中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

岸和田サテライト「地域創造と大学サテライト」

岸和田サテライトでは、開設5周年を記念して、12月3日(土)午後、岸和田市立浪切ホールにて、フォーラム「地域創造と大学サテライト」を開催します。

第1部では、サテライトで学ぶ4名の社会人受講生による発表、岸和田を中心にした研究活動を行っている教員と地域の方による報告を行います。

第2部では、「わだい浪切サロンスペシャル」として、「歴史に学ぶ 民のちから」をテーマに、「稲むらの火」の語りと教育学部海津一朗教授による講演を行います。

そのほか、午前中はNHKドラマ「カーネーション」をたどるまちあるきツアー、フォーラム終了後には交流会(会費制:2000円)も行います。交流会以外のご参加は無料です。

卒業生の皆さま、ぜひお気軽にご参加ください。

内容とお申込方法については、こちらをごらんください。
http://www.wakayama-u.ac.jp/kishiwada/


また、「岸和田サテライト通信」も上のリンクからどうぞごらんください。

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

第26回 柑芦会大阪支部親睦ゴルフコンペの報告


                             平成23年10月28日

                          
    「第26回 柑芦会大阪支部親睦ゴルフコンペの報告」

 平成23年10月20日(木)  「大宝塚ゴルフクラブ」において、柑芦会大阪支部親睦ゴルフ大会が行われました。
当日 空は朝から晴れ、絶好のコンディションのもとで行われました。  
(参加者は少し寂しく5組 20名となりました)
 
プレイ終了後、表彰式、懇親会となり大変楽しい1日を過ごすことが出来ました。
優勝は、9期 前川丈夫氏、グロス88、ネット73.6でした。                   以上

大きい写真はクリックしてご覧下さい。↓↓
P1010414.jpg


追:  ゴルフ実行委員会開催のご案内

     日時: 11月4日(金) 13:30~
     場所: 柑芦会大阪支部会館
        
    ご多忙とは存じますが ご参集御願いします。

                     柑芦会 ゴルフ実行委員長  本郷正勝
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成23年11月度「研究わくわく人生塾」「巨大災害への経済的視点」のご案内

                            平成23年10月吉日
柑芦会会員各位                        
                            人生塾実行委員長   浦 義弘
                                    研究わくわく人生塾長 渡邊 豊

          平成23年11月度「研究わくわく人生塾」のご案内
          
       テーマ「巨大災害への経済的視点」

       秋冷の候、皆様方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
             
      今回は、最近頻発する災害に関わるリスクマネジメントを含めて、役に立つ最新情報に関して、
      経済学科教授荒井 信幸(あらい のぶゆき)先生にお願いいたしました。
      「巨大災害による経済被害をどうみるか」(共著)内閣府経済社会総合研究所も大好評です。
      先生は、内閣府大臣官房審議官兼経済社会総合研究所上席主任研究官を務めるなどの政策通です。

      今回は、身近に感じる地震の脅威を中心にお話し頂きますが、いっしょに政策を語ってみませんか?
            
      会員各位に役立つ最新情報も満載で、皆様との意見交換も楽しみにされております。
      是非、お越し下さい。
      
                          
                      記

1、日時   11月15日(火)18時30分から21時

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)


3、講師  荒井 信幸(あらい のぶゆき) 経済学科教授
      
      一橋大学経済学部博士(経営学)UCLA経営学大学院(修士) 
     


4、内容  18:30-19:40 
      
      東日本大震災は、日本の観測史上最大の地震として大きな被害をもたらしました。
      今回は稀に起こる大災害(catastrophe)を経済的な視点から考えます。
      地震はどのような頻度で発生し、なぜ備えるのが難しいのか。
      大災害の被害は経済的にどう捉えられるのか。事前の備えについても
      経済的視点から考えます。
      
                            
      19:45-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)


以下の柑芦会のブログで今までの研究わくわく人生塾の報告もご覧頂ければ幸いです。

http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-667.html

http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-596.html

http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-614.html

http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-630.html



                  以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2011年7月12日(火)研究わくわく人生塾「都市農業(おおさかの農業)の役割を考える」

2011年7月12日(火)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師:国立大学法人和歌山大学経済学部経済学科教授
    大西 敏夫(おおにし としお)先生
    博士(農学):大阪府立大学大学院農学研究科(修士課程)園芸農芸専攻 修了
参加者12名

テーマ:「都市農業(おおさかの農業)の役割を考える」

農業に関しては、高齢化とともに、自給率の問題など様々な議論がなされているが、
食糧と飼料と燃料における農業の最近の状況と大阪の状況をわかりやすく教えて頂いた。

では、講義の中でのポイントを少しだけご紹介させて頂きます。

kenwaku230712 002


1.先ずは、農業と農村の機能、役割について
  ①食料の安定的供給、②安全な食料の生産、③自然環境の保全、④社会環境の保全
  の4つの大きな役割があるが、人と自然の望ましい関係づくりとしての人類と地球環境と
  の共生、都市と農村の共生が重要になってきた。

