャル・ネットワーキング・システム)を構築・運営する。
      「発行できなくなった柑芦会員名簿に置き換わる新しい会員名簿」作りを、Eメール登録者に呼びかけ推進する。
     希望会員は 姓名、期別、職業、趣味、ゼミ、クラブ、住所、アッピールポイント等を登録する。
                                                    以上
文責 松本 健
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

10月度起業家・専門家人生塾

10月12日(木)
講 師:司法書士・行政書士 和田 努氏
テーマ:多重債務問題とその対処法
参加者:19名

今回は、日々の業務で債務整理及び裁判業務に取り組まれている司法書士の和田先生にお話いただきました。

現在、日本における多重債務者は200万~300万人とも、あるいはそれ以上とも言われているらしい。
(イメージとして、1クラスに1人の多重債務者の方がいる?)
その多くの人が、利息だけをずっと支払い続け、借金が雪だるま式に増えて借金の支払に困っているそうです。
和田先生は、相談に来られた方が人生の再スタートを切れるように使命感を持って仕事に従事されているのが、
お話をお聞きしてヒシヒシと伝わってきました。

債務整理の方法としては、個人の債務整理を前提にすると下記の4つに分けられるそうです。

① 任意整理
弁護士や司法書士が、裁判所を使わずに、債権者と一社一社交渉を行います。
その際、出資法(制限利率29.9%)と利息制限法(制限利率15~20%)の差額である
「グレーゾン」については、債権者の主張する「高金利」ではなく、利息制限法に引き直したうえで計算します。
そして、残額があればそれを借金残高に、過払いであれば債権者からお金を返済してもらうよう交渉します。

②特定調停
平成12年7月から始まった制度で、弁護士・司法書士に頼らずとも、本人が裁判所の力を借りて行うことの出来る手続きです。

③ 個人再生
平成13年4月から始まった制度で、債務を圧縮し、3年から5年で返済をすることが出来る手続きです。
ただし、定期収入がないと認められません。

④ 自己破産
破産手続き・・・債権者のための手続き(債務者を破産させてよいかどうか判断)
免責手続き・・・債務者のための手続き(借金を棒引きにしてよいかどうか判断)
仮に、自己破産を申し立てても、他人名義で借入れを行っていたり、浪費がひどい場合は認められないケースもあるそうです。

また、なぜ多重債務に陥ってしまうのか?について活発な意見交換が行われました。
○パチンコなどのギャンブル、ブランド品の購入、収入以上の生活費の補填など、計画性なしに安易に借金に走ってしまう人がいる
○遊興費ではなく最低限の生活費のため、医療費のために仕方なく借金をしてしまうという人もいる
○きちんと手続きを取って、生活保護を受けるという方法もある
○自己破産を簡単にできると考えている人が増えてきたのではないだろうか?
○借り手の問題意識が低いということがあるかも知れないが、貸し手も「過剰融資」「過剰与信」をし、多重債務者を増加させてしまっている
○金利を上限10%ぐらいに設定するのが望ましいのではないだろうか?
○借りたお金をきちんと返済しない人もいて、貸し手からすれば、貸し倒れが発生する懼れがあり仮に29.2%取ったとしても採算割れ
 するケースもある
○貸し手側も、弱者を救済するという使命感を持ってやっているという考え方もあるのではないだろうか?等等

最近、新聞TV等で話題の多重債務問題を分かり易くお話くださった和田先生、本日はどうもありがとうございました。

(文責:42期 林 美希)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

11月度イキイキ人生塾「遺言と相続」のご案内

                               平成18年10月吉日
柑芦会会員各位                         
                        柑芦会大阪部
                        人生塾実行委員長  中井健夫
                        イキイキ人生塾塾長 石田晴一
11月度イキイキ人生塾「遺言と相続」のご案内

