中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2010年7月度研究わくわく人生塾『英国のパブリック・フットパスとコモンズ』

2010年7月14日(水)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師:国立大学法人和歌山大学経済学部副学部長
    大泉英次(おおいずみ えいじ)先生
    経済学博士(京都大学)

参加者10名

テーマ:『英国のパブリック・フットパスとコモンズ』

英国のパブリック・フットパスは、環境・景観の保全と観光の振興、そして都市と農村との交流の促進を
めざすユニークな制度であり、長い歴史を持っています。
今回、講師が1週間実際に歩いてこられた風景などを写真もまじえてご紹介いただきました。

H22.714大泉研講師1 005

講義内容

大泉教授の専攻は、経済政策、都市・住宅政策であり、土地制度や金融制度の関係も研究されています。
故平松青山大学法学部教授のガイドで、2003年9月に1週間現地調査をされました。
英国特有の土地制度、そして景観・自然保護と地域活性化との関係について多くの発見があったようです。

1.研究目的として土地政策における公・私・共の関係について考えた

  ・都市と農村の交流
  ・国民のアクセス権の保障と農村の活性化の役割
  ・英国カントリーサイド庁(日本の農水省に相当)でのヒアリングと現地調査

2.コモンズとパブリック・フットパス

  ・コモンズとは、かつての農業中心の共同利用地(入会地)が、住民運動の結果、公園あるいは
   ナショナルトラストの管理地になったもの
  ・パブリックフットパスとは、全ての人々が「歩く権利」を認められた公の歩行道。歩行道周辺
   の自然環境、景観を損なう開発は禁止される
  ・1932年に制定され、今日までに総延長22万5000キロに及ぶ

3.パブリック・フットパスと私有地

  ・大部分は農地や林地の私有地に設定されている
  ・「歩く権利」は他人の土地を利用できる権利とは異なる、公的な権利である

4.写真でのパブリックフットパスのご紹介
  風景写真はそれぞれの画像をクリックしてご覧ください。
  各地のインフォメーションセンターにフットパスを示している地図があり、分かり易い 
  
  ・公園全体がパブリックフットパスのウインブルドンコモンとハムステッドヒース
   (ロンドン郊外)  
   1.jpg
  ・ストウ周辺のパブリックフットパス(中部コッツウォルド地域)
   2.jpg
  ・私有地の芝生が広がるオープンスペースもフットパスになっている
   3.jpg
  ・フットパスの中での標識も様々である
   4.jpg
  ・牧場の中もフットパスだが、柵内で馬などに蹴られても、自己責任とのこと
   5.jpg
  ・フットパスで点在している村々を巡るのも楽しみの1つ
   6.jpg
  ・ステップやゲートは跨ぐや開けるの自由だが、必ず閉めることがマナー
   7.jpg
  ・もちろんナショナルトラストの中にもフットパスはある
   8.jpg
  ・北部山間地域のイーディル周辺のフットパス
   9.jpg
  ・大小様々な湖のある北部湖水地方のケズウィックとウィンダミア湖周辺はホテルも古いが
   味わいがあり泊まるお客様も多いという
   10.jpg
  ・自転車OKの湖畔巡りのフットパスもある
   11.jpg
  ・ピーターラビットの作者の生まれた村(ヒル・トップ)も当時の景観が維持されている
   12.jpg
 
5.パブリック・フットパスの指定

  ・政府機関が作成する道路地図(公道図)により確定される
  ・5年おきに更新される

6.パブリック・フットパスと市民運動

  ・維持拡大を求めて運動する市民団体であるランブラーズ協会は、全英で14万人以上の会員を擁する
  ・官民(カントリーサイド庁とランブラーズ協会)と地主の協力で支えられている

7.パブリック・フットパスと農村政策

  ・地主を説得しつつ、パブリック・フットパスの更新、あらたな指定に取り組む
  ・バイタルビレッジ(農村活性化)政策の重要な一環として位置づけられており、農業・農村の
   多面的役割としての食料生産、環境保全、観光、レクリエーション、教育に役立っている

