中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

寄附講座の講師公募のお知らせ

                                           平成26年7月31日
 柑芦会会員各位
                                        和歌山大学経済学部同窓会
                                          柑 芦 会 大阪支部
                                          支 部 長 見方益孝
                                     寄附講座実行委員長  渡邊 豊

               「現代経営実践論」- 企業・職種研究 -
                         講師公募のお知らせ

平素は、柑芦会活動ならびに学生支援にご協力を賜り、誠にありがとうございます。
さて、例年実施しております経済学部同窓会「柑芦会」による寄附講座は、平成26年度は大学側との打ち合わせの結果、下記のとおり実施することになりました。
ついては、現役世代の意欲ある会員各位に本講座の講師をお願いいたしたく、公募させていただく次第です。
業務等たいへんお忙しい中とは存じますが、趣旨をご理解いただきまして何卒自薦他薦でのご協力をよろしくお願い申しあげます。
                         記
【寄附講座 講義の概要】
    「現代経営実践論」-企業・職種研究- 2単位  (副題:職業観の醸成)
     開講時期 : 平成26年度 後期
     講義日予定: 10月2日・16日・30日、11月6日(木) 13:10~16:20
             11月15日(土)・16日(日)       10:00~16:40
   ※①今回公募の講師には、上記のうち1コマ(110~180分)をご担当いただきます。
   ※②ご担当いただく具体的な日程は、お申し込み後に相談させていただきます。

1)「寄附講座」の趣旨
  この講座は柑芦会の先輩たちが貴重な人生経験を後輩の学生たちに教え伝えていただく講義であり、「社会人」になる前の学生たちが身近な社会経験を獲得するいい機会であると位置づけられております。

未だ実社会を知らない学生にとっては、現在学んでいる内容が将来にどう繋がるかが見えにくい状況ですが、大学での勉学が将来に繋がることを実社会での経験談から実感し将来なすべき課題を予見することにより勉学意欲を高めるきっかけを得ることが重要です。

一方、ビジネス界においては専門的な知識の修得だけでなく、自らの今後の進路を考えるために職業人としての幅広い視野で職業観を醸成することが望まれております。

本講座では、この両者の橋渡しが重要であると考えております。

2)講義いただきたい内容 ・・・ 主に、「入社後3年間に期待される仕事」の理解を助ける内容
  (1)各々の所属業界・企業の現況
  (2)その業界・企業の今後の展望
  (3)ご自身の仕事や職種の具体的内容
  (4)社会や企業が求める人物像、など
 ・上記のほか、できれば講義に盛り込んでいただきたい内容
  (5)社会に出ての失敗・挫折と、そこから学んだこと
  (6)学生時代の体験(勉学、クラブ他)と、ビジネス社会での活かし方
 ・後半の30分間は「小テスト」に充てていただき、後日全員の成績評価を実施いただきますが、その詳細については、講義内容打合せ時にご説明します。

3)講義時間について
  ・1講義は160分~180分とします。(休憩を10分含む)
  ※内訳は、講義で70~90分、アクティブラーニング(グループ演習)30分、小テスト30分

4)講師について
  ・今年度は、「入社後3年間に期待される仕事」について学生に具体的に話していただける方を募集しますので、若手現役世代(20代~40代中心)の柑芦会員(男女不問)にお願いします。

5)対象学生について
・対象学生は、3年生(一部、意欲の高い2年生)、約100名の予定です。
・「キャリア・デザイン」「社会人基礎力」の既受講者を中心とする3年生は、就職活動を控えた時期
でもあり、柑芦会先輩たちの語られる経験談が浸透しやすく、これからの人生・実社会での活躍
に役立つと考えられる階層であり、キャリア教育科目のひとつとして受講させることでそれまでの
勉学を整理し今後の学習の方向性を深めることができることは、理論と実学の検証の上でもた
いへん有益な対象者です。

