中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)  階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート!

11月度研究わくわく人生塾のご報告

2007年11月28日(水)18時30分から21時

          森林レクリエーションと地域再生
      
講師: 大浦 由美(おおうら ゆみ)先生(和歌山大学経済学部観光学科准教授)
       
プロフィール:信州大学で林業経済学(農学修士)、名古屋大学で地域資源学(農学博士)
       その後名古屋大学助手・大学院講師をへて2007年4月より和歌山大学経済学部
       観光学科准教授。
       専門は森林・林業政策、森林資源利用論。
       大学での授業科目は、森林レクリエーション論、森林資源利用論、観光入門、
                 地域農林業研究(大学院)の4講座。
参加者22名


          

 本年度の研究わくわく人生塾は観光学科の先生による5回シリーズで実施しています。今回
は第3弾で、観光政策上重要な位置を占める「森林」によるレクリエーションにスポットを当
ててお話を頂きました。

(Ⅰ)観光(=Tourism)と森林の関係について

   (1)観光の定義は、「人が日常生活圏を離れ、再び戻る予定でレクリエーション(身
      体的・精神的な再生)を求めて移動すること」とすると、森林地域におけるレク
      リエーシション機能を追求することは観光政策上大変大きな位置を占めることに
      なるのである。

   (2)とくに現在の日本では、本来の林業としての営みができる森林づくりが困難とな
      っている以上、森林を観光産業の場として利用し、都市生活者のレクリエーショ
      ンに役立てることが農山村側から見ての「持続可能な森林業の確立」につながり
      地域再生になることになるのである。

(Ⅱ)当日の内容は、以下の3点です。

   (1)わが国の森林レクリエーションの歴史
      ①戦前は森林の「保護・管理」に留まっていた。
      ②森林レク事業の始まりは、「国設スキー場制度」(1959年)である。
      ③1960年代は第一次レク開発ブームで、ゴルフ場建設ラッシュ、無秩序な開
       発が行われ、社会問題となる。
       その後1970年代にレクリエーション整備をすすめるべきとの答申がなされ、
       「自然休養林制度(1968年)」「レクリエーションの森制度(1973年)
        」が発足し森林の公益的機能を重視した政策が行われるようになった。
      ④1980年代にかけてバブル期を迎え「民活型大規模リゾート開発ブーム」が
       起こったが、そのほとんどがゴルフ場・スキー場・ホテルの3点セットであっ
       たためその結果自然破壊もすすんだ。
      ⑤しかし1990年代にはバブルが崩壊し、ほとんどが需要を超えた開発だった
       ため「赤字」となり、レク施設の経営が破綻状態になっていった。

   (2)近年の新しい試み
      ①レク経営が苦しくなるなか、ニーズの面でもスポーツ・レジャー型レクの利用
       が激減する一方で「森林探勝・森林浴・体験型」等の新しい需要が起こり、森
       林レクにおいて新たな試みがなされるようになった。
      ②それは、従来の「レク施設単独利用型」から「都市と農村との交流・協働・環
       境保全型」へと転換されるようなったことである。
       これは農林業の衰退、限界集落等の問題を抱える農山村側と環境問題、ストレ
       ス社会等を抱える都市市民側とが、双方の交流・協働を通じこれら諸問題を打
       開しようというものである。
      ③このようなことからエコツーリズム/グリーンツーリズムが起こり、また森林
       浴から森林セラピーへの動きが見られるようになった。具体的には「健康保養
       の森」指定(1998年)、森林セラピー基地公募・認定(2005年)、ロ
       ングトレイル(遊歩道)整備等が行われた。

   (3)今後どのような方向を目指すべきか
      ①このような取組は、現在のところ行政先行であるが、今後は基礎研究の充実、
       人材の育成、地域の幅広い産業との連携を行い、一過性に終わることのないよ
       うしなければならない。
      ②そして「交流・協働・環境保全」をキーワードに、森林レクを森林・地域再生
       に不可欠な地場産業として育成していくことである。

(Ⅲ)まとめ
    (1)大学のホームページをみると大浦先生の研究テーマは「豊かな森林を育む社会
       経済システムの実証的研究」となっています。このテーマは自然資源豊かな和
       歌山を背景とする和大の観光学科としても適切でかつ重要であると感じます。
       今後は社会連携を深め、地域に根ざした研究を続けると述べておられます。
       大いに期待したいものだと思います。