                                         以上

H22.714大泉研講義風景1 002

参加者からは、私有地にフットパスが設定され、税金・補助金上での優遇もない事を聞いて、イギリスの懐の深さや
土地貴族の誇りを感じた方が多かったです。日本ではなかなか出来ないかも知れません。
大泉英次先生、大雨で大学が休校になり交通機関もマヒし、足元の悪い中ありがとうございました。
パワーポイントの資料もご準備いただき、画像がふんだんでイメージが涌きやすかったと好評でした。
皆でイギリスに行こうという声も聞かれました。
先生には是非、これからの日本での農地や宅地の有効活用として、イギリス体験からのパブリック・フットパ
スを応用した政策提言を大いに期待しております。

著書:『土地と金融の経済学』(1991年)
   『住宅経済の構造変動』(1994年)
   『空間の社会経済学』(2003年)
   『地域再生への挑戦』(2008年)


報告・文責:研究わくわく人生塾長 渡邊 豊(33期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

イキイキ人生塾 (2010年7月21日(水)開催)「仕事をしてきて、今感じていること」

イキイキ人生塾 (2010年7月21日(水)開催)
講師:松島正臣 氏 (大学26期)
           参加者13名

テーマ「仕事をしてきて、今感じていること」

 今回は、和歌山大卒業後、大阪瓦斯(株)に入社され現在、大阪ガス住宅設備株式会社の
代表取締役社長として活躍中の松島正臣さん(大26期)にお話しいただきました。

 まず、大阪瓦斯と営業地域の現状の説明があり、昭和50年と平成21年を比較した
推移は、売上3332億円→8440億円(内、ガス売上1862億円→6643億円)、顧客372万戸→
701万戸となっております。
 LPガス業界との対立や、昔は兼業規制などがあったそうです。
 現在のガス供給消費量は家庭用より工業用が多いという事を聞きました。オール電化が
進むなど、今後は単価が高い家庭用ガスの消費は減る見込みであります。

 その為に大阪瓦斯では、ガス供給事業以外への進めており、海外エネルギーバリュー
チェーン事業(採掘権の売買)、国内エネルギー事業、環境・非エネルギー事業が現在1:
5:2の売上規模であるが、これを将来的には1:2:1にしようとしています。その為
の投資も現在、国内エネルギー事業約94%、環境・非エネルギー事業約6%の割合を、海外
エネルギーバリューチェーン事業約44%、国内エネルギー事業約22%、環境・非エネルギー
事業約34%の割合にしようとしています。

 大阪瓦斯では環境ビジネスとして「エネファーム」と「太陽光発電」の普及を推進して
います。
 まず、「エネファーム」とは、燃料電池コージェネレーションシステムの事で電気化学
反応によって水素と酸素から電気を作り出すシステムの事です。(私は、今までガスを
燃やして動力発電するのだと誤った認識を持っていました。)
 電気化学反応は無害で環境負荷がないシステムです。
 現在、一式約300万円(130万円の補助金出る為、顧客負担は約170万円)ほどで設置でき、
今まで2000台ほど実績があります。将来的には一式80万円ぐらいに抑える事が目標だと
いう事です。
 現在は、新築住宅に対する需要は殆どだという事です。
 「太陽光発電」は、皆さん御存じ通りの屋根に発電パネルを並べるシステムです。
 現在は、問い合わせがあった顧客の内、約1割ぐらいが見積もり出す事ができるそう
です。(屋根の形状、広さ、日照状況などによって、お断りする顧客が多い。)
見積もりを出した顧客の内、約2割が成約工事になるそうです。

松島さんは、仕事に対して心掛けている点として次のように言われました。
 1.いつも先手を打っているか。
 2.いつでも責任を取るという覚悟で仕事を行っているか。
 3.朝令暮改の覚悟を持っているか。
 4.勘(現場力・対応力)を養うまで継続しているか。
 5.売る立場と買う立場が対等であるか。

 松島さんは和歌山大学時代には剣道部でご活躍されていたと言う事で、今回の人生塾には、
剣道部OBの方が多数参加されていました。

文責:大井信寛(院32期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成22年度柑芦会大阪支部総会 反省、慰労会議事録

7月16日(金) 平成22年度柑芦会大阪支部総会 反省、慰労会議事録
         18:30~20.30   大阪支部会館

出席者(敬称略、順不同):
青柳明雄(16)、森俊宏(18)、浦義弘(17)、本多康重(17)、北村修一(18)、
今井通博(8)、山田利明(8)、大道治典(8)、藤野正憲(19)、佐野孝(27)、
金子義明(14)、吉川博司(14)、香川弘(9)、小柴学司(39)、中田陽之(15)、
         野田真之(17)、塩谷昭(26)、穂永千秋(17)  計18名