拝啓、秋たけなわ、皆様にはお変わりございませんか?
今回のイキイキ人生塾は13期の山東さんに「遺言と相続」についてのお話をお願いしております。
遺言を書くのはまだ早いと一般には思いがちですが、精神状態が正常な元気なうちに書くのが
ポイントだそうです。秋の夜長に一度は人生の締めくくりについて考えてみるのも如何ですか?
ビールでも飲みながら、皆さんとの語らいを出来ればと、ご参加をお待ちしております。
              (記)
1、日時 11月8日(水) 18:30-21:00
2、場所 柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町
       207号(玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、題名 「遺言と相続―こんな人は遺言を!-」
4、講師 山東啓作さん(大13期)、和歌山県出身
      昭和40年和歌山大学経済学部卒業後、東洋信託銀行(現在の三菱UFJ信託銀行)に
      入行、堺支店長などを歴任。
      現在は堺簡易裁判所民事調停委員、同司法委員をされております。
      ゼミ:松村ゼミ、クラブ:軟式テニス、 
趣味:ゴルフ、旅行(神社・仏閣めぐりなど)
5、内容 「遺言と相続―こんな人は遺言を!-」・・・こんな人とはどんな人?
それは当日のお楽しみだそうですが、事務局で考えたのは例えば、「複数の子供たちの
うちの一人に商売を引き継ぎたい」、「神社・仏閣、老人ホームなどに是非、寄付をしたい」、
「相続人がいない」、「家庭環境が複雑」、「資産が沢山あるので節税も考えて」、
「身障者に厚く」などなど。身近な問題をテーマに話を進めてもらう予定です。
6、進め方 18:30-19:30 講義
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
8、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
9、申し込み、問い合わせ*TEL06-6941-4986、
FAX06-6947-7925支部事務局まで
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

11月度「研究わくわく人生塾」のご案内

                            平成18年10月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長 中井健夫
                                    研究わくわく人生塾長 渡邊豊

           11月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
          イギリスのインド植民地支配から見えるもの

      秋冷の候、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
      11月度研究わくわく人生塾は経済学科教授の今田秀作先生にお願いいたしました。
      先生は、西洋経済史が専門であり、植民地時代のインドとイギリスとの経済関係を検討し
      つつ、当時のイギリス及びインドの社会経済構造とそれらを含めたグローバル市場の特質
      を解明しています。
  
     アメリカの反テロ世界民主化政策に関わる評価、あるいは我が国における靖国問題など、
      かつての植民地支配の実態に、今一度立ち返って論ずべき問題が叢生しています。
      今日的な問題を考える一助となる話題が満載ですので、是非ご参加ください。                    



            記

1、日時  11月21日(火)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)

3、講師  今田秀作(いまだしゅうさく)(和歌山大学経済学部教授)
      昭和31年広島県生まれ
      京都大学大学院経済学研究科博士課程単位取得
      経済学博士(京都大学)

4、内容  18:30-19:30 イギリスのインド植民地支配から見えるもの

      200年近くに及んだイギリスによるインド植民地支配は、先進国と後進地域との緊密な接触事例
      として、歴史上に古典的な位置を占める。
      イギリスはこれをインドに「進歩」や「開発」をもたらしたとして弁護し、他方インドは「停滞」
      や「収奪」を強いたものとして強く批判してきた。
      しかし両国のナショナリズムから自由に現代の日本人の目でインド植民地支配を眺めるならば、
      そうした二分法とは異なった実態が見えてくる。
      現在、アメリカの反テロ世界民主化政策(「帝国」的行動原理)に関わる評価、あるいは我が国に
      おける靖国問題など、かつての植民地支配の実態に、今一度立ち返って論ずべき問題が叢生してい
      る。
      講師は「開発」と「収奪」との関連性を軸にインド植民地支配の一側面を明らかにしてくれる。
      今日的な問題を考える一助となれば幸いです。
      

      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                  以上


中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

組織委員会議事録

                   
                                       文責:北村

1. 日 時 : 2006年 9月29日(金)18:30~21:00
2. 場 所 : 大阪支部会館
3. 出席者 : 松尾浩一(11期)、金子義明(14期)、北村修一(18期)
        中村隆昭(25期)、萩平支部長、神原幹事長 以上6名

議題および決議事項 :
(1) 年会費納入状況と促進策について(財務目標1100人に向けて)
・ 8月末現在884人(前年最終978人→前年比▲94人)を、先ずは1000人以上へ増やさねばならない。
・ 期別の「納入状況表」により、昨年納入し本年納入していない人には個別にフォローをしよう。
・ 何らかのサービスや恩恵を受けていると感じた人は納入してくれる率が高い。その“サービス”や情報提供を増やしていこう。
・ 「同期会」なら出るが、柑芦会へは別にでる必要を感じない、という人もいるが、実績を見ると「同期会」開催の盛んな期は、年会費納入率も高い傾向がある。
・ であれば「同期会」の開催を増やし、それを軸にして柑芦会の会合にも出席する機会を増やしていけば、年会費納入にもつながるのではないか。

