中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成19年10月度「研究わくわく人生塾」のご案内


                            平成19年9月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長 中井健夫
                                    研究わくわく人生塾長 渡邊豊

           平成19年10月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
          観光地の創造と想像力
             
               -近代期における南紀白浜温泉を事例として-
                 
                                           

      残暑の候、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
      10月度の研究わくわく人生塾は観光学科准教授の神田孝治先生にお願いいたしました。
      先生は、地理学と文化研究が専門であり、近代日本における観光空間の生産をめぐる文化地理学
      的研究を行われています。また、国立歴史民族博物館の共同研究員をされたり、文化や空間に注
      目した歴史的な視点で観光振興のアドバイスもされております。
      南紀白浜温泉という観光地の創造に関する興味深い事例をご紹介いただきながら、観光学科での
      最近の話題もいろいろとお聞かせ頂けます。
                   
     観光学科シリーズの第2段になりますが、観光やまちづくりなどに興味のある皆様やビジネスに
      何らかのヒントを探されている皆様にも是非ご参加頂ければと思います。
                          


                      記

1、日時  10月2日(火)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)

3、講師  神田孝治(かんだこうじ)先生(和歌山大学経済学部観光学科准教授)
      博士(文学)(大阪市立大学)

4、内容  18:30-19:30 観光地の創造と想像力
             
               -近代期における南紀白浜温泉を事例として-
                      

      近代期における産業革命の進展にともない、近代観光が誕生して観光地が創り出されて
      いきました。この観光地の創造には、人々の夢や欲望が投影された地理的な想像力が関
      係しており、それは近代という時代に特徴的なものでありました。
      本講義では、このような近代期における観光地の創造と地理的な想像力の関係性につい
      て、空間や文化の問題に注目しながら、南紀白浜温泉を事例にして検討いたします。
          

      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                  以上


      

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

8月度ビジネスマン人生塾のご報告

日時8月27日 講師:林 恵造
「小さな新聞社のドタバタ劇」

今回は株式会社ダイセンで繊維業界紙の記者としてご活躍されました林恵造様(10期)
にお話いただきました。

繊維業界といいますと・・・、一般的な認識では斜陽産業、絶滅危機産業というイ
メージがあるようですが、実は超ハイテク産業なんです。軽くて丈夫でな産業資材と
して航空産業で、医療の現場で、水の浄化にと多方面で繊維は利用されています。そ
して日本の繊維産業は世界の最先端にあるそうです。

繊維には、綿花・麻・竹などの植物系、羊・カシミヤ・キトサンなどの動物系、ポリ
エステル・アクリル・ナイロンなどの合成繊維、そして最先端技術の新合繊がありま
す。技術が進んでいて、何からでも繊維がとれるそうです。

繊維産業は、(素材部門-紡績部門-織布部門-染色加工部門-縫製部門-流通・小
売)と横断的な多層構造になっており、部門間の情報収集が不可欠で、業界紙も数多
く存在します。

繊維産業は日本の産業の歴史ともいうべき道のりを歩んでいます。
1949~1961年 紡績の急成長期、アメリカ向けに輸出が急増、経済摩擦に
1961~1973年 重化学工業化に合わせて合成繊維産業が急成長
1973~1985年 国内の人件費が高騰、韓国などの成長により競争力低下
1985~1997年 新合繊に代表されるように、高付加価値原糸の開発
1997~       製品輸入の急増、繊維産業の規模縮小
            ハイテク産業に特化し、世界に供給
繊維産業の歴史を見てきた林さんのお考えは
①日本は製造業がしっかりしないとよくならない。
②技術革新で高技術分野に特化し、国内で生産することで製造業を守らないといけな
い。
ということです。

林さんは「アジアの繊維」という雑誌の韓国担当になったことから、独学でハングル
を勉強され身につけられました。繊維業界でのご経験と、このときに身に付けたハン
グル語で今も仕事の依頼が多くお忙しいようです。
林さん曰く「小さな新聞社」では、今のようにメールなどの通信手段がなかったこと
もありドタバタ続きだったようですが
「人生何が起こるかわかりません。失敗しても、挫折しても、くさらず、へこたれ
ず、前に進むことが大事なことだと思います。」
ということでした。

文責:菓 英一(46期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第18回柑芦会親睦ゴルフ大会のご案内

 恒例の秋のゴルフ大会を下記のとおり開催いたします。
賑やかな大会にしたいと思っていますので、和歌山方面など
多数の親しい方達にも呼びかけて下さい。
同期会などのダブルコンペの併催も大歓迎です。
                  柑芦会 大阪支部
                  支部長 萩平 勲
             ゴルフ実行委員長 平井 穰
           記
日時:  平成19年10月26日(金) 8:30集合
場所:  大阪ゴルフクラブ
      大阪府泉南郡岬町深日31
       (みさき公園駅よりクラブバスあり)
        TEL  0724-92-2011
費用: プレーフィ \ 12,000 (柑芦会特別料金)
           (キャディ付, 昼食代別)
会費: \ 3,000- (懇親会・賞金代など)

      申込期限   10月10日(水)

参加申込みは 下記 大阪支部 事務スタッフ、金子まで
ご連絡下さい。
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