    (2)当日の新聞(11月28日付各紙)で、小田学長の「来年度の観光学部発足」
       の記者発表の記事が掲載されたこともあり、参加者から観光学科に対する期待
       の声が多く出ました。
         
    (3)地域再生は、今や全国的な最重要課題です。地域再生の情報発信が和歌山から
       なされ、全国すべての自治体が卒業生の就職先になるよう願っております。

報告者:浦 義弘(大学17期)
                  
                                        以上
     


中部地区での国有林の研究が中心だった講師が、国有林のほとんど無い和歌山に赴任され戸惑いながらも熱心に活動
されている姿が心強く感じられました。
農水省も世界的な温暖化や環境問題の後押しもあり、本腰を入れ国有林の間伐と国産材の活用に動き出そうとしてい
ます。私有林の多い和歌山でも観光学部の新設を契機に講師が中心になり地域再生の新しい和歌山モデルを作り、森
林所有者を巻き込んだ地域資源の掘り起こしなど、セラピーを取り入れた裾野の広い観光振興への期待の声が上がっ
ておりました。
地域振興に産官学と我々柑芦会の知恵を融合して大きな波を起こして欲しいとともに、是非とも協力させて頂きたい
と思いました。
森林とリゾート法(ゴルフ場開発など)での環境破壊が山の保水力と川や海に大きく影響すると共に、人工林の針葉
樹の管理の大切さや里山での広葉樹の保全の必要性を実感したひと時でした。
そして、身体的、精神的な再生であるRecreationとは基本的人権であるということを再認識させて頂きました。
大浦先生、出張などでお忙しいところ人生塾のために興味深い研究資料とレジュメをご準備いただき、楽しい講義を
本当にありがとうございました。

参考: 『森林セラピー基地マップ』(社)国土緑化推進機構
   http://forest-therapy.jp/modules/tinyd00/index.php?id=2

文責:塾長 渡邊 豊(33期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)  階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート!

和大生のカフェ「With」大盛況!

「わかやまヒューマンカレッジ・アフターの会」(和大生有志の会;責任者:足立基浩准教授)が取り組むカフェ「With」が大変話題になっています。
この企画は、一昨年(2005年)から「わかやまの底力・市民提案実施事業」の一環として、期間限定のオープンカフェの運営などを行ってきました。              
本年はぶらくり丁内の旧靴店舗を借り受け「店舗型カフェ」を初めてオープンしました。9月29日から来年(08年)1月27日までの、毎週金、土、日曜に営業しています。地元名産のしらすと紀州梅を使った「しらすご飯」などのメニューは好評です。
また、イベント会場として、バンド演奏、フラメンコダンス、小学生のハンドベル演奏など、更に2階はギャラリーとして、市民の写真、絵画等の作品の発表の場を提供し、ぶらくり丁の賑わいに貢献しています。
特筆すべきは、この企画はビジネスプラン「レンタルコミュニテイカフェ」として、関西ニュービジネス協議会主催の2007年度「学生ニュービジネスプレゼン府県別対抗戦」で優勝の栄を飾っています。
柑芦会員の皆様は、一度是非お訪ねください。
カフェ「With」の詳細は以下にアクセスしてください。
  http://cafede.michikusa.jp/
(文責 松本健)
http://www.kourokai.com/phot2/with/024.JPG
http://www.kourokai.com/phot2/with/024.JPG
http://www.kourokai.com/phot2/with/024.JPG
http://www.kourokai.com/phot2/with/024.JPG
http://www.kourokai.com/phot2/with/024.JPG
http://www.kourokai.com/phot2/with/024.JPG
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)  階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート!

12月度ビジネスマン人生塾のご報告

12月11日(火) ビジネスマン人生塾
『中小企業のもの作りの実態と支援』
講師 松下 隆 (40期)

今回の人生塾は、大阪府立産業開発研究所の松下隆様(40期)に中小企業の実態や
支援策のお話をしていただきました。
大阪府の活性化という視点で、大阪支部の我々としてはたいへん興味深いものでした。

大阪府は製造品出荷額の全国シェアを6%占めますがそのシェアは低下の傾向にあり
ます。府内の企業の99%を中小企業が占めており、中小企業が経営革新を図り、付
加価値を得ようと努力することが求められています。
松下さんは、そうした中小企業の経営革新の支援をされておられます。今回は、他社
との差別化に成功している中小企業の例を写真や動画を交えて紹介していただきました。
ユーザーのニーズを直接収集し、細かい仕様に答える努力。積極的な投資で、精度の
高い難加工の技術を強みとする努力。小さくても存在感のある中小企業の姿に、ビジ
ネスチャンスはまだまだいろんなところにあるのではと勇気づけられました。

