中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

11月度研究わくわく人生塾

2006年11月21日(火)18時30分から21時

           イギリス近代帝国史と経済グローバリゼーション

講師:今田秀作(いまだしゅうさく)(和歌山大学経済学部教授)
   京都大学大学院経済学研究科博士課程単位取得
   経済学博士(京都大学)

参加者16名

当初予定されたテーマは「イギリスのインド植民地支配から見えるもの」でしたが、より大きな視点でイギリス
のインド植民地支配を論じるため、テーマを「イギリス近代帝国史と経済グローバリゼーション」に変更され、
力のこもった資料をお作り頂き、感激しました。
イギリス近代史を帝国史の観点よりまとめられ、かつ近代世界史を経済グローバリゼーションの進行という長期
歴史的な基礎過程を含むものとして捉え、かかる進行に対する各時代のイギリス帝国の意義と限界について分か
り易く説明されました。



経済グローバリゼーションとは、モノ・ヒト・カネ・情報の世界的な移動の活発化であり、経済グローバリゼー
ションの進行とは、抽象的には世界的市場経済化であると言える。そして、以下の外包的発展および内包的発展
への作用に関して、各時代の帝国がいかなる促進作用を果たし、またどのような限界があったのかをまとめられ
ました。

(1)市場経済の外包的発展・・・市場経済が未発達な地域に市場経済関係を浸透させ、もってその地域をより
   強く市場経済に統合すること
(2)市場経済の内包的発展・・・既に発展を遂げた諸国・諸地域を含めて世界的に経済自由主義の更なる発展
   を促し、かつ開放的市場経済の安定的維持に寄与すること

イギリス近代帝国史の300年を概観するなら、1830年代までの重商主義帝国・19世紀末までの自由貿易
帝国・1930年代初めまでの金融帝国・1960年代までのブロック帝国と区分することが出来る。しかし、
いち早い市民革命や産業革命を経て19世紀中葉までに世界的覇権を確立したイギリスも、20世紀後半に至っ
て、植民地を持たないアメリカの覇権確立を通じてその賞味期限を迎え、ヨーロッパの一国民国家に落ち着いた
のだ。

イギリス近代帝国の経済グローバリゼーション促進作用は、自由貿易帝国を頂点としつつ、以後時代が進むにつ
れて、その作用を弱めて行った。そして経済グローバリゼーションに対する桎梏に転化したイギリス近代帝国は、
パクス・アメリカーナの下で解体され、グローバリゼーションは全般的な国民国家システムによって担われるよ
になった。さらに現在、経済グローバリゼーションは、一国範囲での経済発展促進に偏重した国民国家システム
の壁まで乗り越えようとしている。

経済グローバリゼーションの歴史的進行は、近代帝国の領域性がいったん破壊されることを必至のものとした。
現代グローバリゼーションとは、この破壊をくぐり抜けた上で、さらに国民国家システムまでもを相対化しつつ
あるところの、世界的市場経済化の一層の進行であり、新たな地域統合だったと結論付けられた。



植民地支配には二通りの方法があり、ひとつはカナダ・オーストラリア・ニュージーランドなど白人居住植民地
であり、もうひとつが、インドなど少数のイギリス人官僚によって統治された異民族支配植民地である。後者の
植民地支配では、マスターとサーバントという人間関係が支配的ではなかったかと講師は言う。200年近くに及ん
だイギリスによるインド植民地支配は、先進国と後進地域との緊密な接触事例として、歴史上に古典的な位置を
占める。イギリス側はこれをインドに「進歩」や「開発」をもたらしたとして弁護し、他方インド側は「停滞」
や「収奪」を強いたものとして強く批判してきた。しかし両国のナショナリズムから自由に、現代の日本人の目
でインド植民地支配を眺めるならば、異なった実態が見えてくるという。現在、アメリカの反テロ世界民主化政
策(「帝国」的行動原理)に関わる評価も理解できた気がする。