6)会場  G101教室(基礎教育棟講義室)を予定

7)上記開講日が、天候不良(大雨警報等)により休講となった場合は、日程を変更させていただきますので、予めご了承願います。

8)講師謝礼     なし (ただし、自宅から大学までの往復交通費は支給させていただきます)

9)公募受付     8月16日(土)まで

10)今後の予定  講師と大学側との打合せを9月上旬に大阪支部会館にて予定しています。

11)公募窓口等
        柑芦会大阪支部 金子事務局長
Tel 06-6941-4986  Fax 06-6947-7925
E-mail osaka@kourokai.com
           寄附講座実行委員長 渡邊 豊(大33期)
                       E-mail rsj@leto.eonet.ne.jp  携帯:090-1071-1423
                                                    以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成26年9月度研究わくわく人生塾「東アジアの国際関係」のご案内


                       平成26年7月28日
柑芦会会員各位                                                
                                人生塾実行委員長   小柴学司
                                研究わくわく人生塾長 渡邊 豊

       平成26年9月度「研究わくわく人生塾」のご案内

          テーマ「東アジアの国際関係」

 猛暑の候、皆様方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
             
 9月度は、経済学部 経済学科の准教授藤木剛康(ふじき たけやす)先生に
 お願いいたしました。
 
 先生は、現代アメリカの通商政策を研究テーマとされ、東アジアや南北アメリカ、欧州や中東などの
 世界各地における地域主義の高揚を念頭に、今日におけるアメリカの通商政策がこうした動きにどの
 ように対応し、影響を与えているのか現状を分析しています。
 
 平成8年より和歌山大学に着任され、平成12年より経済学部准教授としてご活躍されています。
  
             
 今回は、ホットな東アジアの国際関係にしっかりとお答えいただけます。
 是非とも参加下さい。会員の皆様との活発な質疑応答や交流も楽しみにされております。

      
                         
                      記

1、日時   9月10日(水)18時30分から21時

2、場所  柑芦会大阪支部会館 06-6941-4986
      地下鉄谷町線谷町4丁目下車、7号出口すぐ
      ロイヤルタワー大阪谷町 207号
     (玄関で「207」、「呼出」を押してください)


3、講師  藤木剛康(ふじき たけやす)准教授
      京都大学大学院経済学研究科博士後期課程中退
      経済学修士
      
      


4、内容  18:30-19:45 
      
      ポイント:かつての「東アジア共同体構想」から、米中伯仲の時代に
      転換した東アジアの国際関係について概説します。
      

      
                            
      19:45-21:00 食事をはさんで、質疑応答、懇談、交流

5、会費  1,500円(お弁当、ドリンク付)

6、申し込み、問い合わせ

  *TEL06-6941-4986
   FAX06-6947-7925 大阪支部事務局まで
  *E-mailの場合は下記に名前を記入、osaka@kourokai.com あて、申し込んでください。
  

参加氏名 :       (    期)



                                 以上
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

黒潮会(大学5回)傘寿を祝う会

黒潮会(大学5回)
 傘寿を祝う会 38名出席
 平成26年4月21日(月)大阪新阪急ホテルにおいて黒潮会「傘寿を祝う会」が開催された。

早いもので卒業してからはや57年、来年3月で同期生全員が傘寿年代になることから卒業55年と60年の中間期に傘寿を祝う会をやろうということで開催されたものである。

当日は、首都圏、中京地区からの参加もあり38名が集まった。

正午、記念撮影の後、新谷 明君の司会で開会。

初めに物故学友の霊に黙祷。平成24年4月の卒業55周年の会合以降2年の間に6人がなくなられており、前会合に出席された方々もおられるだけに惜別の情一入(ひとしお)なるものがあり、心からご冥福をお祈り申し上げる次第である。

