中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「 第4回 支部総会実行委員会 議事録」

「 第4回 支部総会実行委員会 議事録」
6月23日(水) 幹事20名出席で開催 以下を検討し決定する。
1.役割分担(敬称略)
○席決め……山田(8)松本(14)西本(23)本多(17)  6/29
○事前準備(名札、資料袋詰など 7/1)
 大道(8)山田(8)青柳(16)見方(16)浦(17)本多(17)穂永(17)藤野(19)事務局
○受付
   1班(来賓、他支部、大学関係)……
       西本(23)渡邉(23)菓(46)本庄(46)石塚
   2班(高商・1期~7期)
      佐部田(8)松尾(6)堀田(6)
   3班(8期~10期)
      今井(8)平井(10)松本(10)
   4班(11期~20期)
      吉川(14)奥山(15)穂永(17)藤野(19)
   5班(21期以降)
      井口(21)佐野(27)小柴(39)
 
2.参加者数のチェックと動員
○ 6月23日現在の参加者数(会員)……172名
         (大学関係者)…… 30名
                 計202名
目標の250名には足らないので最後の追い込みを計る。
各期毎に個別アタックの展開を!……

3.その他
 同期会や歓送会の開催日は極力総会日に近い日を避けて頂くよう各幹事や立案者に申し込んでいく。
   ……動員に支障あり。 
                                 以上   組織委員会より
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

6月度ビジネス人生塾のご報告

6月度ビジネス人生塾のご報告
講師:武田かおりさん(会員外)   参加者13名
テーマ「新時代の働き方」~テレワークのススメ~

今回は、日本テレワーク協会の武田かおりさんに新時代の働き方としてのテレワークについて、お話しをお伺いしました。
社会保険労務士でもある武田さんは、テレワーク専門相談員というおもしろい肩書きを持ち、テレワークの普及に尽力されています。
h220614 004
※ 武田さんはテーマには関係ないですが、最初に「3つのお願い」として、
1.大きな拍手をする。(ツボが刺激される)
2.頷きながら聞く。(若返り効果がある)
3.笑顔で聞く。
の3点を提案され盛り上げていただきました。

テレワークとは、「情報通信技術を活用することにより本来働くべき場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」の事です。
テレワークとして、よく勘違いされるものとして、電話よるセールス(テレホンアポイントメント(テレアポ))などがありますが全く違うものです。

テレワークは、
1.就業形態 
2.勤務場所 
3.勤務頻度
の3つの切り口で分類されます。
週8時間以上テレワークする人を集計するとテレワ-ク人口は2008年には1000万人(就業人口比率15%)に達しています。

テレワーク歴史はアメリカでは1970年代、日本でも1980年代から始まっております。
実は和歌山大学経済学部名誉教授の小島先生が、テレワークの研究に関しては著名な先駆者で長年の功績に対して日本テレワーク学会特別賞が授与されております。

小島先生のテレワークに関する代表著書です。
「少子化時代の多様で柔軟な働き方の創出」
ワークライフバランス実現のテレワーク
出版社: 学文社 (2007/10)
ISBN-10: 4762017132
ISBN-13: 978-4762017131
発売日: 2007/10


テレワークの効果として以下があります。

◎就業者にとっての効果
1.ワークバランスの向上
2.業務の生産性・効率の向上

◎企業経営にとっての効果
1.優秀な人材の確保
2.生産性の向上
3.社員の意識改革
4.災害時の事業継続性の確保

◎社会にとっての効果
1.環境負荷の軽減
2.就業人口の減少の緩和
3.雇用創出

各企業でも「社員の意識変革」、「育児・介護の両立」、「事業展開」など、様々な目的によりテレワークの導入が進んでいます。各社がテレワーク導入に際して社員全員への周知、特に中間管理職の理解が重要であると武田さんは指摘されています。

なお、日本テレワーク協会はテレワークの普及促進活動を行っており、会員企業の募集も行ってます。
詳しくは、 http://www.japan-telework.or.jp/ を参照してください。

今回の人生塾には、会員外にも関わらず以前お話いただいた講師の方も参加されるなど、人生塾も色々な人が参加いただける様になりました。
文責:大井信寛(院32期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

和歌山大学宇宙教育研究所ではやぶさカプセルの帰還ライブ中継

この記事に気づいた時が、ちょうど終わった時間だったのでライブは見られなかった・・・残念!!

http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/news/news20100613.html

上記ホームページの
「ネットでの録画映像はこちら」・・・を見ても今現在はよく分からない・・・。

現地で撮影した高画質映像でなら、今もご覧いただけます。wmv形式推奨

はやぶさカプセルの帰還映像:wmv形式


短い映像ですが、感動は伝わってきます。

追記
youtubeにもアップされましたので、真ん中のボタンをクリックして、直接ご覧ください。




                        26期広報委員 塩谷
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

大阪支部総会実行委員会(第2回) 議事録

     大阪支部総会実行委員会(第2回) 議事録
6月10日(木)に支部総会に向けて第2回の実行委員会が開かれました。
青柳支部長を始め委員17名が参加し、具体的な内容を検討。