講師はあくまで経済史の視点から、インドが独立するまでに両国が植民地支配を通じて得たり失ったりしたもの
が何かを教えてくれた。また第二次世界大戦における戦勝国と敗戦国では、その後の旧植民地との関係に何らか
の違いが出てくるという指摘が受講者よりなされた。

受講者からは宗教的背景や人種問題に関わる質問なども多数出されましたが、講師のグロバリゼーション促進作
用の分析に感銘の声が多かったです。
インドが何故IT先進国になってきたかという質問も出されて、講師と受講者ともに盛り上がりました。

今田秀作先生のこれからの研究の進展を期待しております。

今田先生、お忙しいところ人生塾のために興味深い資料をご準備いただき、本当に歴史を再認識出来る楽しくて
為になる講義をありがとうございました。

著書:

『パクス・ブリタニカと植民地インド-イギリス・インド経済史の〈相関把握〉』(京都大学学術出版会)



報告者:塾長 渡邊 豊(33期)

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成19年1月度「研究わくわく人生塾」のご案内

                            平成18年12月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長 中井健夫
                                    研究わくわく人生塾長 渡邊豊

           平成19年1月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
          日米比較の視点から見る、財政再建と政治過程の変容

     明けましておめでとうございます。会員の皆様には良いお正月をお迎えの事とお喜び申し上げます。
     新年1月度の研究わくわく人生塾は経済学科助教授の河音琢郎先生にお願いいたしました。
     先生は、財政政策が専門であり、1980年代のアメリカ財政赤字の巨額化と90年代の
     その縮小過程に焦点を当て、日米経済をはじめとする国際経済との関連を視野に入れ、
     今日のアメリカ財政の構造を解明しております。
      学生気分に戻って、学生と飲むことが趣味という講師と楽しいひとときを過ごそうではあり ませんか。
     新年に、これからの日本財政の将来を一緒に語り合おうではありませんか?
     ビジネスにも役立つ話題が満載ですので、是非ともご参加ください。              



            記

1、日時  1月29日(月)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)

3、講師  河音琢郎(かわねたくろう)(和歌山大学経済学部助教授)
      昭和41年京都市生まれ
      立命館大学経済学部経済学科卒
      京都大学大学院・経済学博士(京都大学)

4、内容  18:30-19:30 日米比較の視点から見る、財政再建と政治過程の変容

      財政再建は、日米を問わず、先進諸国の共通する課題となっているものの、実際の政策の現場
      では、「総論賛成・各論反対」となって、なかなか合意が得られにくく、困難な政策課題です。
      それゆえ、財政再建は、その政策を担う政治過程の改革とセットにして考察することが必要です。
      近年の日本とアメリカとの、財政再建と政治改革との関係について、考えてみたいと思います。
    
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                  以上


      
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

12月度 起業家・専門家人生塾のご案内

                            平成18年11月吉日
柑芦会会員各位
                      人生塾実行委員長  中井健夫
                   起業家・専門家人生塾塾長 小柴学司
 
  12月度 起業家・専門家人生塾「アスベスト被害救済と弁護士の役割」のご案内

 向寒の候、皆様には益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます。
今回は、下記のとおり 外部講師である弁護士の芦田如子さんにアスベスト訴訟の弁護団として
活躍されている現状をお話いただけることになりました。

少し前にも新聞等で話題になった問題で、集団訴訟とはどういったものかについても
お話いただけます。

芦田さんは新人弁護士で、被害者救済に闘志を燃やしていらっしゃいますので
熱いお話をお楽しみいただければと思います。 ぜひ、ご参加ください。

                   記

時  平成18年12月12日(火) 18時30分~21時00分

場所 柑芦会大阪支部会館   06-6941-4986
    地下鉄谷町線 「谷町4丁目」下車 7号出口すぐ
    ロイヤルタワー大阪谷町207号室 *玄関で「207」「呼出」を押して下さい

