中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

10月研究わくわく人生塾のご報告

2007年10月2日(火)18時30分から21時

          観光地の創造と想像力
             
               -近代期における南紀白浜温泉を事例として-                    
             
          
講師: 神田孝治(かんだこうじ)先生(和歌山大学経済学部観光学科准教授)
       博士(文学)(大阪市立大学)

参加者16名

和歌山大学経済学部観光学科開講記念の研究わくわく人生塾の第二弾が本日行われました。
神田准教授は、観光空間の生産過程と地理的想像力の関係性を、近代日本の事例を中心に研究されて
います。
三重大学から大阪市立大学大学院に進まれ、 鈴鹿国際大学専任講師を経て、この春から和歌山大学
に着任されました。
近代観光地がどうして出来てきたのかを、観光の時間と空間にポイントを置いて説明してくださいま
した。



お話の要旨
  (1)観光地研究の視点
    近代的な観光を、「時間」的側面と「空間」的側面から捉える。
「時間」的側面・・・産業革命による工業化の中で労働時間が決定され、その結果として余暇時間が
          誕生した。この余暇の過ごし方として、集団での観光が社会的に推奨されるよ
          うになった。

「空間」的側面・・・

1)近代都市が発達し、都市との関連において観光地が成立するようになった。
2)資本主義の発達に伴い運輸・通信技術が向上して時間と空間が圧縮され、観光地までのアクセスが
  容易になると同時に、エキゾティックな異国のような人々の欲望が投影された心象地理が形成され
  て観光の動機となっていった。
 3)観光地の特徴として、観光客の日常との「差異」がある。しかしながら、観光地には観光客にとっ
  ての日常性も必要であり、結果としてそこは「半日常」の両義的な空間が形成されることになる。

  (2)観光地の創造と想像力の関係性-南紀白浜温泉を事例としてー

   1)近代的開発前史
  南紀白浜温泉は、古代から牟婁の温湯などとして知られた歴史ある温泉地であり、日本三古湯にも数
  えられている。江戸期には紀州藩の直轄地であったため都市的な文化も流入して栄え、明治中期には
  海上交通の発達に伴い大阪からの旅客も増加し、湯温泉として知られるようになった。
  しかしながら、温泉が自然湧出したのは江戸時代における鉛山村(かなやまむら)だけであり、隣村
  の瀬戸村は地形の関係から温泉が湧出せずに半農半漁の寒村であった。そのため、この両村は温泉の
  権利をめぐって激しく対立しており、明治22年に瀬戸鉛山村となってからもそうした関係は続いてい
  た。

   2)白浜温泉の誕生
  以上の地域内における対立を背景として、大正8年に御坊出身の小竹岩楠が設立した白良浜土地建物会
  社(以下、白浜土地と略す)が旧瀬戸村地域に参入して、近代的リゾート開発を開始した。白浜温泉
  という名称は、瀬戸村地域の景勝地であった白良浜の略称として南海電車が普及させたもので、大正
  12年からは白浜土地も「白浜」を社名に掲げている。その後、昭和4年の白浜への天皇行幸、そして
  昭和8年の駅名「白浜口」の決定を小竹が実現したことで白浜の名前が定着し、昭和15年には湯側の
  村長によって白浜町という町名が決定された。このように、白浜温泉および白浜という地名は、近代的
  開発により新たに創られたものであった。
  白浜は、昭和10年段階で、宿泊約15万人、日帰り約25万人の旅客を集めるほどの人気を集めていた。
  この背景には、白浜の喚起した白さのイメージがあった。当時東洋のマンチェスターと呼ばれていた
  大阪との対比などの背景から、観光客が白さに憧れていたのである。またこの地は近代的な洋風の
  イメージも喚起しており、それは、ドイツ人が開発した青島海水浴場を参考に大正10年に本多静六がつ
  くった土地開発計画や、白浜土地が創設した洋風の諸施設によってもたらされていた。
  このような洋風のイメージは特にアメリカの心象と結びついており、近代的なボーリングにより白浜が
  ニューヨークとつながったというエッセイが記されたり、白浜からアメリカが見えるということでそこ
  が自殺の名所になったりしていた。
 