○浦幹事長より実施要領書の説明後、各役割分担を決定。
司会,受付け、テーブルの配置、名札等もれのない準備活動をチェック、確認する。

○参加者数のチェック……6/10現在で約130名。
 まだまだ目標数には足りない。
 各期毎に参加人員をチェックした上、期毎幹事を中心に参加要請を強化することを申し合わせる。

○次回は6月23日(水)PM.6:30より、柑芦会大阪事務所にて。
 実行委員、期毎幹事のより多い結集を募っていく。

                                組織委員長 本多康重(17期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

イキイキ人生塾「イスラムの世界」を聞いて

イキイキ人生塾「イスラムの世界」を聞いて
平成22年6月4日
14期 吉川博司
今回は、海外駐在歴10年余り、出張で訪れた国100か国に及び、現在もなお海外を飛び回っておられる、7期岩井定敬様に「イスラムの世界」について語っていただいた。
P1010127.jpg

始るにあたり、ガラスのケースに入れられた「中東の砂漠の砂」が、参加者に回され、資料で中東の地図が配布されると、なにやら「アラビアンナイトの世界」に包まれた雰囲気になりました。

それをさらに、現在の中東の現実に対面させられたのは、持参されたアルバム、やパンフレットから、石油産出国の壮大なる建築施設の数々と、格差があるとは言え、社会福祉の整った豊な国というおはなしでした。

近年、我々は、イスラムは、原理主義は、過激派は、テロリスは、人類共通の敵と言う図式に短絡的に洗脳されている感があります。
今や、世界の宗教人口の中で、イスラム教は、13億人いると言われ、年々増加しているそうで、この宗教は、全て神様のお導きにより(インシャラー)物事が進む考え方のようです。
また、今日まで、世界中に遺した功績は数々あり、例を挙げれば、、、我々が、当たり前に書き計算に使用している算用数字、6000年前のイスラム料理の流れが今日のフランス料理の根源を成していること、月の満ち欠けからの暦の作成等など、人類への貢献は、枚挙に暇がありません。

以上、岩井様が、商社丸紅のアラブ首長国連邦駐在時代(1983~1987)の体験とその後のご経験を語って頂いた要旨をまとまりなく連ねました。

岩井様が、駐在当時現地で体験した中東情勢と、極東の島国日本での感覚の落差に大いに途惑われた日々が、ひしひしと伝わってまいりました。
「イスラム世界の影だけでなく光」を詳しく実例を挙げて、教えてていただいた思いで一杯です。貴重なお話ありがとうございました。
P1010124.jpg
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成22年7月度「研究わくわく人生塾」のご案内

                            平成22年6月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長   浦 義弘
                            研究わくわく人生塾長 渡邊 豊

           平成22年7月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
          テーマ「英国のパブリック・フットパスとコモンズ」

      初夏の候ですが、皆様方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
      そろそろ梅雨時ですので体調管理にはご注意下さい。
      
      今回は、経済学部副学部長で教授の大泉 英次(おおいずみ えいじ)
      先生にお願いいたしました。
      
      講師には『空間の社会経済学』『地域再生への挑戦』など著書が多数ございます。
      今回は、英国の環境と観光を重点的に満載して日本との比較も多少頂けます。
      会員の方との意見交換も楽しみにされております。是非、お越し下さい。
      
                          
                      記

1、日時  7月14日(水)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)


3、講師  大泉 英次(おおいずみ えいじ)経済学部副学部長(教育研究支援担当)
      
      経済学博士(京都大学)
     


4、内容  18:30-19:40

                 「英国のパブリック・フットパスとコモンズ」
                
                英国のパブリック・フットパスは、環境・景観の保全と観光の振興、
                そして都市と農村との交流の促進をめざすユニークな制度であり、
                長い歴史を持っています。
                これについて写真もまじえて御紹介したいと思います。
 
                                                
      19:45-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)
   
                                          以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

5月度研究わくわく人生塾 『観光と戦略』

2010年5月13日(木)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師:国立大学法人和歌山大学観光学部准教授
    竹林浩志(たけばやしひろし)先生
    修士(商学)関西大学

参加者10名

テーマ:『観光と戦略』

近年、観光に関する議論が盛んに行われています。それらの議論の多くは「観光を戦略的に展開する」こと
を中心においています。では、「観光を戦略的に展開する」とはどのようなことなのでしょうか。
そこにはどのような問題があるのでしょうか。このポイントを教えてもらい、議論しました。