 遠隔地(埼玉県)から出席の太田治郎君による乾杯の音頭で開宴。

一別以来の懐かしい顔と顔、お互いの再会を喜び、昔の仲間に還って歓談の輪が随所に見られた。

指名された諸兄のスピーチで一層宴が盛り上がりまたたく間に3時間が過ぎ去った。

 名残りつきぬなか、大倉安弘君のリードで「花の霞に」の大合唱。綿野匡嗣君の閉会挨拶の後、佐古靖生君の三本締めにより3年先の平成29年卒業60周年記念での再会を約して午後3時散会した。 

 最後に本会の世話をしていただいた伊澤庸列君、梅田幾生君、佐古靖生君、新谷 明君、野々上璋君、井垣隆夫君には心からお礼を申し上げたい。   

石田晴一記・大5回
大きい写真はクリックしてご覧ください。↓↓↓
DSC08771-2.jpg
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

7月度いきいき人生塾『Facebookと同窓の輪』

7月度いきいき人生塾のご報告

2014年7月15日(火)

『Facebookと同窓の輪』

講師:菓 英一氏(46期)



今回のいきいき人生塾は、『Facebookと同窓の輪』というテーマで、前半後半に分けて下記のお話しをさせていただきました。



(前半)アカウントを開設されていない方、開設したけどまだ利用されていない方向けにFacebookの概要

(後半)柑芦会の裾野拡大とFacebook活用について



Facebookを通じて旧交が温められて便利だと意見もあれば、Facebook上では当たり障りない話題しか出しにくいので魅力を感じないという意見もありました。

参加者の意見としては、どちらかというと、リアルの世界で繋がっていればSNSの世界で交流する必要を感じないという感じだったのではないでしょうか。



今の若者は学生の頃からスマホを持ち、当たり前にFacebookをしています。

和歌山大学の公式Facebookページは、900人弱がフォローし、情報を受け取っています。

フォロワーは今後も増えていくと予想されます。

この900人の方が柑芦会の公式Facebookページもフォローしてくれるようになれば、柑芦会と卒業生の繋がりが強化されるのではないでしょうか。



食事をしながらの時間では、今後の人生塾について、現在の(講師‐聞き手)という構図のものだけでなく、(一つのテーマについて参加者で意見を出し合う)ような形式のものにチャレンジしてはどうかとの意見をいただきました。

Facebookを起業したCEOであるマーク・ザッカ―バーグは、「完璧より実行を」と言っています。

トライ&エラーをOKとし、新しい取り組みにもチャレンジしたいと思います。



参加者:10名

文責 : 菓 英一(46期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2014年7月度研究わくわく人生塾「消費税の転嫁」

2014年7月7日(月)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師: 片山 直子(かたやま なおこ)経済学部市場環境学科教授
     京都大学法学部卒
     大阪府立大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
     博士(経済学)
     
受講者9名

「消費税の転嫁」


先生は、「租税法」が専門でイギリス税法の考察でイギリスの租税審判所による納税者の権利救済
等を研究されています。税法の詳細な検討および判例の分析をとおして、制度の諸課題を明らかに
するよう努められております。
消費税率の引上げに伴い、消費税への関心が高まっていますので、
その間接税としての性質に注目しながら、税負担の転嫁にかかわる問題を中心に分析をしていただきました。
また、導入が検討されている軽減税率についてもお話し頂きました。

先生に頂いた要旨を中心に皆様へレポートいたします。

1.本講義においては、税額の転嫁をはじめ、消費税法上のいくつかの問題について、体系的に
検討し、税額の転嫁と仕入税額控除のそれぞれについて関連する条文と判例を教えて頂きました。

2.税額の転嫁に関連して、東京地裁の裁判例を検討しました。同裁判所は、消費税の納税義務者が
消費者であるとは解されない、徴収義務者が事業者であるとは解されない、消費者が事業者に対
して支払う消費税分はあくまで商品や役務の提供に対する対価の一部としての性格しか有しない、
と述べています。