2.日本の供給熱量ベースの食糧自給率は2006年には39%となり、先進国で最低の水準である。
  こういう状況の中で、環太平洋経済連携協定(TPP)の動向が注目される。

3.日本では、800万トンの米の生産量に対して、輸入される穀類、果実、豆類、野菜、魚貝類で
  約5000万トンという食料輸入大国になっている。
  アメリカ元大統領は「食糧自給できない国は、国際的圧力と危険にさらされている国だ」とも
  言っているので、やはり大きな問題なのだろう。
  農業人口も世界の平均が40%に対して、日本は何と3%というのだ。

4.燃料としての穀物利用もあり、フード・マイレージやバーチャル・ウォーターという指標も重要

5.大阪・東京・名古屋などの都市農業の位置付けは、新鮮で安全な農産物の都市住民への供給、
  身近な農業体験の場の提供、災害に備えたオープンスペースの確保、ヒートアイランド現象の緩和、
  心安らぐ緑地空間の提供といった都市農業の機能や効果が十分発揮できるよう、これらの機能・効果
  への都市住民の理解を促進しつつ、都市農業を守り、持続可能な振興を図るとある。

それでは、次に大阪農業の果たす役割や魅力と都市農業についてまとめてみました

 ①都市住民に生鮮野菜などを供給しているという役割
  大阪の農産物の供給率は、野菜9%、果実7%、米6%(平成18年)
 ②みどり・景観(生活環境)、レクレーションの場、防災空間の提供等の役割
  緑被率が3割を切ると心身の健康に悪影響が現われるといわれている

大阪における地産地消の取組状況としては、①自治体での推進計画づくり、②直売所、量販店や専門小売店
での地場産コーナー、③学校給食での地場産利用、④農産物のブランド化(エコ農産物、なにわ特産品、
なにわの伝統野菜)、農産加工での利用促進、農家レストランなど、⑤農家と市民との交流、試食会、各種
イベントなどがある。

これからの、大阪農業の展開では、地産地消と食育はもとより、市民的農地利用いわゆる市民農園の促進や
本気で農業に取り組もうという意欲ある農業担い手の育成と確保とその支援が重要になっている。 

kenwaku230712 006


かつて大阪農業は、商業的農業の先進といわれていました。しかし戦後の高度経済成長以降、
とくに都市化の影響で縮小・後退を余儀なくされました。その大阪農業(=都市農業)の役割について、
現状を踏まえ、食と農および環境の視点から教えて頂きました。

参加者の皆様からは、農業の後継者問題や日本の農業の将来像がよくわからない中での、自給率問題や
数値に関して、様々な意見が出されました。
和歌山大学も地域の食と農の支援に力を入れていると伺いました。新たなモデルが楽しみです。
大西敏夫先生、お忙しい中、パワーポイントの資料をご準備いただき、興味深いお話を有り難うございました。


著書:共著:『農業構造問題と国家の役割―農業構造問題研究への新たな視角 (現代の農業問題)』分担執筆 筑波書房 2008年

 『都市と農村―交流から協働へ』編著 日本経済評論社 2011年

    


報告・文責:研究わくわく人生塾長 渡邊 豊(33期)

今までの研究わくわく人生塾報告:

http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-596.html
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-614.html
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

9月度 ビジネス人生塾の報告 2011年9月30日(金)

9月度 ビジネス人生塾の報告 2011年9月30日(金)

講 師:不動産鑑定士 伊東玉喜さん(会員外)

参加者:8名

テーマ:『不動産鑑定士とその仕事』

 今回は、不動産鑑定士として、ご活躍中の伊東玉喜さんにお話しいただきました。

 伊藤さんは、大学卒業後に不動産鑑定業に従事し不動産会社の取締役に就任。
 その後、社会における鑑定の役割を把握し、そこで求められるサービスを提供して
いきたいと考え、会社設立され現在に至ります。

1.不動産鑑定士って何?

  不動産鑑定士とは、建物や土地の価格を算出する事ができる国家資格です。
  その範囲は、借地権や立退き料などの関連する物も入ります。
  伊東さんの話によれば、一般的に不動産鑑定士は馴染みのない資格である為、
 土地家屋調査士や測量士や宅地建物主任者などと間違われる事もあるそうです。
  土地の価格には「実勢価格・市場価格」「地価公示価格」「固定資産税評価額」
 「路線価」の4種類があり「一物四価」と言われており、これらを算出するのが
 不動産鑑定士仕事です。

2.どんな仕事をしているの?