浦幹事長 :今晩の慰労会開会にあたり、反省点を来年度に生かすべく、実行委員と
して努力いただいた皆様方一人ひとりのご意見を手短に述べていただきたい
と思います。

支部長挨拶
7月4日の大阪支部総会が皆様方のご協力により無事終えることができ感謝申し上げます。
皆様方のご意見が来年に繋がるようなご意見をお願いいたします。
   先ず私の感じた意見は、幹事長報告が冗長だったかな(笑い)

浦 
それではお手許の資料から、当日の来場者は、227名、昨年の195名を上回りましたが、目標の250名には届きませんでした。
時間配分について、スタート午後一時に関し、集合時間、開始時間とも一時というのに無理があったようです。
支部総会、講演会ともに進行が遅れたため、懇親会の開始も30分の遅れとなったが、今回催し物を止め、交流・親交を重視した親睦会にしたことで、終了時間は余裕を持って定刻でお開きにすることが出来ました。

当日の参加者の意見として聞いたところでは、仁坂知事のまじめな人柄に好感が持てたとか、例年司会役は女性がおこなっていたが、今年は支部長、副支部長が自らされ、特に森副支部長のソフトでありながら、内容のしっかりした司会ぶりは好評でした。

その他、受付の担当者も若返らせろとの意見や、「花の霞に」の歌は、ホテル関係者にも好評であったことなど、全体として華美に流れず同窓会らしい雰囲気だったようです。
事務局から、収支関係について報告願います。

金子
事前に作成のリストから当日の欠席者、飛び入り参加者を相殺して行き最終的には227名となりました。
当日欠席者(無断)は若年層に多く見受けられたようです。
収支関係はほぼイーブンでしたが、支出の方にあげた通信費は総会費とは別になります。
ご祝儀、寄付金は昨年より減少いたしました。
アンケートの回収が少なかったため、意見としては裏表2枚分の量でした。

山田
アンケートに関し来場者に十分説明する状況がなかった。
回収方法についても徹底されていなかった。○、×の質問もあってよかったのでは?

北村 
配布資料が多すぎないか?

金子
アンケートにありましたが 私もそう思う。スタートが遅れるなど、時間管理は大事です。

北村
受付にいましたが、個人的に支部総会に貢献できたかどうか、心配の面もあります。
期別幹事としては、組織委員として声掛けなどさせてもらったという意識はあるが、実行委員として組み込まれていたことで、十分機能出来た感じが持てなかった。

今井
懇親会で催し物がなかった分、会話、交流が図れて良かった。
アンケートの周知徹底が十分取れていなかった。今後の支部総会がどういう風に望まれるかのアンケートで良かったと思う。
司会を支部長、副支部長にしてもらってよかった。

山田
席割を担当しましたが、8期のテーブルに若い人が一人混じり、気の毒だった。飛び入り用の予備席を準備しており、受付で柔軟に配慮すべきだった。
テーブルの配置図が用意されておらず、直前にホテル側に準備させていたようで、事前の手配を周到にする必要がある。

大道
今回の総会はおおむね良かったと思う。アトラクションも無い方がすっきりする。

藤野
受付に長くいることになったため、懇親会に入る時間が少なく、あっという間に終わった印象があります。
19期の席にいましたが、彼らが来年また来てくれるか危惧しています。

青柳
具体的には、面白くなかったとかの意見がありましたか?

藤野
面白くなかったというのではないのですが、来年また1から声掛けしていかなければいけないような気がします。
  
本多
要は定着して行けるかどうかの懸念ですね。

大道
期としては熱気が足らないのでは、との心配だと思うが・。

佐野
私も当日受付をしていたため、総会に関してはどうだったという感想はもてないが、懇親会の料理はこってりしたものが多かったように思う。
サーバーテーブルが両サイドにあるだけだったので、一度に並ぶ人が多く取りにくかった。
会場費に関し、昨年はひとつの場所で総会、懇親会を行ったが、今年は2部屋使うことで費用が嵩んだということはありませんか?