松下さんは「商場は変わる」「人の集まるところに動けばいい」ともおっしゃられています。
コスト削減で大企業の工場が地方に移り、中小の下請けがついて行く。本社機能が大
阪を離れ、情報の集まる首都圏に移る。
グローバルな視点と、大阪府の活性化という視点が交錯するようなお話にもなり、も
の作りの将来を考えさせられました。

松下さん、本日は具体的な例や資料を使いながら、わかりやすくお話いただきまして
本当にありがとうございました。

文責:菓 英一(46期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)  階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート!

「学生ニュービジネスプレゼン府県対抗戦」の優勝報告

「学生ニュービジネスプレゼン府県対抗戦」の優勝報告  和歌山大学生のカフェWith  12/15(土)、12/16(日)イベントのご案内



中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)  階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート!

平成20年1月度「研究わくわく人生塾」のご案内


                            平成19年12月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長  中井健夫
                                    研究わくわく人生塾長 渡邊豊

           平成20年1月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
          カントリーライフ(田舎暮らし)のすすめ
   
      師走の候、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
      新年第一弾の研究わくわく人生塾は経済学科教授の橋本卓爾先生にお願いいたしました。
      先生は、全国各地の地域活性化、とくに農山村の活性化について豊富な知識を持ち、
      アグリビジネスにも造詣が深いとのことです。
      限界集落の問題で都市と農村の健全な共存関係が崩れだしている時代です。
      そんな中で、田舎暮らしを将来やってみたいと思われている方には必見の内容です。
      来年から正式に新設される観光学部でも地域再生学が注目されております。
      和歌山の有力な資源であるカントリーライフ(田舎暮らし)にスポットを当てていただき、
      新しい生活様式であるカントリーライフのこれからのあり方について事例紹介をいただく
      と共に様々な取り組みをお聞かせ頂きます。
                         
     観光学部が新設され、お祝いの講義にも相応しい内容です。
      田舎暮らしに少しでも関心のある会員の皆様のご参加お待ちしております。
      
                          


                      記

1、日時  1月18日(金)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)

3、講師  橋本卓爾(はしもとたくじ)先生(和歌山大学経済学部教授)
      大阪市立大学大学院経済学研究科博士課程終了・農学博士

4、内容  18:30-19:30 カントリーライフ(田舎暮らし)のすすめ
                                                  
      
いま、カントリーライフがちょっとしたブームになっている。しかし、
カントリーライフはブームで終わらせてはならない。
食料・農業・資源・エネルギー・環境問題等がますます深刻化しつつある21世紀
において都市的生活様式や大量生産・消費・廃棄社会の見直しが求められている。
カントリーライフはこれから追求すべき新しい生活様式である。
  上記のような観点を中心に講義をして頂きます。


                
      19:30-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                  以上


      

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)  階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート!

12月度 起業家・専門家人生塾のご報告

12月3日、「株式上場における留意事項」というテーマで、公認会計士の中村文子さん(会員外)
にお話しいただきました。

(講演内容)
Ⅰ 株式上場のメリット・デメリット及び公開市場の種類、特徴
Ⅱ 上場へ向けての会社がクリアすべき経営課題について
Ⅲ 株式上場を相続対策として実施する際の留意事項について
Ⅳ 株式上場までの費用・人員・予算について

中村さんは、同志社大学商学部を卒業後、公認会計士試験に合格され、あずさ監査法
人にて法定監査業務に2年間従事、その後、中小監査法人にて法定監査業務に携わり、
公開準備業務支援に3年間従事した後、中村文子公認会計士事務所として独立開業さ
れました。
現在、監査法人から株式上場準備の請負、コンサルティング会社からのJ-SOX支援業
務や会計実務相談の請負等を行っているということです。
株式公開といえば聞こえはいいですが、割り切ってキャピタルゲインを目的とする上
場ならともかく、相続対策などの小手先手段として上場するというのはいかがなものか、
とのお話でした。
また、上場するには、監査法人や主幹証券会社の選択で色々大きく変わってくるそう
です。

費用も多額になるため、結局は上場希望の1%くらいしか実現しないとのことです。
やっぱり厳しいですね!


                        (文責:木村之保 40期)
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/fm/

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/