中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

ビジネス人生塾 :大阪・河内に育った同族企業チョーヤ梅酒

ビジネス人生塾 (2009年10月29日(木)開催)
講師:金銅重弘さん(大27期)
           参加者26名

テーマ 『大阪・河内に育った同族企業』

今回は、テレビCMでおなじみのチョーヤ梅酒㈱社長の金銅重弘さん(大27期)に
チョーヤ梅酒の歴史と同族企業ならでは良い点悪い点についてお話をしていただきま
した。
DSCN1623.jpg

金銅さんは5代目社長(社長歴2年)ですが、創業者の祖父は、ブドウ作りの百姓か
らワイン造りを始められたそうです。
戦時中、ワインは軍需産業という位置づけで業績が良かったが、戦後は安いワインに
押され徐々に業績が下がっていきました。
創業者が60歳でフランスのボルドーに引退旅行に行った際、自社のワインの価格の
4分の1の価格でワインが売られていたのを見てワインからの撤退を決断されたとのことです。
その後、昭和33年に始めて梅を漬け込んで、もう50年になります。
梅酒メーカーは、現在350社ほどあるそうで、チョーヤ梅酒は約50%のシェアだ
そうです。



同族会社を経営してきた教訓は、「もめるといけない」とのことです。
同族だと最初は議論していてもだんだんケンカになっていくとのことで、もめ始める
と業績は落ちていくとのことでした。

最近の好きな梅酒の飲み方は、JIN割りとのことです。
因みにJINの中に入っているハーブが肝機能を高めるそうです。

売上は、現在140億円ほどですが、将来の目標として、銀座に環境を考慮した工場
を作りたいとのことで
そのために売上を15倍に増やしたいと事業意欲旺盛な姿は、さすがでした。

金銅社長!どうもありがとうございました。

DSCN1621.jpg

                                文責:小柴学司(大39期)

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「柑芦会大阪支部 第22回親睦ゴルフ大会」報告

「柑芦会大阪支部 第22回親睦ゴルフ大会」報告

平成21年10月28日(水)泉南カンツリークラブに於いて、大阪支部親睦ゴルフ大会が
行われました。当日は朝方は霜降芝濡れている状態でしたが、陽が昇るにつれベストを脱ぐ絶好の
秋晴れの中参加者44名で楽しい一日を過ごしました。
大会優勝者は浦嶋廣安氏(大10)グロス85ネット69.4でした。今回は大阪支部長萩平ベスグロ賞が
グラントシニア部(大10以上)打垣内尚雄81・シニア部(大11以下)松尾浩一89各氏に贈られました。
来年春季開催の打ち合わせは11月5日(木)に実行委員会を行います。

            柑芦会大阪支部 ゴルフ実行委員長 松尾浩一
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成21年11月度「研究わくわく人生塾」のご案内


                            平成21年10月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長   浦 義弘
                                    研究わくわく人生塾長 渡邊 豊

           平成21年11月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
       
           「地球温暖化問題の経済学――天野明弘著『排出取引』
                     中公新書2009年刊を読んで」


                
       秋冷の候、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
      猛威を振るいつつあるインフルエンザの対策にもご注意してお過ごし下さい。
      
      今回は、経済学科教授の大橋 迪男(おおはし みちお)先生にお願いいたしました。
      情報化社会とエコロジーが研究テーマで、今の時代に最適です。
      先生は富山県礪波市生まれで、伝統的産業と近代的産業の共存共栄に基づく21世紀の
      和歌山県経済について関心を持っておられます。
      
      地球温暖化で新たな取り組みや産業が創造される中、注目の排出取引に関して
      最新のお話を伺える絶好の機会です。
      環境会計に取り組む企業会員や金融関係者ばかりでなく、環境に関心のある多くの
      会員の参加と意見交換を楽しみにしております。
      是非、お越し下さい。
      
                          
                      記

1、日時  11月30日(月)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)


3、講師  大橋 迪男(おおはし みちお)和歌山大学経済学部経済学科教授
      
      農学修士:京都大学大学院農学研究科
     


4、内容  18:30-19:40 「地球温暖化問題の経済学――天野明弘著『排出取引』
                           中公新書2009年刊を読んで」
                  

                  排出取引制度が市場経済メカニズムのデザインの援用
                  なのであるがそれ故に固有の問題点もはらむことを
                  認識すること
                                

             
      19:45-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                 
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

『ポスト株主資本主義』研究会に参加して」

2009年9月29日(火)18時30分から21時

テーマ:「ポスト株主資本主義時代の日本的経営
          ― 『ポスト株主資本主義』研究会に参加して」


講 師:国立大学法人和歌山大学経済学部ビジネスマネジメント学科教授
    吉村典久先生

参加者16名


講師略歴
   学習院大学経済学部卒業
   神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了
   94年、和歌山大学経済学部に赴任