3.仕入税額控除に関連するものとして、最高裁判決を検討するとともに、滝井裁判官の反対意見に
も注目しました。滝井裁判官は、その反対意見のなかで、「仕入税額控除は,消費税の制度の骨格
をなすものであって,消費税額を算定する上での実体上の課税要件にも匹敵する本質的な要素」
であると述べておられます。

4.導入が検討されている軽減税率に関しては、イギリスにおける最近のエピソードをご紹介
いただきました。

「イギリスの消費税制においては複数税率が採用されており、標準税率(20%)、軽減税率(5%)
およびゼロ(0%)税率があります。食料品については、概ねゼロ税率が適用されていますが
、例外として、「ケータリングの過程(in the course of catering)」において供給された食料品
には標準税率が適用されています。ケータリングについては、役務(services)の提供が重要な要素
となる、というのが、その理由です。

しかし、実際には、単なる食料品の供給とケータリングの過程における食料品の供給を、明確に区別
することは難しい場合が少なくありません。イギリスにおいては、類似する食料品の供給であっても、
ケータリングの過程におけるものと認定されれば、ゼロ税率は適用されず、標準税率が適用されると
いう不均衡が生じていました。この問題に対応すべく、イギリス政府は近時、従来ゼロ税率が課され
てきた食料品の供給の一部がケータリングに該当するとして、標準税率を課すという改正案を発表し
ました。

この改正案に対しては、製パン業界の関係者や市民が、首相官邸前でデモを行うなど、批判が強まり
ました。とりわけ、イングランドのコーンウォール地方の名物で地元労働者の弁当として親しまれて
いる熱いコーニッシュ・パスティ(Cornish pasty)に標準税率で課税する、との改正案に対しては、
キャメロン首相やオズボーン財務大臣は、庶民感覚からかけ離れている、コーンウォール地方に
おける雇用の大量喪失につながる、などの批判が噴出し、連日報道でもよく取り上げられました。
結局、イギリス政府は、これら産業界や消費者の主張を容れて、当初提案した改正案の修正を余儀
なくされたのです。」


片山教授講義風景


今回の講義で、消費税法上、納税義務者は事業者であると明確に規定されており、消費者は事実上の
負担をしているにすぎないことを再確認しました。
また、消費税の逆進性の対策としての「軽減税率」は、実はその適用対象を決めることが非常に難しく、
単一税率の方が効率がよいことが分かりました。
C効率といいますが、ニュージーランドが最もよいことも認識できました。

講義後、「軽減税率」「ガソリン税」「カジノ構想」などホットな話題で盛り上がり
これからの日本についてもディスカッションできたひとときでした。

片山直子先生、難しい税法の話を分かり易くお話し頂き、レジュメも有り難うございました。

論文:
  「イギリスの租税審判所による納税者の権利保護-「正当な理由(reasonable excuse)」
   に関する判断基準の変更-」和歌山大学経済学会「経済理論」第369号17-29頁(2012年9月)
  「イギリス歳入関税庁(HMRC)による調停(mediation)の活用に向けた取組み」
                 和歌山大学経済学会「研究年報」第16号41-55頁(2012年9月)
  「イギリスの付加価値税制における複数税率をめぐる課題―『ケータリング』の意義に関する
   議論を中心に―」和歌山大学経済学会「経済理論」第371号65-90頁(2013年3月)
  「公認会計士への助言秘匿特権(Legal Advice Privilege)の適用拡大の可否
              ―プルデンシャル租税事件についてのイギリス最高裁判所の判断を
   素材として―」和歌山大学経済学会「経済理論」第373号17-36頁(2013年9月)
  
  「税務行政指導―修正申告の勧奨を中心に―」税理2014年3月号134-135頁
 

*開催済みの研究わくわく人生塾の内容です。ご覧下さい
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-801.html
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-792.html
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-831.html
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-836.html
     文責:塾長 渡邊豊
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2014年5月度研究わくわく人生塾「異文化交流と観光」