   3)南紀白浜温泉の成立
  昭和8年に鉄道が到達した頃から、都市と同じような空間を作り出してしまうことや自然破壊をもたらす
  ということで、近代的開発が非難されるようになり、洋風を喚起するようなイメージ創りには限界が生
  じはじめていた。すなわち、観光客にとってのある程度の日常的な利便性が提供されると、今度は都市性
  を喚起するのとは異なる新たな差異化が求められるようになったのである。
  このような状況において、一つは伝統への回帰が生じていた。武田五一主導のもと、白浜の別荘建築は
  洋風建築ではなく、伝統的な和風建築が建設されるようになった。しかしながらこの伝統への回帰よりも
  注目されたのが、健康、女性、豊かさ、といったイメージと結びつけた南国イメージの喚起であった。
  鉄道到達以降、熱帯植物の植樹や熱帯動植物園の設立などの白浜の南国地化が進行し、鉄道会社によって
  南紀楽園などの宣伝がなされるようになった。そのため、昭和10年頃からこの地は南紀白浜温泉と呼ばれ
  るようになった。

私の所感
  (1)神田先生は、地理学が専門で観光学科では唯一の人文科学系の先生だそうです。観光学は学際的です。
     社会科学系の多い和歌山大学にとっては貴重で期待しています。
  (2)座談のなかで観光学科についての話題が提供されました。
       1)本年新入生を80名迎え、女子が約8割である。
        学生は、非常に元気があり、夏休み中も実習を行うなど、大忙しとのことである。
    2)観光経営コースと地域再生コースの2コースがある。来年は「観光学部」となり本年度の新入生は
     「観光学部」の第1期生となる。
    3)観光学部の卒業生は、経済学部の卒業生と同じ柑芦会へ入っていただくよう大学側に要請している旨、
     神原幹事長から紹介がありました。

  (3)ホームページの観光学科の紹介ページに「国際競争力のある日本の観光と地域再生を担う人材の育成」
     とあります。
     国においても、2007年1月から観光立国推進基本法が施行されました。また和歌山は白浜はじめ、
     吉野熊野、高野山など観光資源に恵まれています。
 
     参加者より、事例を持って学問の成果を挙げられるよう熱いエールが送られました。
                                                以上
報告者:浦 義弘(17期)



昭和8年12月に阪和電鉄の白浜口の駅ができ、大阪から白浜が3時間で結ばれた。
昭和10年前後には宿泊15万人、日帰り25万人で賑わった白浜の名称や地域の変化を知ると共に、現在の
「南紀白浜」という名称が定着するまでの逸話をいろいろと教えて頂き、新しい発見のひとときでした。
身体的癒しから、精神的な癒しという温泉の効用に、適当な距離も重要な要素になるなど、何年経っても、人間
の本質や社会の本質はほとんど変わらない事を実感する時間だった気がします。
「温故知新」がこれからの観光を考えるキーワードなのかも知れませんね。

これからの観光で、中国人や海外の観光客への対応などのあり方の質問に対しても講師から所見を頂きました。

白浜に今年も4泊し、その再生過程に非常に関心を持っている会員からは、講義の内容が過去の歴史的分析だった
ので、現状と将来への展望についても講師から伺いたかったという声もありました。
しかしながら、講師の専門とする地理学では、研究とは過去もしくは現在の分析をするものであり、未来予測のよ
うなことをするのは研究者として不誠実であるということからご回答頂けませんでした。
今後大学としても、純粋な研究からプランナー的で利益に結びつくものを求めている流れもあるようで、講師も
いろいろ大変ではと同情させられました。

神田先生、直前まで授業でお忙しいところ人生塾のために興味深い歴史的資料とレジュメをご準備いただき、楽しい
講義を本当にありがとうございました。

著書: 『文化地理学ガイダンス―あたりまえを読み解く三段活用,ナカニシヤ出版, 2006.(共著)