金子
懇親会場の費用は料理費用込み。講演会場(支部総会場)の費用は約17万ですが、昨年は懇親会場にピアノ設置などした費用が別にいりましたのでぜんたいではイーブンとみています。

佐野
テーブル席割について、必ずしも期別に固めなくても・・との意見もありました。
  
吉川
14期会で集まった意見を紹介します。
料理が混雑して取りにくかった。
料理のサーバーテーブルを工夫して配置することでスムーズに料理がとれるようにしてほしい。
先生、来賓、支部長の紹介のやり方について、最後にまとめて拍手するやり方はそれでよかったが、京滋幹事長の名前が呼びあげられなかったとこぼしていた。

青柳
一応呼びあげたはずですが、幹事長のところまで聞こえなかったのかな。

香川
時間配分が気になりました。
講演会が延びたが、結果として懇親会の時間が15時~17時で丁度よかったのではないか。
司会の人が総会の時間について、合図もしないで延びて行ったので、時間変更が急きょ決まったと思いました。
懇親会のアトラクションがなかった分時間的に余るわけでもなく、2時間で丁度よかった。
食事スタイルは前半サーバーに集中しすぎたのは、両サイドにしか設置されていなかったこと、量的にも不足気味の感じでした。
座席配置リストの見方が分かりにくいので、次回は直してほしい。

小柴
良かった点は、仁坂知事を講演会に講師として呼べたこと。
残念だった点は、各委員会の活動報告が支部総会でも懇親会でもなかったこと。
来賓紹介はもう少しゆっくりしてほしかった。
来年は講演会がなくても、大学の現状、方針を入れてほしい。
料理の配置について絵画部の展示に気を使ったのではと思うが、絵画部としては、場所が与えられれば来年も喜んで出展させていただきたい。


今年はコミュニケーションオンリーにしたが、絵画部としては何点でも対応できるのですか?
  
小柴
皆に見てもらえることでやる気(制作意欲)になります。


野田
欠席者に若い人が多かったのは残念に思います。
  
佐野
受付をしていて、遅れてくる人、無断欠席に若い人が多くいることは残念です。
年長の受付担当者に対しての態度にも問題を感じます。
ドタキャンの人に半分でも費用を請求してもよいと思う。

本多
皆さまのご協力をもちまして、支部総会、懇親会が成功裏に終わりましたことを感謝申し上げます。 
  
総括はお手許にある資料の通りです。
目標である250名の数字には届きませんでしたこと、私の力不足としてお詫び申し上げます。
今後の課題として先輩から後輩への声掛けを意識的にやっていただき、後輩が総会に参加しやすい環境作りをやっていきたい。
いくつになっても先輩は先輩です。いわゆる「なんてったって先輩」ですので、これが同窓会の良さに繋がります。
私自身長年この会に携わってこられた山田先輩ほか諸先輩方からのノウハウを教わりました。
藤野さんからのご指摘の期幹事と組織委員との仕事の区分け、総会実行委員会との区分けなど不十分だったことで混乱が起きたかもしれません。

穂永
広報の仕事が受付に縛られることで十分こなせなかったことを反省しています。
懇親会場今年は会話主体ということで、皆懇親が図れたと思うし、区切り、けじめがつけやすかったと思う。


講演会は知事の話で全体が締まってよかった。
動員については、若い人に対し、違う形の結びつきを考え、繋がりを作っていくように図りたい。
来年はホテル阪急インターナショナルで提案をさせていただくつもりで、こうした提言を生かしたいと思っています。


森さんから来年の構想がありましたので、来年の支部総会の日程など指定をいたしたいと思います。
ホテル阪急インターナショナルグループの会場予約は、来年7月もかなりタイトですが、夏休みに入ってすぐのこの日を押さえました。
費用もシティープラザ並みとのこと。
  
平成23年7月23日(土) ホテル阪急インターナショナル 6階  13時から
その他経済講演会も決定次第ご連絡いたします。
それでは時間も来ましたので食事をしながら気のついた点など話したいと思います。
                                              おわり

企業人脈マップを作りたい(本多)
出欠の返信欄に在学中のゼミ、クラブ、現職の会社名(肩書きは?)の記入を総会出席名簿に載せていきたい(浦)個人情報で抵抗のある人がいることは承知しているが、不完全なものでも始めていきたい。現役学生とOBの接点を増やしたい。
ホームカミングデイの動員に、クラブ関係者の力を借りたいので、近々集まりを作りたい。
(浦、本多、中田、穂永、ほか)
                                       文責:穂永
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成22年度大阪支部総会の写真

総会の写真アップいたしました。
クリックすると大きい写真をご覧いただけます。
懐かしい顔に出会えますでしょうか?