(2) 「同期会」開催促進策について
・ 内容的には堅苦しいことは言わず、先ずは集まることを優先し、一杯呑むことから始めるほうがよい。それに対して何か情報提供などのサービスはできないか。
・ 南船場の「ハートンホテル」(社長=11期松尾さん)内の『サザン亭』で、格安の同窓会用メニューを作ってもらうことにし、柑芦会のホームページその他でPRしよう。
・ 松尾さん以外にもホテル関係者など会場をご提供いただける方へは「柑芦会会員向けの“特別プラン”をご提案ください」と呼びかけて、回答のあったところは全部HPに載せることにする。
・ 呑み放題(時間制限なし)で3500円くらいでの提供を検討してみる。<松尾>
・ さらにそこを使って「ボジョレヌーボーを楽しむ会」も企画してはどうか。実兄が20年以上前から「シニアワインアドバイザー」をやっているのでご協力できる。ボジョレヌーボー以外でも「ワインを楽しむ会」なら定期開催もできる。<中村>
・ では11/22(水)にサザン亭で計画して、早速メールやホームページでPRしよう。
・ 料金は「ボジョレヌーボーを楽しむ会」で4000円程度、「ワインを楽しむ会」なら3500円程度とし、定員は30名としよう。

(3) 支部活動活性化のための「会員意識調査」(案)について・・・北村から提案
・ 年代や意識の多様化する会員の関心事項や、年会費・総会・人生塾など支部活動に関する参加動機など、意識の“定量的な”把握が必要ではないか。
・ 本来なら、メールアドレスのない人を含む全会員に聞きたいが、それもたいへんなのでせめてメールアドレスを登録している会員を中心にアンケートによる調査をしてみる。
・ ただし、アドレスをもっていない人の意見も聞くため、経済講演会や人生塾などの行事の際には「紙ベース」による調査も並行実施する。
・ よって実施時期は、来年2月の「経済講演会」の前後に実施する。
・ 企画書案については、組織委員会の全員宛にメール送付して、意見をもらうこととする。
・ 企画書案作成~完成、集計、分析、まとめの作業は北村が行う。アンケートメール送付と回答の北村宛転送は金子さんにお願いする。

(4) 新年幹事会について
・ 1月26日(金)18:30~ とする。
・ 場所は、ハートンホテル南船場の「サザン亭」(約40名)で開催してはどうか?

(5) 来年度の支部総会について、幹事長より下記の線で進めているとの報告があった。
・ 日程:7月8日(日)
・ 場所:三井アーバンホテルベイタワー(本年度と同じ)

(6) 郵便物の「宛先不明者」増加への対策について
・ 総会の案内が戻ってきた人≒130名
・ 様々な機会に、不明者リストを提示して確認いただく作業を繰り返しやるしかない。
・ とりあえずは、人生塾などの行事の際に一人でも多くの参加者に確認してみる。
・ 「アドレス不明者」についても同様の作業を徹底する。

                                               以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

9月度研究わくわく人生塾

2006年9月26日(火)18時30分から21時

           新興市場の国際通貨危機に関する研究動向

講師:北野重人(きたのしげと)(和歌山大学経済学部助教授)
   名古屋大学大学院経済学研究科修了
   経済学博士(名古屋大学)

参加者13名

開口一番、ある情報データベース会社が今年のノーベル経済学賞を受賞するだろう候補の予想を教えてくれた。
国際貿易理論への貢献分野、計量経済学に関する貢献分野、ミクロ経済学、契約、コーポレートガバナンスに関
する貢献分野に対する有力候補者が分かった。そして、今回その国際貿易理論での有力候補の一人であるポール
・グルーグマンは、実は通貨危機の分析においてもパイオニア的存在であったことを強調された。

講師は国際マクロ経済学の研究を行い、新興市場の通貨危機を研究している。発展途上国ではGDPの10%か
ら20%が通貨危機で変動してしまう現実と、南米では高インフレや通貨危機が歴史的に繰り返され、それに対
する政策が課題になっているらしい。そのような背景もあり、本日は2002年初めのアルゼンチン通貨危機に
対する講師の分析を通じて、今の世界経済を読み解くヒントと視座の大切さを教えて頂きました。