昨年秋のリーマンショック後の経済危機の中で、これまでの株主重視の経営が見直されるとともに、
新しい経営理念に対する模索が始まっている時でもあり、まさにタイムリーな企画であった。
kouro-yosimura 002


講義内容

日本の今後の企業経営のあり方を考えようということで、経産省と経団連が音頭を取ってシンクタンク
として設立された(財)企業活力研究所での研究会に参加した。この研究会では、基本的に金融企業を
研究の対象から除外し、製造業を中心にした経営について考えていくことにしている。

歴史的に見ると、バブル崩壊によって“日本型経営”といわれる終身雇用をベースに、研究開発を重視
した経営方式が行き詰まった。収益構造の改善のため、過剰雇用、過剰設備の処理が迫られ、新たな
経営戦略が模索された。
一方、市場原理をベースに経営改革を進めた米国の方式が「高収益を挙げている」ということで注目された。
さらに、経済のグローバル化とともに、米国などからの資本投資も活発になり、株主へのリターンを重視
した経営が求められるようになった。しかし、米国発の深刻な金融危機が世界経済を一撃、日本でも米国
型の株主重視の経営についての反省の声が高まり、新しい経営理念の構築が求められている。

ここで、改めて企業とは何かを考えることが重要となっている。90年代からは米国型経営方式を取り入れる
企業が増加したが、その考え方は「第一に株主が利益を得る」という“株主用具観”であった。
しかし、「企業は社会の公器」(松下幸之助)であり、企業は株主だけでなく従業員や納入業者や販売業者、
地域社会など多様な利害関係者に支えられ、成り立っているともいえる。
「いつ収益が回収できるのか分からないのに多目的に投資をしているから収益が上がらない」と、バブル
崩壊時期に批判された考え方も、「新規事業を立ち上げるための種をまいている」ともいえる。

米国の製造業は短期的な収益を重視するあまりに、必要な設備投資さえ行わなかったために国際競争力を
低下させていった。
今治造船はあの不況期に果敢に設備投資を行ったことが、今の元気の源となっている。

日本企業の良さである“高い品質の商品、サービス”を提供し、競争力を高める上で欠かせないのは
“人材の育成”である。使い捨ての非正規労働者が増え、社会問題となっているが、人材の育成という課題
と非正規労働者の受け入れとは相反する。

日本電産では従業員に整理整頓を徹底させ、職場の掃除をきっちりとさせていることが、高品質の商品を
生産できる源とされている。これについては今後、もっと学問的に研究することが必要だが、日本企業の
競争力は日本独特の制度や文化によって支えられてきたことを自覚すべきだ。

さらに、新たな観点からの株式の持ち合いも必要だ。90年代の危機の中で“株式の持ち合い解消”が進められ
たが、それが投資ファンドなどにつけ込まれ、一部の企業では経営の混乱を招いた原因とされている。
同時に、従業員が経営をチェックできるように、従業員の持ち株制度を充実させることも必要だろう。
また、1株に1議決権といったこれまでの株主総会のあり方も再検討されるべき時期に来ている。


質疑応答

(Q) 日本独特の制度や文化をベースとすべきだということですが、グローバル時代に、グローバルに資金
   を導入する必要があるのではないでしょうか。
(A) グローバルに資金を導入する必要はある。ただし、資金の出し手の多様性に、もっと注目すべきでは
   なかろうか。米国の投資家と欧州のそれでは、企業経営に対する考え方が異なる。短期的なリターン
   を得る目的でグローバルに資金が動いているが、そうした資金の導入については警戒を要するのでは
ないかと思う。

(Q) 金融資本の力が強く、製造業がつぶされる可能性もある。それをどう規制するかも課題だと考えるのですが
(A) グローバル金融企業の短期的な株式の所有というものを規制する必要がある。

(Q) 日本企業をどう定義するかですが、技術優位企業もグローバルな競争の中で競争力を失っていくことも
考えられる。太陽電池では日本企業はビッグスリーに入っていない。
(A) いくつかの企業が過当競争しているという現実もみなければならない。統制経済ではないが、世界市場で
勝っていくためには互いに強調し、優位産業を創っていく努力が必要だ。

(Q) 自由貿易の中では、日本の論理だけで生き残るのは難しいのではないでしょうか。
(A) 長期的な、マクロの観点からは分析すべき課題はあると考える。しかし、中期的なスパンでは日本経済
を荒廃させた株主中心の経営ではなく、人材を大事にする経営を柱にすべきだと考える。