H22.7.4支部総会 001  H22.7.4支部総会 005  H22.7.4支部総会 006

H22.7.4支部総会 007  H22.7.4支部総会 011  H22.7.4支部総会 013

H22.7.4支部総会 015  H22.7.4支部総会 016  H22.7.4支部総会 017


H22.7.4支部総会 018  H22.7.4支部総会 019  H22.7.4支部総会 021


H22.7.4支部総会 022  H22.7.4支部総会 023  H22.7.4支部総会 024

                                      写真提供33期 渡邊 豊様
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

柑芦会大阪支部16期同窓会の発足について

柑芦会大阪支部16期同窓会の発足について

去る7月4日に大阪支部総会が開催され、青柳明雄君(16期)が大阪支部長に就任し、支部の発展に尽力されることになりました。
総会終了後、当日参加した16期生10名が集まり(写真参照)、同窓会を発足させることとなりました。

大学卒業後40年余りが経過し、人懐かしい年齢となった今、当時の思い出や、近況などを気楽に話し合える場として、この輪が広がって行くことを期待しています。

なお、発足にあたり、トップに外山博章君、スタッフとして小生(鍋島良紀)があたることになりました。

16期生諸氏の参加を重ねてお願いする次第です。

   連絡先:   鍋島良紀  Eメール: ys.nabeshima.whm@hera.eonet.ne.jp

                                         以上

CIMG6659_thumb.png


写真集はこちら
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

大人大学2010:紀州和歌山へ短期留学

和歌山大学では、昨年に引き続き、株式会社紀陽銀行(頭取:片山 博臣)と
株式会社和歌山リビング新聞社(代表取締役社長:秦 正)と連携協力を図り、
地域活性化事業として「大人大学」を開講いたします。

本事業は、平成17年7月に地域活性化等を目的に連携協定を締結した和歌山大学
と紀陽銀行に和歌山リビング新聞社が参画し、和歌山県における「知の交流をキー
ワードにした地域活性化」を目的として企画・事業化した滞在・交流型の講座であり
今年で2年目を迎えます。

この講座は、主に団塊の世代の「学び」に関心のある方に対し、和歌山の魅力あふれる
歴史や文化、郷土色豊かな講座を7日間にわたり開講します。和歌山大学を中心に高野山
大学等各分野に活躍する著名な講師陣による質の高い講義に加え、高野山や熊野古道、
和歌の浦の地域を巡るフィールドワークなど楽しみながら教養を深め、和歌山の奥深さと
真髄を体感できるプログラムになっています。

今回この「知の交流」を通じ、和歌山の観光・文化等を全国に情報発信し、多くの皆様に
和歌山県を深く知っていただくことで、観光・地域交流を推進し地域経済の発展に貢献して
参りたいと考えております。

大人大学2010 
パンフレット


                               和歌山大学経済学部事務長
                                       宮本俊二
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成22年8月度イキイキ人生塾「スポーツマンシップと道理・法」- 孫への遺言のご案内

                             平成22年7月20日
柑芦会会員各位                        
                       人生塾実行委員長  浦 義弘
                        イキイキ人生塾長  吉川博司
      平成22年8月度(イキイキ人生塾」のご案内
        テーマ 「スポーツマンシップと道理・法」- 孫への遺言

 酷暑の候ですが、皆様方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
今回は、経済学部15期の中田陽之氏にお願いいたしました。
同氏からは表題のテーマで報告がありますが、人生塾ですから、生い立ち~和歌山大学顧問にいたるまで
のカミングアウトもあります。
今回は、「道理」という誰もがかかわるべき楽しく、あるいは困難な内容に及ぶ可能性もあります。
人生経験豊かな皆さまのご参加をお待ちします。

               記

1、日時  8月20日(金)18:30-21:00

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)

3、講師の略歴  
   三重県生、松阪高校卒後家業を経て和歌山大学へ。
   大学では、住居は紀雲寮、クラブは硬式野球部、ゼミは石外ゼミ(民法)
   卒業後は、サラリーマンが中心。9年前から硬式野球部監督・総監督を経て現在はアドバイザー。
   4年前から近畿学生野球連盟理事、昨年から和歌山大学基金室顧問、
   今年は加えてホームカミングデー兼任。孫一人(男)
     
