中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

柑芦会発足90年の礎を訪ねる(岩国レポート)

本部情報:柑芦会発足90年の礎を訪ねる

6月12日(日)、今にも降り出しそうな梅雨空の山口県岩国市に於いて柑芦会発足90年に何か記念になることを、との思いで呼びかけた企画、『岡本一郎先生の旧居址を訪ね、愛媛・山口合同支部総会を盛り上げよう』
にご賛同をいただいた方10名が、集合したのは、新岩国駅午前十時でした。

前泊の人や、近畿、九州からそれぞれ早朝に新幹線に乗車して来ていただきました方、元気な顔がそろったところで、山本先生が待つ玖珂に出発です。

岡本一郎先生は山口県のご出身、この企画にご賛同いただいた山本健慈先生(和歌山大学前学長、現紀雲会初代会長)も同じ山口県出身ということで、当初から同郷の友人に精力的に働きかけて、ガイド役までかっていただきました。

 玖珂町千束は平成の大合併で岩国市に編入されたとはいえ、岡本先生の旧家は岩国市の西の端、都会と違い交通手段も十分とは言えない場所のため、小型バスをチャーターして移動手段といたしました。

岡本先生の旧居址は、千束記念公会堂として地域住民の活動の拠点でもあり、百坪を超す敷地の角に先生の旧居址の石碑があり、そちらに献花いたしました。我々が行くということで、前日から敷地に生い茂る雑草を刈り、建物内部も片づけていただいていたようで、鴨居には岡本先生の叙勲時の写真、地区の例大祭の写真なども掲げられていました。
岩国レポート3

岩国レポート4

山本先生の小学校時代のご友人からの依頼とあって、地元教育界の先駆けを作った岡本先生を敬愛してやまない松岡睦彦先生が、現地で案内をしてくださいました。

お墓は旧居の近くにあったそうですが、数年前に縁戚の方が東京に移されたとかで、今は記念石碑のみ残っているとのこと。
岩国レポート2

岩国レポート5

岩国レポート1

高松の経済学部にあった岡本先生の胸像の原型となる石膏像は玖珂総合センター2階に製作者の保田龍門氏より町に寄贈されたものとか。
地元の歴史を物語る化石のレプリカとともに飾られていました。
岩国レポート6
保田龍門氏は和歌山の那賀出身で晩年は堺に住まわれていたとのこと。
高商1期生の田坂長衛様(故人)が長州の有名な義士の家系とか、山本先生も含め山口県と和歌山県との縁は深いものがあるように感じました。スマホ、デジカメが活躍です。

山本先生を加え11名がバスで、合同会議の場所岩国国際観光ホテルに向かう頃には、ぽつぽつと降り出しましたが、錦川清流域は雨に現れた鮮やかな緑が続き、錦帯橋周辺も観光局でにぎわっていました。
岩国レポート7

会議が開かれるまで40分くらい、各人はそれぞれ緑雨の中、錦帯橋を観たり、お土産を選んだり、疲れを取ったりしていました。

愛媛支部の方たちとも合流でき、12時半から合同総会を開催いたしました。

 両支部の悩みは、ほとんどが柑芦会に無関心で、返信用の葉書付きで案内を出しても返事がもらえないこと、せめてもう一人でも顔を出せる人がいれば、動けるのだがという切実な悩み、盛上げ隊の参加者からは活性化に向けての様々なアイデア、これまでの経験談がだされ、柑芦会の1支部でできないことは、全体で、また和歌山大学OB/OGの括りで活性化を図ることが提案された。

岩国レポート10

2時間の間沈黙することはなく、誰かが必ず発言するという雰囲気で真に「活性化」の熱気を感じました。この雰囲気を次につなげていく努力が必要でしょうが、両支部長には感じるところがあったように思いました。
岩国レポート9



  最後に、この岩国の観光を一言
  辺鄙な場所のようで関西から新幹線で2時間の場所、穴場です。

錦帯橋周辺は、梅雨時は城山の緑と清流、菖蒲などが見事で、川の恵み『鮎』と郷土料理、岩国寿司もおいしい時期で外せません。
    「おいでませ! 山口」

 当日ご参加いただいた方は次の通りです(順不同、敬称、肩書省略)
 山本健慈、青柳明雄、宮本正、和田壽郎、見方益孝、渥美正道、本多康重、
 辻 均  平林義康、宮本高司、門屋孝博、門屋博文、穂永千秋 計13名

 皆様お疲れ様でした。そして活発なご意見ありがとうございました。
                           文責 穂永





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/