80年代後半から90年代前半にかけて、先進国からラテンアメリカやアジアの新興市場への急激な資本流入が生じ
ました。この資本流入は、特にアジア新興市場の急激な成長と相俟って、当時たいへん注目されましたが、その
後状況は一転し、新興市場では東アジア通貨危機・アルゼンチン危機といった国際通貨危機に見舞われました。
新興市場の国際通貨危機は、研究者の間で盛んに研究されて、今までは外貨準備の不足の観点から説明するモデ
ルや金融不安による政府の将来の財政支出増大により説明するモデルがあったが、アルゼンチン危機ではカレン
シーボード制と政府の対外債務の急激な増加が重要なファクターであった。

(講義風景)

アルゼンチンでは、1991年から2002年初めまでカレンシーボードを行っていた期間があり、その期間は
インフレ率も下がり、物価も安定していた。GDPや為替レートも安定して成功と思われていた。

それなのに何故、通貨危機が起こったのか?

実は、1993年に12億ドルであった対外債務がその8年後の2001年には741億ドルと何と70倍もの
対外債務の累積になっていたのだ。その為に2001年12月には固定相場制を放棄し、金融部門の危機へと展
開してしまったのだという。

そもそも、耳慣れないカレンシーボードとは、日本銀行の委員会のようなものらしい。そして、その政策は、

1.アルゼンチン・ペソを1ペソ=1ドルに固定
2.アルゼンチンの全てのペソをドルに交換できるだけの外貨準備
3.ペソの信用を高め、インフレ圧力を抑制
4.安定成長、低インフレの高パフォーマンスで評価を高める

であったが、財政収支の改善能力のない、カレンシーボードが持続不可能なケースの為に対外債務額が限界に達
した。政府部門の破綻で対外債務の急激な増加が生じ、財政赤字を補填する財源が必要になり貨幣発行からの収
益を得てインフレ税を得る為に貨幣発行が政府裁量下の変動相場制に移行せざる得なくなり、金融部門の危機に
展開したのだ。これが、アルゼンチン危機の真相らしい。

経済学はさまざまな危機が起こるたびに後追いで研究し説明モデルができるそうだが、今回の講師の分析力には
参加者全員感心させられました。そんな経済学をもっと勉強して、その励みになる検定があるそうです。
経済学の実力を全国レベルで判定できる「経済学検定試験」が今年で11回目を迎えるとのこと。
並み居る有名大学の受験者の中でも和歌山大学の学生が連続して成績優秀者として名前を載せているようです。
我こそはと思う方は、是非挑戦してみて下さい。

(経済学検定試験案内)


今回は、アルゼンチンに何度も行かれた大先輩や若手の参加者からも活発な意見が出されていました。
アルゼンチンの通貨危機の話しから参加者の関心はドル、ユーロにも及びロシアやブラジルの将来性議論でも盛
り上がりました。
昔の新興市場を考察することで、これからの日本とBRICSの関係や投資に参考となりそうなことも発見でき
ました。

若手のホープ北野重人先生のこれからの研究成果を期待するとともに、その成果の出版を楽しみにしています。

北野先生、お忙しいところ人生塾のために興味深い資料を多数ご準備いただき、本当に楽しく為になる講義を
ありがとうございました。

主要研究業績:

[1] “The Government’s Foreign Debt in the Argentine Crisis” Vol. 9, Issue 3, pp.368-379,
   Review of Development Economics, 2005.
   平成14年度兼松フェローシップ(神戸大学経済経営研究所)入賞論文

[2] “Macroeconomic Effects of Capital Controls as a Safeguard against the Capital Inflows Problem”
   Vol. 13, No.3, pp.233-263, Journal of International Trade and Economic Development, 2004. 
   第5回 社研・森口賞(大阪大学社会経済研究所)入選論文

[3] “A Model of Balance-of-Payments Crises due to External Shocks: Monetary vs Fiscal Approach”
   Vol. 56, No.1, pp.53-66, Bulletin of Economic Research, 2004.


講師から一言:柑芦会の諸先輩方、BRICSをはじめ新興市場について、様々な実務経験に基づく洞察ある
       お話をお聞かせいただきありがとうございました。


                                  報告者:塾長 渡邊 豊(33期)

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/