2014年5月27日(火)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師: 竹鼻圭子(たけはな けいこ)観光学部 地域再生学科、観光学研究科 教授
      大阪大学文学部 英文学科、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了
      文学修士
     
受講者15名

テーマ:「異文化交流と観光」

先生は現在、異文化交流特論、 日本文化研究、グローバルツーリズム、ことばと文化、 英語
の研究指導をしておられます。今回は、特にお茶と芸術の文化を通して、日本と欧米の異文化
交流の一端に触れることができました。その、一部を皆様へレポートいたします。

竹鼻教授写真



(1)日本人が英語で日本文化を伝えたものとして、岡倉天心・新渡戸稲造・鈴木大拙があげられる

(2)18世紀イギリスでは、上流階級の女性にとって、お茶は大切な飲み物で、安定して運べる
紅茶でのアフタヌーンティーのスタイルが流行となった。

(3)15世紀から16世紀にかけて、日本の喫茶の文化は画期的に展開し、にぎやかな茶の文化
から「侘び茶」へと移行した。

(4)日本では完璧なものより、「欠けて足りないから」良いという不足の美が追究された。

(5)安土桃山時代に銘物茶器などは、働きのあった武将にとっては、領地をもらうよりも欲しいもの
となり、利休の茶器などのブランディングにより、ある意味で時の武将を支配していたといえる。

(6)豊臣秀吉はこの利休のブランディング力やブランディングの価値を深く理解できず、利休を亡き
者とし、与える領地確保のために無謀な朝鮮出兵を行ってしまった。
   領地が茶器よりも魅力がない時代であったのだろう。  

(7)日本の工芸品はジャポニズムとして、19世紀後期のヨーロッパ人の関心を集めた。

(8)西欧では、絵画はかつて人間しか描かなかったが、日本では古来花鳥風月という自然を描く
ことが当たり前だった。

(9)アールヌーボーという汎欧州の美術運動で生活の中に美を追究し、イギリスの
アーツ・アンド・クラフツ運動ではウィリアム・モーリスが主導してデザイン運動が起こった。



講義風景

今回の講義で、皆さん「ブランディング」の大切さを学んだようです。特に、利休の茶器や茶道具、
茶室でのやりとりなど日本人の文化に根ざしたものを感じました。
和歌山大学では茶の世界史を書かれた角山栄先生とともに、竹鼻先生にもお茶を通じての翻訳や
出版に期待しております。
あわせて、元シーシェパードのカメラマンで、現在鯨の食文化を世界に発信しようと活躍中の、
サイモンワーン先生を紹介いただき、その活動を皆さん応援したいとのことでした。

竹鼻先生、お茶を中心に的を絞った異文化交流の楽しいお話をありがとうございました。

著書・翻訳:
      『しなやかな組織としてのことば』(英宝社)
      

      『マンデヴィルの旅』(共訳:英宝社)
      

      『人のためのコンピュータデザイン』(共訳:英宝社)
      

 

*開催済みの研究わくわく人生塾の内容です。ご覧下さい

http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-801.html


http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-792.html


http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-831.html



     文責:塾長 渡邊豊



中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成26年6月つれもて会、コース;六甲山縦走第2回

つれもて会会員各位             平成26年6月23日 
            担当 神戸G 

平成26年6月つれもて会 例会報告
開催日;  平成26年6月22日(日)
コース;  六甲山縦走第2回

概要;  
当日の降水確率50%。歩きには最悪の予報。近畿全域、前日から小雨。
そのためか、当初の参加予定44名が32名と急激に縮小。

さて、JR須磨駅から徒歩で須磨離宮公園に出発。本格的な梅雨模様。
その時点では、離宮公園に到着後、散策、「おべんとう広場」で昼食後、昼過ぎに解散やむなしと確信。
しかし公園に到着した後、雨は止み、傘なしでバラ、アジサイ、スイレン、花菖蒲等を鑑賞。