4、内容 18:30-19:40
      講師経歴・硬式野球部の戦歴等-15分
      スポーツマンシップ等-10分
      孫への遺言-45分
        ・ スポーツマンシップ・フエアプレーと公平・公正
        ・ 公正と正義(ハーバード白熱教室から)・・・道理
        ・ 関連法
        ・ その他(今後の展開)
     19:45-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ
   *TEL06-6941-4986
    FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
   * E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  
参加氏名 :         (    期)
          以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

柑芦会大阪支部メールニュース:総会報告特別号

                       平成22年7月8日
大阪支部会員各位
                     柑芦会大阪支部 広報委員会
                          事務局 金子義明
○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●

柑芦会大阪支部メールニュース

2010年7月8日発行 総会報告特別号

○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○

目次
1.支部総会報告

2.講演会報告

3.懇親会報告

4. アンケートのお願い

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
1.支部総会報告

 平成22年7月4日(日)13時より大阪市中央区の「シティープラザ大阪」にて
開催されました。当日の参加者は大学関係者、柑芦会本部、各支部からの来賓、
及び大阪支部会員で計227名と、前年を上回る盛況でした。
 今年は、支部総会と懇親会の会場を分け、最初に支部総会と講演会を行い、
その後で懇親会で心置きなく語り合ってもらおうとの新しい試みとなりました。
 青柳支部長以下新三役の紹介、来賓紹介の後、学部長祝辞の中では大学の
現況説明もあり、引き続き浦幹事長からの報告と、活動方針の説明も行われまし
た。予定の30分を少々過ぎましたが、支部総会は終了いたしました。
 仁坂知事講演後には今秋第一回目の開催となる「ホームカミングデイ」の
案内が同実行委員中田氏(大15)から、またスチューデントリンクの紹介を和大の
本庄助教から行われ、同様の活動をする観光学部「ビスコ」の紹介もありました。
DSCN2116.jpg



2.講演会報告

 支部総会に引き続き同じ会場で、和歌山県の仁坂吉伸知事による講演が行われ
ました。「地方分権と活力ある経済社会の実現」をテーマに、地方分権時代と言
われるなかで和歌山県としてどう取り組むか、関西広域連合を進める中で、埋没
しないために県の産業振興策はどうあるべきかなどを話されました。知事として
の宣伝の難しさをユーモアたっぷりに、また「地方分権」の問題点などを率直に
語って頂き、知事の人柄に触れた講演でした。1時間の講演予定も知事の熱き思い
からか、多少延びましたが、講演の最後には盛大な拍手で、熱気が会場の外まで
噴出するようでした。
 知事はその後の懇親会の開会まで臨席していただき、サッカー・ワールドカップ
に出場した駒野選手のスポーツ特別賞表彰のため、和歌山に帰られました。

DSCN2122.jpg


3.懇親会報告  戸田 裕士(大52)

 私は柑芦会の大阪支部総会、懇親会に参加するのは今回で2回目になりますが、
何よりも一番素晴らしいと思うのは、アットホームな雰囲気の中、母校の先輩方と
私の様な若輩者が気軽に話のできる環境が整っている事です。
 是非、私よりも後輩の方々にも気後れすることなく積極的に同窓会に参加して
頂きたいと思います。

DSCN2125_20100708181249.jpg  DSCN2127.jpg  DSCN2128.jpg  




4. アンケートのお願い

 総会資料にアンケート用紙を同封させて頂きましたが、懇親会で言わなかった
ために回収率が非常に悪いです。(私も完全に忘れていました…(よ))
ぜひFAXかメールで感想や今後の要望などを送ってください。
7月14日(水)までにお願いします。

編集人:穂永千秋(大17)、佐野陽子(大42)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   豊梱グループ  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   新しい営業代行のかたち「セールスレップ」 渡邊 豊(33期)    「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

7月度の柑芦会大阪支部 メールマガジン

会員各位
7月度の柑芦会大阪支部 メールマガジンを送信いたします。
----

○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●

柑芦会大阪支部メールニュース

2010年7月1日発行

○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○

目次
1.新三役の抱負 幹事長から
  
2.委員会だより
  組織委員会からの再度のお願い

3.支部総会案内 もうすぐですよ!
  平成22年7月4日(日)13:00~17:00シティプラザ大阪にて

4.今後の予定 人生塾、ゼミ、同期会(18期、17期)、ホームカミングデイ

5.お知らせ 広報ラジオ、はやぶさ、おまけ

6.情報募集中

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
1.新三役就任の抱負

幹事長:浦義弘(大17)
 大阪支部総会では、若い世代の参加が伸び悩んでおります。三役、執行部の
若返りを図りながら、会員の皆様の豊かな人生に寄与する柑芦会作りに
努力します。支部総会のほか、様々な柑芦会行事にご参加くださいますよう、
皆で会を盛り立てましょう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
2.委員会だより