   『「観光のまなざし」の転回』,春風社, 2004.(共著)
   『ツーリズムの文化研究』,京都精華大学創造研究所, 2001.(共著)

文責:塾長 渡邊 豊(33期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

柑芦会大阪支部 親睦ゴルフ大会

「柑芦会大阪支部 親睦ゴルフ大会」
予定通り、10月26日(金)「大阪ゴルフクラブ」にて開催した。
岬町付近での交通事故のため渋滞となり、30分遅れでスタートした。みんなも
ヤキモキしていたが、何とか雨も止み好コンディションでスタートした。
然し 昼前から突然の雷雨に見舞われ、暫く待機の結果残念ながらノーゲームと
なった。
入浴後 懇親会のみ開催し、和気あいあいのなかで楽しく親睦の実をあげること
が出来たのは何よりであった。
パーティでは、平井実行委員長から自分の不徳のせいで春・秋共にコンペが成立
せず、今年は一度もまともに本会が出来なかったことをお詫びした。
引き続き 昨年当ゴルフ場でホールインワンされた藤原会長よりの寄贈パターを
披露し次回への持越しを発表した。ついで 当実行委員会の総意により藤原会長
のますますのご健勝を祈る為と今一度のホールインワンを期待して、予備費より
ロイヤルゼリーをお祝いとして贈呈した。

最後に 萩平支部長から、経済講演会の案内等支部活動への今後共の協力依頼を
兼ねて挨拶し散会した。
なお 参加者数は、41名であった。
     (文責 平井穰)


中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

10月度起業家・専門家人生塾のご報告

日時:10月11日(木)
参加人数:13名


今回は、「マスコミビジネスと上手な付き合い方」というテーマで、ひびき証券㈱にて企業支援を担当されている高田栄治さん(会員外)にお話いただきました。

高田さんがマスコミと付き合うようになったきっかけは、学生時代に新聞配達で芸能人を担当してからで、その後、色々なつながりでマスコミ業界との関係を広げられていったとのことです。


顧客からの紹介がきっかけで新聞社とのつながりができ他の顧客を取材してもらったり、FM尼崎に女性起業家32名をゲストとして紹介しトーク番組を運営されたり、番組で顧客を紹介していただいたり・・・

ちなみに、放送局の番組枠をとっている「ブッキング屋」と呼ばれるコーディネーターがいるそうです。その人達が、プロダクションが抱えているタレントを放送局に売り込んで出演メンバーの決定をするそうです。ですから、この「ブッキング屋」と呼ばれる人が鍵になるそうです。


仮に、お金を出して取材して紹介してもらおうとするとものすごい額になるでしょうから、無償でPRしてもらえるのはすごいことかも知れません。ただ、会員の中から、編集によって自分の意図したところと違う形になって紹介される場合があるとの意見もありました。

その点が難しいところかも知れませんね。


どのようにマスコミと上手に付き合っていったらいいのか。これといった柱のある取材協力(タイアップ)の企画があり、お互いの利益になることを心掛ければ、チャンスは様々あるそうです。

例えば、新聞の投稿欄に記事を投稿してみるとか、テレビ局に取材を依頼してみるとか(夕方のローカル番組が狙い目とのこと)

今後は、インターネット番組が今後増加していくのではとのお話でした。


余談ですが、柑芦会がテレビに取り上げられたら素敵だなぁと思いました。

本日は、どうもありがとうございました。


(文責:42期 濱垣 美希)

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

9月度イキイキ人生塾のご報告

人生塾 9月13日

テーマ:今、注目の飛鳥時代
        - 前期難波宮を中心として -

講師:西田 征弘(にしだ ゆきひろ) 大学10期 福知山市出身
        昭和37年 和歌山大学経済学部卒業、協和銀行(現在のりそな銀行)入行
        同行で、箕面、和歌山、目白、天六支店長等を歴任
        昭和63年 トラスコ中山(株)常勤監査役に就任
        平成15年 同社常勤監査役を退任
        その後、関西大学文学部で聴講生として3年間、主に人麻呂の万葉集を学ぶ。
        趣味 遺跡めぐり、カラオケ