竹林浩志h220513 001k


講義内容

観光とは、「気晴らしや保養のために定住地を離れ、景勝地や名所を訪ねる行為」とされているが、産業と
して見る場合は、交通機関や宿泊設備なども含めた多様な業種が含まれ、それらを組み合わせたシステム的、
複合的な産業として見ていくことが必要だ。
しかし、経営戦略論から見れば、観光産業もその他の一般的な産業も大きな差はない。

獲得すべき目標を設定し、目標を実現するための適切な活動を行うということになる。観光産業では観光資
源の集客力などによって決まるという受け身的な見解もあるが、観光資源の価値を高め、多くの顧客を呼び
込む主体的な取り組みも重要になる。
一般的に言って、個々の企業の目標は利潤の追求にあり、観光産業も同じく利潤の極大化追求にあることは
言うまでもない。同時に、観光協会や地方自治体などとの役割分担も考慮に入れた戦略の選択や実行が求め
られる。

今日、経済の面では国境はなくなり、国内市場と海外市場を区別する意味がなくなりつつある。競争に勝つ
には国際標準的な経営のあり方が求められている。同時に、地域の特性と地域への貢献に配慮したグローカ
リゼーション(グローバリゼーションとローカリゼーションの融合)に基づき、目指すべき方向を定め、戦
略を分析し、実行するということだ。観光産業でも同じである。

産業には登場期、発展期、成熟期、停滞期、そして衰退あるいは回生期というサイクルがあるが、発展期
には外部からの資本参入が活発になり、それが発展のスピードを速める役割を果たす。しかし、外部資本が
増加すると、外部資本が産業の方向を主導する可能性もある。地域の主体性を維持するためには多少は成長
を犠牲にしてでも外部からの資本導入を抑制するという考え方もある。

観光産業においては、関連する業界のコラボレーションが求められる。「個の利益」と「相互の利益」の両
者を追及し、経営をマネージしていくことが必要であろう。


質疑応答

(Q) 観光政策が成功したかどうかは、GDPがどの程度上がるかで評価できるのではないか。また、地域振興
だけに限定せず、関西圏、あるいは日本の観光政策をどうするかを考える必要があるのではないか
(A) 国や地域の観光政策をどのように作り上げていくかということは重要だと考えるが、基本的にはモノ
(観光資源)を売るためにストーリーを描き、ブランドという形で定着させていくことが必要だと思う

(Q) 関西では京都と並んで奈良も観光地と言われるが、集客力に大きな差がある
(A) 宿泊設備のベッド数が少ないことが考えられる。また、地下には歴史的遺産が多く眠っているため、
開発を進められないという制約が多いのではないか
(出席者から、「奈良と京都を一体的に捉え、奈良で観光した後で京都に行き、観光と宿泊を、という
ことになっている」との声も)

(Q) ブラクリ丁の活性化に取り組んでいるが、街がJR和歌山駅から東の方向に大きく発展しているとき、繁
華街が移動するのは避けられない。ブラクリ丁を活性化するには、旧市街地の再開発が必要ではないか
(A) ブラクリ丁に対する取り組みは苦戦していると聞いている。それに旧市街地の再開発問題は私の直接的
   な研究分野ではないです。現状は、紀南各地からの支援要請が多く、観光学部の今の人数では十分に
   対応できていない。

なお、出席者からの意見として、観光資源を「景勝地や名所」として捉えるのではなく、国際的に活躍して
いる企業を含めた「産業」にまで広げる必要があるとの指摘もあった。
                                              以上

報告:林 恵造(10期)

竹林浩志h220513 006k


参加者からは、講師のさまざまな経営戦略の視点に関する質問が相次ぎ、大いに盛り上がった人生塾でした。
和歌山大学観光学部と協定を結んでいる、長野県の飯田市との農家民泊を通しての交流や市長の視点、町民
の視点など、影響を受けたり与えたりする利害関係者についてなど、観光による活性化の本質に少し近づい
た気がします。
滞在型重視のヨーロッパと日本、経営戦略の視点から観光を見て、観光の範囲・運営・マトリックス分析な
どを含めて、使命の確定が大切だと納得し、個人利益と相互利益に文化的要因を絡めて思考して行きたいと
感じました。
竹林浩志先生、大変お忙しいところ人生塾のためにパワーポイントの資料をご準備いただき、分かり易い理
論と解説を本当にありがとうございました。
先生には是非、これからの観光立国を目指す日本と関西、和歌山のために多くの関係者が関わり、観光関連
で潤うことが出来るトータル戦略の策定を、大いに期待しております。

著書・論文:

大橋昭一/竹林浩志著『ホーソン実験の研究 -人間尊重的経営の源流を探る-』2008年、同文舘
ジョン・トライブ著、大橋昭一/渡辺朗/竹林浩志訳『観光経営戦略-戦略策定から実行まで-』2007年
                                     センゲージ・ラーニング


     
文責:研究わくわく人生塾長 渡邊 豊(33期)
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/