1時間余の団体行動で自然を満喫。
そして、念願の「おべんとう広場」で食事。
島さん、矢内さん、西森さんが所用等で帰宅された。

7月の例会予定、8月の納涼会の案内、番外報告、会歌斉唱を行う。
そのころには空も明るくなり、天気は持つと判断。

12時過ぎに公園を出発。
横尾道コースの短縮版(高取山には向かわず、地下鉄妙法寺へ)を実行。
14時前に妙法寺駅に到着。全員怪我なく、無事解散。

雨模様で、予定が変更され、流動的な中で、行程全てに、皆さまのご協力があり、無事に終了できました。感謝いたします。
参加者 ; 合計32名
  
7月例会 : 7月20日(日) 担当和歌山G  高野山  
納涼会 : 8月24日(日) 担当阪神ⅡG          以上   

P1000302.jpg

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

柑芦会大阪支部メールニュース2014年7月号

柑芦会大阪支部メールニュース   2014年7月1日 発行

○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○○○○●○

 目次

1. 新執行部による大阪支部総会は今月19日(土)

2. 柑芦会本部、改革へ始動

3. 今後の予定

4. 報告

5. お知らせ

6. 情報募集中

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

1.大阪支部総会は今月19日(土)

見方支部長以下新執行部による今年の大阪支部総会が近付いてまいりました。
暑いこの時期とあって、20日時点での参加申込者は多くありませんが、同期会、
ゼミ、クラブ関係へ,実行委員会幹事だけでなく、みんなで呼びかけ、多くの
会員が顔を合わせられる機会を作れるようにしたいものです。
申込はまだ受け付けていますので、できるだけ早くご連絡ください。
日時:7月19日(土)11時~16時(開場10時30分)
場所:シティプラザ大阪2階
11:00~12:00 総会 支部活動報告
12:00~13:00
講演会「地産地消大学 オルタナティブ地域学の試み」
       講師:湯崎真梨子氏 和歌山大学地域創造支援機構特任教授
13:00~16:00 懇親パーティ
会費:7,000円 今年卒業会員:無料 学生:3,000円
参加申込み: osaka@kourokai.com
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-832.html
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2.柑芦会本部、改革へ始動
 
5月の柑芦会定例理事会で選出された青柳明雄会長とそれを支える副会長(大阪、
東京、東海、和歌山、神戸各支部長)による新体制の発足から1ヵ月が経ち、
母校との連携強化、各同窓会との協働、柑芦会各支部の地域事情に即した活動
支援、若手会員や女性会員の集まりやすい環境などの課題に取り組むべく、
本部機能の改革、会則の見直などに着手。
青柳体制を支援、推進する大阪支部も動輪としてサポートします。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

3. 今後の予定 

〇人生塾

研究わくわく人生塾『消費税の転嫁』
日時:7月7日(月)18時30分~
講師:片山直子氏(経済学部市場環境学科教授)
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-828.html

いきいき人生塾『Facebookと同窓の輪』
日時:7月15日(火)18時30分~
講師:菓 英一氏(46期)いきいき人生塾長 メットライフアリコ勤務
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-830.html   

*ビジネス人生塾、 いきいき人生塾の講師を募集中です。
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-752.html

○神戸ぶらくり会7月例会のお知らせ
日時:平成26年7月15日(火)18:30~20:00
場所:神戸市産業振興センター801号室
従来の場所とは違います
神戸市中央区東川崎町1-8-4(神戸ハーバーランド内)
JR神戸駅より海側へ徒歩5分
講師:山中直義氏(阪急電鉄広報部長)
会費:1,000円(講演終了後懇親会予定費用2,500円程度)
出席申込みは7月8日(火)までに 
ぶらくり会世話役の平林義康氏(20期)まで
090-8525-7293,FAX:079-427-4094,mail: hirabayashi9497@yahoo.co.jp