お話の要旨
  (1)乙巳の変(645年)で、女帝の皇極天皇が退位し、孝徳天皇が即位。同時に都を
     飛鳥から難波に移し「難波長柄豊碕宮」を開く。これが難波宮(前期)である。
     しかし653年、先の天皇皇極・皇族・官僚が飛鳥に移ってしまい、翌654年
     孝徳天皇は難波宮でひとりさびしく亡くなった。この間、難波宮はわずか9年であ
     った。

  (2)ところが、何故孝徳帝が難波に都を遷したか理由が定かでない。日本書紀にも都が
     あったという事実の記述のみでその理由が明らかにされたいないのである。

  (3)当時の難波は、大和政権の外港として中国や朝鮮半島との交易の玄関口で、難波に
     遷都されたことは、その孝徳帝の政治姿勢を明確にしていると西田さんは指摘する。
     孝徳帝は、大化の改新の詔、中国・朝鮮との活発な交流、七色十三階冠位の制定等
     乙巳の変後の改革=大化の改新を実行し、開明的であったのだろう。

     それにも拘らず、乙巳の変の実行者で孝徳帝の皇太子である中大兄皇子の進言によ
     り、前述のとおり先の天皇皇極・皇族・官僚がこぞって飛鳥に戻ってしまう。

  (4)この辺に、孝徳帝と中大兄皇子や中臣鎌足らとの微妙な関係がみられる。西田さんは
     「あまりにも急進的で、海外の向かって開放的な施策が中大兄皇子初め、多くの官人
     に受け入れられなかったため」であるとその理由を述べられている。むしろ渡来人達
     (高向玄理ら)の提言によって都の建設や政治がなされたのではないかと指摘されて
     いる。

  (5)この大化の改新については、門脇悌二先生らの大化の改新否定論があるように、単な
     る蘇我入鹿に対する「殺人事件」があっただけで「改新」などという政治改革など
     なかったと言う人達がいる。
     これに対しても、西田さんは上述のような孝徳帝の政治を高く評価しているのである。

  (6)また、昨年9月に万葉仮名で「はるくさのはじめのとし」とよめる木簡が出土したが、
     通説では700年頃(持統帝)万葉仮名が作られたというが、650年頃の難波宮で
     発見されたことから、万葉仮名がつくられた年代が50年ほど遡られることが明らか
     になった。これは、万葉集を研究された西田さんにとっては自分の思いと合致し大変
     うれしかったようです。

私の所感
  (1)難波宮は大化の改新前後の政治と密接な関係があり、当時の政治情勢を解く上で重要
     なポイントであるような気がする。
     そのような点から見ると、難波宮はもう少し注目されてもいいように思います。

  (2)また、大和朝廷というと奈良飛鳥が中心であるが平城京が出来るまでは都や転々とした
     ことを考えると新たな視点が見えるかもしれない。

     思いつくまま列記しても以下のとおりです。
        645年 難波宮(前期)(孝徳天皇)
        655年 飛鳥岡本宮  (斉明天皇)
        726年 後期難波宮  (聖武天皇)
        745年 紫香楽宮
        784年 長岡京    (桓武天皇)

  (3)大阪にも、こんなに歴史上重要な史跡があることを改めて認識しました。
     未だに国家の成立過程が不明確な我が国です。私も少しは興味を持っているほうなので
     時間を見つけては史跡や文献をあたってみたいと思います。

     西田さん大変有難うございました。

           当日の参加人員:19名


                                          以上
文責  浦 義弘
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成19年11月度「研究わくわく人生塾」のご案内

                            平成19年10月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長  中井健夫
                                    研究わくわく人生塾長 渡邊豊

           平成19年11月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
          森林レクリエーションと地域再生
   
      秋冷の候、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
      11月度の研究わくわく人生塾は観光学科准教授の大浦由美先生にお願いいたしました。
      先生は、農学の中でも林学が専門であり、「国有林野における森林レクリエーション事
      業と地域社会」で学位論文を出されております。
      今年から新設された、経済学部の観光学科でも大人気の先生です。
      和歌山の有力な観光資源である森林レクリエーションにスポットを当てていただき、
      地域再生の事例紹介をいただくと共に様々な課題をお聞かせ頂きます。
                         