講師
 ◆弁護士 芦田如子(あしだ ゆきこ)
 ◆経歴
  京都府福知山市出身
  平成11年神戸大学卒業
  平成15年司法試験合格
  平成17年10月 司法研修所修了
  平成17年10月 大阪弁護士会登録
  現在、上原武彦法律事務所に勤務
 ◆おもな活動
  大阪弁護士会消費者保護委員会・高齢者障害者総合支援センター「ひまわり」所属。
  大阪医療問題研究会所属http://www.osakairyo-ken.net/index.html
  大阪先物取引被害研究会http://www016.upp.so-net.ne.jp/yama38/
  大阪じん肺アスベスト弁護団所属http://www.asbestos-osaka.com/
 ◆おもな著作
  『アスベスト被害救済のための労災補償・健康管理手帳・アスベスト新法活用法』
                    (大阪弁護士協同組合・定価1500円)
   アスベスト弁護団が実際に直面した事案をもとに、実務に役立つノウハウ本を出版しました。

講演テーマ 「アスベスト被害救済と弁護士の役割」
 ◆ひとこと
  皆様、はじめまして。弁護士の芦田如子と申します。
  現在、大阪(淀屋橋)で弁護士をしています。
  弁護士登録をして1年経ち、事務所で扱う一般民事事件のほか、弁護士会の委員会活動や
  研究会、国選弁護などの刑事弁護活動、アスベスト弁護団活動などで忙しく飛び回っています。
  
  今回は、現在特に力をいれてとりくんでおり、社会的にもとりあげられているアスベスト問題について
  新人弁護士の私が感じたことを中心に、その他、いろいろお話しできればと思います。
進め方
  18時30分~19時30分  テーマについてのお話
  19時30分~21時00分  食事をはさんで質疑応答、懇談、交流
会費
  1,500円  (お弁当 ドリンク付)
申込み、問い合わせ
  柑芦会大阪支部事務局(下記) 金子義明までご返信下さい        以上  
 
  * 参加申込者   氏名             [   ]期 
****************************************
『会員の成長に役立ち、人生を豊かにする』
柑芦会大阪支部(和歌山大学経済学部同窓会)
〒540-0012 大阪市中央区谷町4-4-17-207
Tel 06-6941-4986  Fax 06-6947-7925
E-mail osaka@kourokai.com
URL http://www.kourokai.com/osaka/
****************************************
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第3回青年講演会のご報告

今回、和歌山大学の大学祭前日の11月10日(金)に現役学生(和大祭実行委員
会)と柑芦会大阪支部の共同で開催された青年講演会が和歌山大学にて行われました。
久しぶりの母校の訪問も兼ねて参加させていただきました。

テーマは下記にあるように現役学生の最も関心が高い1つである「職業」です。
最初、各パネラーの紹介があり、その後「学生と社会人の違い」や
「仕事のやりがい」等々についての各パネラーの体験をお話ししていただきました。
また、それだけに留まらずさらに「転職」も話題に上がりました。
この辺りが普通の「就職体験談の会」とは一味違ったところだと感じました。
学生の参加者は約50名で柑芦会員も神原幹事長他2名が参加していただきました。

その後の、相談会(といっても茶話会みたいな感じですが、、、)では、
和歌山大学を卒業し企業も立派に卒業された大先輩から、企業に入学したての若手O
Bまで幅広い層の先輩と現役学生との話しが盛り上がっていました。

今回は、この様なイベントを開催していただき、学生の皆さんと柑芦会の方々、
本日は本当にありがとうございました。

                 記

【日時】  11月10日(金)15:00~16:15(その後、個別相談会)
【場所】  和歌山大学  基礎教育棟G103
【テーマ】 「働くって何?!」


コーディネーター  小柴 学司  公認会計士 税理士 (39期)
    パネラー  菓 英一   アリコジャパン      (46期)
           藤原 崇志  毎日新聞社       (51期)
           西口 奈那  大阪トヨペット    (54期)
           赤塚 信之  大学院システム工学研究科(6期)
                  (東芝セラミックス株式会社 内定)
       
            《後援》 経済学部キャリアデザインオフィス

      
以 上
  
文責(大井信寛 院32期)