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

4. お知らせ

○17期懇親の集い
今月19日(土)の大阪支部総会終了後、17期懇親の集い(飲み会)を予定して
います。都合で支部総会に出席できない方、他支部に所属している17期の方も
時間があれば顔をお出し下さい。久し振りに一杯やりましょう!
場所:珍八香(ちゃこ)地下鉄御堂筋線本町駅下車・船場センタービル9号館B2
日時:7月19日(土)18時~
17期会世話人:本多康重、浦 義弘、前野俊彦、和田行央、野田真之、穂永千秋
問合せ先: hondayasusige@yahoo.co.jp
(本多),
suishin2010@dream.ocn.ne.jp (穂永)

大学から

○図書館展示「英語のひろがりに貢献した和歌山の人たち」
会期:2014年6月19日(木)~7月17日(木)9:00~17:00(平日のみ)
場所:和歌山大学附属図書館3階メディアホール
https://www.wakayama-u.ac.jp/post_655.html

〇第4回和歌山大学自然エネルギー研究会
日時:平成26年7月22日(火)10:50~12:20
場所:和歌山大学産学連携研究センター1階、多目的研修室
講師:野村典博氏
問合せ・申込:和歌山大学グリーンイノベーションプログラム
073-457-7575
c16d001@center.wakayama-u.ac.jp
湯崎真梨子
http://www.wakayama-u.ac.jp/greeninnovation/2014/0617_818.html

○夏季一斉休業のお知らせ
平成26年8月11日(月)~8月15日(金) 5日間
https://www.wakayama-u.ac.jp/post_653.html

〇第64回 わだい浪切サロン
テーマ:「現代日本の若者を考える」
日時:2014年7月16日(水)午後7時~8時半
話題提供者:山本 朗(和歌山大学保健センター准教授)
場所:岸和田市立浪切ホール1階多目的ホール
問合せ:岸和田サテライト 電話:072-433-0875 FAX:072-443-0875
E-mail:kishiwadastaff@center.wakayama-u.ac.jp
岸和田サテライト平成26年度後期社会人受講生募集
http://www.wakayama-u.ac.jp/kishiwada/post_285.html

○第49回 和滋二大学学長杯争奪総合定期戦
6月21日・22日和滋戦は12勝11敗1分で滋賀大学の勝利でした。
PRismの記事はこちら↓
http://www.wakayama-u.ac.jp/blog_koho/2014/06/post-466.php

<第49回 和滋戦>応援動画
https://www.wakayama-u.ac.jp/post_654.html

(おまけ)和歌山大学の学食メニューに「滋賀大叩き潰す丼」が登場し話題にww
http://blog.esuteru.com/archives/7718807.html

○Joint Concert 2014 (再掲)
日時:7月6日(日)開演15:00 開場14:30
出演:和歌山大学混声合唱団、大阪市大・大教大・関大混声合唱団
場所:大阪狭山市文化会館SAYAKAホール(大ホール)
http://www.sayaka-hall.jp/
http://2style.net/wakon/
 

○ワダイ広報Blog
http://www.wakayama-u.ac.jp/blog_koho/

○クラブ&サークル紹介 動画が続々と公開されています
http://www.wakayama-u.ac.jp/koho/club_circle/

○その他新聞等掲載情報はこちらで→載っています!
 和歌山大学 ホームページ 
http://www.wakayama-u.ac.jp/press/index.html

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

5. 情報募集中

○同好会、同期会、ゼミ、クラブをホームページで紹介、宣伝しませんか?
原稿は fwht6821@mb.infoweb.ne.jp
佐野(@sanoyoko535)まで。
 
〇このニュースに掲載する情報を募集しています。各クラブ・ゼミ・同期会等
今後の予定があれば、ぜひ事務局までご連絡ください。お待ちしています。

編集人:穂永千秋(大17)、佐野陽子(大42)

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/