  不動産鑑定士は、依頼者へのヒアリング→現地調査→役所・図書館において
 資料収集を経て不動産の評価を算出します。
  資料収集も50年以上もさかのぼって行う事もあり、大変な時間と手間を必要と
 します。

 価格に影響するプラス要因とマイナス要因には以下の様な事があります。
 (鑑定評価資料に記載します。)

 <プラス要因>
 ・利用目的と街の特性が合っている。
  (住居用なら住宅地、商売するなら繁華街など)
 ・将来駅や都市計画道路ができる。等々

 <マイナス要因>
 ・道路との間に水路がある。
  (水路を渡る橋の使用料を自治体納める場合があります。)
 ・埋蔵文化財や土壌汚染の存在。
 ・建物が古い。
 ・嫌悪施設の存在。等々
  (主に墓地などの公共施設。)

3.不動産鑑定評価の事例

  今回は、鉱泉地(温泉)と地下タンク付の土地と収益マンションの3例に
  ついてお話しいただきました。

  <参考>収益還元法
     P=a/r

      P 価格
      a 収益(=賃料-必要経費)
      r 利回り(ケース毎に標準的な値があります。)

4.不動産鑑定の役割

  伊東さんによれば、不動産鑑定を依頼される人は何か悩みや問題を抱えて
 依頼されてきますので、その解決の手助けになる様な鑑定をしたいそうです。
  また、弁護士や会計士、税理士などと組んで一つの仕事を進める事も多く
 その総合力で仕事が成功するかどうかが決まるそうです。


 伊東さん、今回は、柑芦会メンバーのために興味深いお話しをありがとう
ございました。

                                 文責:大井信寛(院32期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

柑芦会大阪支部メールニュース 2011年10月号

柑芦会大阪支部メールニュース

2011年10月1日 発行

○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○

目次

1. 寄付講座 今年度の予定決まる

2. 台風の被害、如何でしたか?

3.今後の予定 

4. お知らせ

5. 情報募集中

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

1.現代社会実践論ー業界研究:寄附講座 今年度の予定
 平成23年10月13日から同12月9日まで 14講座の講師が決まりました。

  10月の予定 (上から第3限、第4限、第5限)
   
   13日(木) 開講特別講座(開講挨拶)青柳明雄  (和歌山大学特任教授)
        関西経済論  青柳明雄氏(16期)  (柑芦会大阪支部長)
        マスコミ・放送 由井秀徳氏(43期)  (朝日放送(株)総合ビジネス局)
        官公庁    市平和久氏(44期)  (滋賀県商工観光労働部)

   27日(木) 食品     岩本 亮氏(43期)  (ハウス食品(株)監査室)
        ホテル・旅行  甲斐慎一郎氏(他校) (株)阪急阪神ホテルズ経営統括本部
      運輸・旅行  西原史郎氏(46期)  (西日本旅客鉄道(株)創造本部)
       
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
2. 台風の被害、如何でしたか?
  9月は台風12号、15号と立て続けに襲われましたが、会員の方で被災された方は
いらしゃいませんか?本人以外の方でもご存知でしたら事務局まで情報をお寄せ下さい。
  復興支援などの窓口は和歌山大学防災研究教育センターになります
http://www.wakayama-u.ac.jp/bousai/
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

3. 今後の予定

10月の人生塾予定は未だ決まっておりません。
確定次第、柑芦会大阪支部よりメールでお知らせします

* ビジネス人生塾の講師を募集中です。今年度の人生塾をより実り多きもの
にしていくため、よろしくお願いします。
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-617.html

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
4. お知らせ

〇第26回柑芦会親睦ゴルフ大会
 日時場所:平成23年10月20日(木)大宝塚ゴルフクラブ、 西宮・宝塚両コース
 費用  :¥12,900  会費¥1,000
 締め切り :10月7日  大阪支部金子事務局長まで 
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-663.html

〇12月10日(土)松下会館50周年記念事業を予定しています。
 和歌山市高松にあります松下会館を覚えていらっしゃる方も多いと思います。
 現在も生涯学習センターとして、市民に愛されています。創設50周年を記念し、2階ホールにて
これまでの歩み、これからのあり方の記念講演を予定しています。

○「柑芦」誌印刷中
  10月中旬以降に順次発送します。お楽しみに。

○第2回和歌山大学ホームカミングデー
11月19日(土)和歌山大学キャンパスで行なわれるホームカミングデーの
参加申し込みが始まっています。詳細や申し込みフォームはこちらから。
http://www.wakayama-u.ac.jp/homecoming/

大学から

○和歌山大学大学祭実行委員会主催の 「こどもまつり」 10月30日(日)に開催。
 http://wadaisai.web.fc2.com/kodoma.html 

〇現役も頑張っています
 人生塾でも来ていただいた足立先生引率で、経済学部エキスパートコース
(1年生)10名は9月3日から12日まで、イギリス・オックスフォード市を訪問しました。
 市街地商業施設でのヒヤリング調査を実施、商店の経営意識や歩行者の購買動向等
日本での低迷する商店街対策への手掛かりを求めました。
http://www.wakayama-u.ac.jp/pickup/pickup_39.html

○その他学生ボランティアの活躍など新聞等掲載情報はこちらで→ノッています!
和歌山大学 http://www.wakayama-u.ac.jp/press/index.html

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
5.情報募集中
 このニュースに掲載する情報を募集しています。各クラブ・ゼミ・同期会等
今後の予定があれば、ぜひ事務局までご連絡ください。お待ちしています。

 柑芦会のハッシュタグは #柑芦会です。ツイートする際にはぜひご利用ください。

編集人:穂永千秋(大17)、佐野陽子(大42)

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/