 豊かな人生への出会いと親睦!
 平成22年度大阪支部総会へ積極的なご参加を!組織委員長 本多康重(大17)

 先月号でのお願いから、反応が出てきています。もう一声掛合いましょう。
 先輩、後輩、同期の方々と久し振りの再会と楽しい親睦。そこには豊かな出
会いが待っています。是非、積極的なご参加をお願い申し上げます。 
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
3.支部総会案内(再)

日時:平成22年7月4日(日)13:00~17:00
場所:シティプラザ大阪

当日の内容
 支部総会 13:00~13:30
 講演会  13:30~14:25
  講師:和歌山県知事 仁坂吉伸殿
   地方分権と活力ある経済社会の実現
 懇親会  14:35~14:25

*いよいよ間近に迫ってきましたが、まだ参加の申し込み受けています。
当日も申し込めますが、出来れば早めにお願いします。
同期の友、先輩、後輩への声掛けを行い、大勢で参加しましょう。
多い方が楽しいに決まっています。初めての人も、一人でも大丈夫。
きっと共有できる目標が見つかります。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
4.今後の予定
 
人生塾 (申込は事務局まで)

7月14日(水)18:30~
研究わくわく人生塾「英国のパブリック・フットバスとコモンズ」
大泉英次(和歌山大学経済学部副学部長)
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-563.html

7月21日(水)18:30~
いきいき人生塾「仕事をしてきて、今感じていること」
松島正臣(大26) 大阪ガス住宅設備(株)代表取締役社長


渡辺ゼミの集い
8月13日(金)13:00~
渡辺(昭)ゼミ 10年ぶりにゼミ生同窓会の全国大会を開催いたします。
場所:和歌山市 アパローム紀の国
世話人:本多康重(大17)
 (連絡先) hondayasusige@yahoo.co.jp(メール出すときは@を@に変えて下さい)

18期同期会
支部総会後に予定しています。
問い合わせ先:世話人 北村修一(大18:学生支援実行委員)
 (連絡先) skitamura@iris.eonet.ne.jp(メール出すときは@を@に変えて下さい)

17期同期会
先日の「集い」で発表いたしました。
来年秋に和歌山で、第一回の全国大会を予定しています。
今日の和大、旧校舎跡地などを訪問。和歌浦にて懇親会(宿泊)
日時:平成23年11月19日(土)13:00、南海和歌山市駅前集合
  世話人:浦、本多(康)、和田、前野、寺西、穂永。


「ホームカミングデイ」がこの秋開催されます!
平成22年11月20日(土)11時から
(11月20日21日大学祭(和大祭)も同時開催)
*ホームカミングデイとは-大学(職員、学生)と卒業生との連携、融和を図る
目的で大学が卒業生を母校に招待する企画です。学部の枠を超えた和歌山大学
では初の企画です。
尾久土正巳観光学部教授の講演を予定(日程確認中)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
5.お知らせ

和歌山大学メールマガジンより
 広報ラジオ「ワダイのわだい」が6月13日より始まりました。
 毎月第二日曜日12:00~13:00 和歌山放送から生放送です。
           (ラジオ電波の入るエリアの方は是非)
 第2回(7月14日)教育学部紹介
 第3回(9月12日)経済学部紹介
 第4回(10月10日)システム工学部紹介
 第5回(11月14日)観光学部紹介
 第6回(12月12日)入試情報
(参考)和歌山放送 ワダイのわだい! http://wbs-wadai.sblo.jp/

小惑星いとかわ探査衛星の「はやぶさ」地球帰還に関して、和大の観光学部
尾久土正巳教授がマスコミに取上げられました。
久しぶりの明るい話題でした。
(参考)和歌山大学 宇宙教育研究所
http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
5.情報募集中

 このニュースに掲載する情報を募集中しています。各クラブ・ゼミ・同期会
等予定があれば、ぜひ下記の大阪支部事務局までご連絡ください。お待ちしています。

編集人:穂永千秋(大17)、佐野陽子(大42)
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/