8月度起業家・専門家人生塾のご報告

今回は、「仏壇屋さんをとりまく状況と今後の展開」というテーマで浜垣法眞堂の濱垣吉宣さん(会員外)にお話いただきました。



仏壇は、今の時代売れているのか?という質問については、

10年前と比較すると、死亡人口が増え仏壇の販売本数は増加しているが、仏壇の市場規模は縮小傾向にあるそうです。
それは、海外からの輸入、仏壇を取り扱う販売店の増加による価格競争の激化。大きい仏壇より小さい仏壇が好まれるようになったからだそうです。

仏壇は、その家の誰かが亡くなった時、不幸ごとがあった時に購入するものという考え方があります。しかし、本来はご先祖様をお祀りするものだから、家族が元気な時に購入しても構わない。また、自分が出世するのはご先祖様のお陰であると、自分の出世に応じて仏壇を大きいものに買い替えていく「出世仏壇」という考え方もあるそうです。仏壇は、ご先祖様のお家を建てるということなので、不幸ごとではなくお祝いごとになるそうです。ちなみに、仏壇の納品は大安にされるそうです。

仏壇は、昔は家の中心的存在だったそうですが、今は大型のプラズマTVがその中心にあるのではないではないでしょうか。また、知らず知らずに継承されてきた仏事の知識が、近所付き合いの希薄化や核家族化により薄らいできているのではないではないでしょうか。自分の宗派を知らないし、仏事には興味がないという方もおられる。宗教観や先祖供養感が少し薄らいできているのではないではないでしょうか。そのような現状に対して、仏教業界に携わる者として心を痛められているそうです。

仏壇販売を花に例えるならば、葉や茎は商品である仏壇や仏具、それを扱う店舗や仏壇販売業者。根は仏壇を購入しようとするお客様の心、ご先祖様を大切に思う気持ちになるそうです。根は地面の下に隠れているので目には見えませんが、そこが大切な部分であり、そこを大切にしていかないと綺麗な花は咲かないとのことです。

よって、今後の展開として、この根の部分である「お客様の心」の部分をどう開拓し、掘り起こしていくかが仏壇販売の鍵になると考えられているとのこと。仏事を形式的なものとして捉えるのではなく、その行為にどのような意味があるのかを伝えていきたい。分からないことがあったら、「濱ちゃんに聞けばいい!!」と言ってもらえるような関係をお客様と築いていきたい。仏教界とお客様を結ぶ接着剤になれるよう地道にコツコツやっていきたいと展望を話されました。

今回、お話をさせていただきましたのは実は、私の主人です。

仏壇屋の行く先はどうなるのか一番不安に感じ、実情はどうなのかを知りたかったのは、私だったのかも知れません。今回、話を聞いて少しはその不安も解消されたかな!?と感じています。貴重な機会を与えて下さった柑芦会の皆様、また、敬遠されがちな題目にも関わらずご出席、アドバイスくださいました15名の会員の皆様、本当にありがとうございました。

(文責:42期 濱垣美希)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

9月度イキイキ人生塾のご案内

                                   平成19年8月2日
柑芦会会員各位                           
                                   柑芦会大阪支部
                                   人生塾実行委員長 中井健夫
                                イキイキ人生塾塾長 吉川博司

  9月度イキイキ人生塾「今、注目の飛鳥時代ー前期難波宮を中心としてー」のご案内

拝啓、暑い日が続く毎日ですが。皆様にはお変わりございませんか?
今回のイキイキ人生塾では柑芦会館から200メートルと離れていない難波宮を中心とした
飛鳥時代のお話を大学10期、西田征弘さんにお願いしております。
難波宮は1360年前にほんの一時ではありますが、大阪で都が作られ、後の藤原宮・
平城宮の先駆的な規模であったことが近時の発掘で分かってきました。
昨年9月には難波宮跡で日本最古の万葉仮名文の木簡出土など今、世間から熱く
注目されております。
大阪や近郊にお住まいの会員の皆様、身近にある難波宮に思いをはせ、その存在意義を
再認識する絶好の機会です。時間のやりくりをつけてのご参加をお待ち申し上げております。

                     (記)
1、日時  9月13日(木) 18:30-21:00
2、場所  柑芦会大阪支部会館  06-6941-4986
     地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町 207号
       (玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、題名 「今、注目の飛鳥時代ー前期難波宮を中心としてー」
4、講師 西田征弘(大10期)  福知山市出身
      昭和37年 和歌山大学経済学部卒業、協和銀行(現りそな銀行)入行
      箕面、和歌山、目白、天六支店長など歴任
      昭和63年 トラスコ中山(株)常勤監査役就任、平成15年 退任
      その後、関西大学文学部で聴講生として3年間、主に人麻呂の万葉集を学ぶ
      趣味:遺跡めぐり、カラオケ
5、講義の内容
     日本書記、万葉集、難波宮発掘の歴史などにもとずき、難波宮の造営、立地・規模、
     意義(遣隋使・遣唐使・遣新羅使などの出航基地など)、大化改新をはじめ政治の
     変遷、その後の飛鳥時代の流れ他。
     日本最古の木簡の歴史的な意義についてもお話いただきます。
6、進め方 18:30-19:30 講義
        19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
7、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
8、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986   FAX 06-6947-7925   
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com
   支部事務局 金子まで                      以上

       参加氏名 :              (    期) 
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/