以上

報告:林 恵造(10期)
kouro-yosimura 006


今回、吉村先生が参加された、研究会のメンバーは以下の通りで、素晴らしい報告書も提出された。
我が母校の先生がこの委員としてご活躍されたことは、誇りである。

「ポスト株主資本主義」研究会の主要メンバー(発足08年8月)

<議長>
加護野忠男 (神戸大学大学院経営学研究科教授)
中谷巌   (三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 理事長)

<委員>
小島明     (社団法人日本経済研究センター 特別顧問)
瀧澤弘和 (多摩大学 グローバルスタディーズ学部准教授)
藤本隆宏 (東京大学大学院経済学研究科教授)
舩橋晴雄 (シリウス・インスティテュート株式会社 代表取締役)
吉田耕作 (ジョイ・オブ・ワーク推進協会理事長、カリフォルニア州立大学名誉教授)
吉村典久     (和歌山大学経済学部 ビジネスマネジメント学科 教授)

今回の提言の大きなポイントは、

1.現状評価
      ・米国型グローバル経営とは何だったのか
      ・日本企業による米国型追従を批判?

2.これからの日本企業はどうあるべきか
(1)日本企業の競争力は、日本独特の制度や文化によって支えられてきた
(2)経済社会システムについても日本独自のあり方を模索する必要がある
(3)日本企業は長期エンゲージメントと多元的ガバナンスを核とした組織であるべき
   ①日本企業のガバナンス
    ・基本的な会社観―「株主用具観」からの脱却、多元的な会社観へ
    ・短期的な視点からの脱却、J-SOX(コンプライアンス制度)や四半期決算制度の見直し
    ・長期的成長戦略を担保する長期安定的保有株主を求めて
    *新たな姿の「持ち合い」、新たな姿の「従業員持ち株制度」、日本版複数議決権制度の導入
   ②日本企業の人材と技術
    ・人材
    *正規・非正規社員間格差への対応、成果主義の見直し、組織内のコミュニティでたたえ合う仕掛け
    ・技術
    *擦り合わせ型技術をベースとする、製品アーキテクチャーのポジショニングで競争優位を、長期スパン
     の研究開発と社外のとの連携、企業間コンソーシアムを通じた競争力の発展・向上、産業育成に関する
     政策面でのバックアップ
                                                です。
会場からは、
金融資本や産業資本、流通資本の立場での議論の違いやコンサルタントと実務面の温度差、日本の生産技術
などの技術者にもスポットライトを当てた研究活動も是非行って欲しいとの意見も出ました。

吉村先生、大変お忙しいところ人生塾のために興味深い資料やスライドをご準備いただき、興味深い講義
を本当にありがとうございました。
これからの研究活動にも多いに期待しております。

著書:『部長の経営学 (ちくま新書)』ちくま新書版 2008年          
日本の企業統治―神話と実態 (日本の“現代”)』NTT出版 2007年
取引制度から読みとく現代企業 (有斐閣アルマ)』(共著)有斐閣アルマ 2008年
1からの経営学』(共編著)中央経済社 2006年
   『コーポレート・ガバナンスの経営学』(共著)有斐閣、近刊




アマゾンで探す


「ミドルが経営を変える」との連載をされております。
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/kw/middlelayer.html

文責:塾長 渡邊 豊(33期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

10月イキイキ人生塾講演:新しいマルクス像

                                  平成21年10月18日
10月イキイキ人生塾講演議事録

「老大学院生体験記----新しいマルクス像」
今回の講演は、7期中野嘉彦様にお願いし開催いたしました。
はじめは、著書の内容からして、正直相当難解なお話になるだろうと思っていました。
ところが、学生時代からの回想を辿りながら、本論「マルクスの株式会社論と未来社会」そして、食事しながらの質疑応答、結びは、まさに民主党政権を誕生させた日本とこれからの世界の行く末にまで、話が弾みました。以下エポックメイキングな部分を紹介いたします。

①私の来し方、生き方
大学2年生の時に浅野先生主催の資本論研究会に参加したことが、マルクスとの最初の出会い、さらに小野先生のゼミに入って、その思想に深く傾倒した。
それは、「自然と共生し、人間を愛する」マルクス思想であり、私を今日まで支え続けてきた、バックボーンがこのお二人の先生との出会いで出来た。
卒業後、三洋電機株式会社に入社、営業本部に配属され、九州地区を振り出しに、近畿、中部などの家電販売会社、クレジット部門などの、支店経営を任され、その面白さを体験、本社に戻って三洋電機クレジット株式会社の上場企画に参画、これを、東証一部上場まで漕ぎ着けられた。
その中で益々経営の面白さを知ったと言う。述懐されるに、企業の中であっても、やはりご自身「人間を愛する、」思想がバックボーンになっており。経営の苦しい時もリストラはしなかった。むしろ、社員は、意気に感じて、働いてくれたと。