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

12月度ビジネスマン人生塾のご案内

平成18年11月吉日柑芦会会員各位
        人生塾実行委員長 中井健夫   
        ビジネスマン人生塾長 今井通博

           12月度「ビジネスマン人生塾」のご案内 

 立冬も過ぎてめっきり冬めいてまいりました。皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 掲題の件、今回は大学8期生の竹腰隆重氏に講師をお願いしました。氏は、通算17年の長きに亘り
ドイツ・ハンブルグに商社駐在勤務され、ビジネスマンとして大活躍されました。船舶を中軸に商社としての
商売をどうクリエイトしてきたか、体験エピソ-ドや、その背景にあった我が国の技術水準が如何に
優れていたか、さらには1989年ベルリンの壁崩壊の歴史的場面に立ち会ったことなどをお話いただきます。
これからの日本の歩むべき進路やその道標(みちしるべ)について皆さんご一緒に考える機会ともなる
大変興味深い指針テ-マでのお話です。是非のご参加をお待ち申し上げます。

             記

1.日時: 平成18年12月6日(水) 18:30より21:00まで
1.場所: 柑芦会大阪支部会館
      市営地下鉄谷町線谷町4丁目駅下車7号出口すぐロイヤルタワ-大阪谷町
      207号室(玄関で「207」「呼び出し」を押して下さい)
1.講師: 竹腰隆重氏(大8期、小野ゼミ、ESS、卓球部所属)
1.略歴: 昭和12年2月27生まれ。大阪市出身。昭和35年3月和歌山大経済学部卒後、
商社日商㈱に入社、船舶部に配属されてこの道一筋1964年から3年、1972年から7年
ハンブルグ駐在、1984年からさらに7年、その間1987年に日商ドイツ法人社長となり、
帰国と同時に日商岩井機器販売㈱社長就任、1997年同社退社現在に至る。
現在柑芦会大阪支部ゴルフ実行委員会委員。趣味は、ゴルフ、旅行、園芸(ガ-デニング)など。

1.テ-マ:「17年間のドイツ駐在と物つくり日本-それを支えた商社マン活動-」
1.進め方:18:30-19:30 講師講話
      19:30-20:30(または21:00 まで)食事しながら質疑応答、懇談、交流。
1.会費 :1500円(お弁当、ドリンク付き)
1.申込み、問い合わせ:電話又はファックスは Tel 06-6941-4986/Fax 06-6947-7925
      E-mailの場合は下欄に名前ご記入のうえ osaka@kourokai-comあてに
   以上
    (参加氏名) (   期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

11月度イキイキ人生塾

2006年11月8日(水)開催)
講師:山東啓作氏(大13期)
           参加者23名

「遺言と相続―こんな人は遺言を!-」

今回は、堺簡易裁判所民事調停委員、同司法委員をされております山東啓作さん(大13期)に
遺言の概略と「この様な人には遺言の作成をお勧めします。」という内容でお話しいただきました。
ほとんどの人にとっては相続は避けては通れないイベントであることから皆さんの関心も高かったようです。


Ⅰ 相続の概略 
 ① 法定相続人:配偶者は常に相続人です。その他に、子(1位)、直系尊属(2位)、
兄弟(3位)の最上位の人です。
 ② 法定相続分:各相続人の権利の割合で、誰が相続人の構成によって各人の割合も変わりますので
注意してください。
 ③ 相続の承認と放棄:相続は被相続人の債権債務を引き継ぐ事ですので、債務(借金)の方が
多い場合は放棄することも考えましょう。3ヶ月間以内に決めて下さい。
 ④ 非常に重要な事「遺留分」:遺留分が認められている相続人には法定相続分の半分が遺留分として
認められています。これは非常に強い権利だそうです。

Ⅱ 遺言
 遺言は被相続人の意思を伝える為の大切な文書です。
 特に
   ①子供のいない夫婦
   ②再婚で前配偶者との間に子供がいる夫婦
   ③事業を後継者に引き継いで行かせたい場合
   ④全財産を特定の人に相続させたい人
   ⑤相続人以外の人に遺贈したい場合
   ⑥財産を団体に寄付や社会貢献に活用したい場合など、
    の場合は作成すると良いと言う事です。  