     またまた人気の女性講師の登場ですが、観光学科も圧倒的に女性の志願者が多いです。
      森林や地域再生に興味のある多くの女性会員にもご参加頂ければと思います。
                          


                      記

1、日時  11月28日(水)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)

3、講師  大浦由美(おおうらゆみ)先生(和歌山大学経済学部観光学科准教授)
         博士(農学)(名古屋大学)

4、内容  18:30-19:30 森林レクリエーションと地域再生
                                                  
森林浴や登山,スキー,キャンプなどの森林レクリエーション活動は,私たちにとって
身近な余暇活動のひとつです。こうした活動を受け入れる施設は,中山間地域を中心に
数多く設置されており,観光産業の場として重要な位置を占めています。
しかし,現在は施設の老朽化や特にスキー産業の凋落など,地域の"お荷物"になってし
まっている事例も少なくありません。こうした森林レクリエーションをめぐる動向を紹
介し,地域再生に向けた課題を考えてみたいと思います。
                
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                  以上


      

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

11月度イキイキ人生塾「手軽なヨガでイキイキライフを!」のご案内

                                 平成19年10月9日
柑芦会会員各位                           
                            柑芦会大阪支部
                            人生塾実行委員長 中井健夫
                            イキイキ人生塾塾長 吉川博司

  11月度イキイキ人生塾「手軽なヨガでイキイキライフを!」のご案内

拝啓、秋本番!会員の皆様にはお変わりございませんか?
今回のイキイキ人生塾では心身の総合的改善・向上を目指して経済学部10期卆の喜多宏
さんに平成17年に引き続き、ヨガ・パートⅡとして、ヨガ講座の講師をお願いしました。
私たちの生命力をイキイキと活性化するヨガの要点とは?、そして、出来れば、日常生活の中で
無理なく実践できるような実技も、事情が許す範囲で取り入れれてもらうよう計画しました。
メタポリック・シンドロームが心配な方、ダイエットをしたいと思っておられる方、健康に関心
のある方など・・絶好のチャンスです。 思い切って、人生塾ヨガ教室に参加しませんか!
会員の皆様方の健康増進のための参加をお待ち申し上げております。

                     (記)
1、日時  11月9日(金) 18:30-21:00
2、場所  柑芦会大阪支部会館  06-6941-4986
     地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ ロイヤルタワー大阪谷町 207号
       (玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)
3、題名 「手軽なヨガでイキイキライフを!」
4、講師 喜多宏(大10期)
      徳島市出身,70才、伊丹市在住、
昭和37年和歌山大学卆、同年三菱電機入社。
      1980年健康対策でヨガを始める。当初2年間ヨガ道場で導師の指導下で本格的
      に修行。以来、沖ヨガ系道場にて実技の探求を続けつつ、今日も日々実践を工夫。
      62歳で定年退職後、花園大学仏教学科で5年間、ヨガに関連したインド哲学及び
      インド仏教などを勉学、その後も研究会等に参加、心技両面の研鑽を続けている。
      現在、「イキイキライフ・ヨガ」を主宰。
      ゼミ:小野ゼミ、  趣味:クラシック音楽鑑賞。オーディオいじり。庭いじり。
5、講義の内容
     生命力を文字通りイキイキと活性化するヨガの要点を説明戴き、日常生活の中でも
     無理なく実践できるような実技も事情が許す範囲で実施。
 あわせて、仏教やインド思想の形成にヨガがどのように関わっているかも言及予定。
(当日は軽い運動の出来る服装。バスタオル、手ぬぐい(汗かきの方)を持参ください)
6、進め方 18:30- 20:00 講義と軽い実践
        20:00-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流
7、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)
8、申し込み、問い合わせ
  *TEL06-6941-4986   FAX 06-6947-7925   
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com
   支部事務局 金子まで                      以上

       参加氏名 :              (    期) 
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/