②大学院生活体験記
会社役員を退任して、京都大学経済学部の聴講生となり翌年、大学院経済研究科を受験。運よく合格、入学式では合格した子息の父兄と間違われる笑えぬお話しもあり、大学院生時代、再びマルクスを研究。
ソビエト崩壊以後マルクス思想への疑問を、マルクス思想の淵源である,ルソーからヘーゲルを経てスミス、ミルと辿りなおし、ようやく多面的なマルクス像を掴みなおし10年間の研究成果を一冊の本として出版した。

③新しいマルクス像「マイルドマルクス」。
世間で知られている革命家マルクスとは別の資本主義をある面では評価するマルクス。
特に株式会社の中には株主でなければ利益を分配しない民主主義が込められており、労働者が自由に協同アソシエーションして改善、技術革新もする。
これらが未来社会に活かせる鍵となると予言するマルクス。
今回出版された書籍「「マルクスの株式会社論と未来社会」をもとに、きわめて平易に分かり易く解説頂いた。


④結び
  冒頭から、派手な語り口でなく、それでいて終始飽きさせない語り口に、皆さんから揃って、「ええ話やったなあ」と言う声があがりました。
参加者の皆さんにも学生時代齧った「人間マルクス」心の中に蘇ったのではないでしょうか。
膨大な読書量と学生時代の勉学、実社会の企業の最前線でのご経験、さらなる大学院修士課程での専門のご研鑽、そして、325ページに及ぶ大著作出版、現在も大学院聴講生として、勉学を続けておられる中野様には、ただただ敬服の思いで一杯になりました。長時間のご講演ありがとうございました。
追記
  蛇足ですが、中野様の恩師小野先生は、この春、「君、二冊目の準備は、はじめているか」の言葉を残して、黄泉の国に旅立たれたそうです。
(文責)
 14期 吉川 博司
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

11月度イキイキ人生塾のご案内


                          平成21年10月吉日
柑芦会会員各位                          
                                 人生塾実行委員長  浦 義弘
                                 イキイキ人生塾長   吉川博司

              11月度イキイキ人生塾のご案内
       『少子高齢社会に生きる。
              ―救急医療の課題、教育現場の問題点等について』

 拝啓 秋冷の候、会員の皆様にはますますご健勝のことと存じます。
 今回は、大学17期で元大阪市役所の辻尾 脩氏に少子高齢社会における、救急医療
の課題、教育現場の問題点等について語っていただきます。
 同氏は、昭和45年に大阪市役所に入られ、監査事務局で大阪市全般の監査業務に
従事、介護保険、児童福祉等の福祉行政に携わるとともに、島屋ビジネスインキュベータ、
アジア太平洋トレードセンター等で中小企業の活性化に尽力し、大阪市救急医療事業団
を最後に平成17年3月退職。同年辻尾法務行政書士事務所を開設するとともに、個別
指導・家庭教師の「進学の希望」を運営し、将来を担う子供のための教育事業に携わって
おられます。
 救急医療、ご子息、お孫さん等の教育、いずれも自分たちに身近な問題です。大阪市の
行政にかかわった視点、教育事業に携わっている視点から行政の裏側、私立中・高等学校
に入学する秘訣等についてもふれていただきます。
 是非皆様のご参加をお待ち申し上げます。
                                                敬具

                    記
1、日時  11月11日(水)   18:30~20:50

2、場所  柑芦会大阪支部会館  06-6941-4986
       地下鉄谷町線 谷町4丁目下車、7号出口すぐ
       ロイヤルタワー 大阪谷町 207号
      (玄関で「207」、「呼び出し」を押してください)

3、題名 『少子高齢社会に生きる。
              ―救急医療の課題、教育現場の問題点等について』

4、講師 辻尾 脩(大17期)
       昭和44年3月 和歌山大学 経済学部卒
       昭和45年4月 大阪市役所 奉職
                 監査事務局、健康福祉局、福島区役所
                 島屋ビジネスインキュベータ
                 アジア太平洋トレードセンター ほか
       平成17年3月 大阪市救急医療事業団を最後に退職
       平成17年6月 辻尾行政書士事務所開設
                 個別指導・家庭教師の「進学の希望」経営
                                  現在に至る。
       石外ゼミ、大阪府立天王寺高校、大阪府出身

 5、お話しの内容
     ①救急医療の課題
     ②教育現場における問題点
     ③その他

6、進め方    
     18:30-19:30 お話し
     19:30-20:50 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

7、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

8、申し込み、問い合わせ
  *TEL 06-6941-4986   FAX 06-6947-7925
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com
   参加氏名 :              (    期)

                                 以上
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/