 遺言を作成するにあたっては、
   ①内容は簡潔に明確にする。
   ②配偶者の生活を考えた内容にする。
   ③遺留分に配慮する。
   ④判断力があるうちに作成する。
   ⑤遺言書の保管者と執行者を決めておく。
   ⑥公正証書で作成するとより良い
   などの事を留意すると良いと言う事です。

 遺言を作成するにあたっては相続人達の心情も考える事が大切で、例えば財産を継がない人
(継ぐ必要のない人)にも、「○×には遺産無し!」と書くと心情的な問題の原因になったりするそうです。
 遺言には色々な要件がありますし、もし遺言書を見つけたら裁判所で検認してもらう必要があります。
 まずは、専門家の人に相談する必要があると感じました。

 今回は関心のあるお話をしていただき、山東さん、本日は本当にありがとうございました。

文責:大井信寛(院32期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「産官学交流イベント」のご案内

平成18年11月7日
柑芦会大阪支部会員各位
  柑芦会大阪支部
              支部長 萩平 勲
              青年後援会実行委員長 小柴学司

      求人活動に有効!
         「産官学交流イベント」のご案内
 
関西にある大学の学生有志が優秀な学生と企業を結びつける為のイベントを企画しています。
詳しくは下記の通りですので、興味のある方はご参加下さい。
本件に関しては小田学長から柑芦会へ協力要請がありましたので、皆さまにご案内致します。

イベント名: 「産官学交流イベント」
主催: 就職活動支援団体One-Up(関西の学生有志による組織です)(代表は和歌山大学院生古家君です)
日時: 11月26日(日) 13:30~16:30(13:00から受付開始)
場所: 新大阪ワシントンホテルプラザ2階
参加者: 社会人150人  学生250人
参加費: 社会人3500円 学生500円

会の内容
当日参加する学生と社会人との交流会で、意欲的な学生の採用活動の場として利用可能です。
詳しくは http://www12.atwiki.jp/one-up/pages/31.html でご確認下さい。

参加申込及びお問い合わせは下記へお問い合わせ下さい。
  就職活動支援団体One-Up 代表 和歌山大学大学院 古家(こげ)由也
  090-6750-3703
  koge0308koge8@yahoo.co.jp
HPは http://www12.atwiki.jp/one-up/
                               以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第3回青年講演会のご案内

柑芦会会員の皆様
                           柑芦会大阪支部
                           支 部 長   萩平 勲
                           実行委員長  小柴学司

      第3回青年講演会のご案内

すっかり秋らしくなって参りましたが、皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し
上げます。
さて、この度、和歌山大学大学祭期間中に和歌山大学にて現役学生と共同で青年講演
会を開催させていただくことになりました。

テーマは、現役学生へのアンケートの結果、圧倒的多数の希望により「職業」となり
ました。
今回の受講者は主に学生になりますが、パネラー以外にも多くの柑芦会員にご参加い
ただき現役学生の就職に関する悩みの相談に乗っていただければと思います。

下記の通り開催致しますので、ご出席下さいますようご案内申し上げます。



【日時】  11月10日(金)15:00~16:00(その後、個別相談会)
【場所】  基礎教育棟G103
【テーマ】 「 働くって何?!」

和歌山大学を卒業して、社会で活躍している先輩や就職活動を終えた先輩が
会社を選ぶ基準、どのような人材を必要としているのか等、本音のパネルディスカッ
ションを行います。
その後に、学生が興味を持っている職種の人とミーティングしていただきます。


コーディネーター  小柴 学司  公認会計士 税理士(39期)
    パネラー   菓 英一   アリコジャパン    (46期)
            藤原 崇志  毎日新聞社     (51期)
            西口 奈那  大阪トヨペット    (54期)
            赤塚 信之  大学院システム工学研究科(6期)
                     東芝セラミックス株式会社 内定
               《後援》 経済学部キャリアデザインオフィス
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/