中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「少年探偵団通信」バルト・ウクライナ通信8 ユーゲントシュティール建築

8 ユーゲントシュティール建築
 ユーゲントシュティールは建築音痴の小生には馴染みのない言葉である。今回ラトビア
の首都リガを訪れた際、ガイドブックを見て初めて知った言葉で「アールヌーヴォー様式」を
意味するとのこと。
以下ウイキペディアからの引用
人間の頭部像や全身像、動植物を装飾に用い、曲線と直線の組み合わせを巧みに取り入れたユーゲン
トシュティール様式の建築物は、19世紀末から20世紀初めにかけて大流行したものの、移り行く世相の
中で機能性を重視するようになった社会に受け入れられず、急速に消えていった。実はこの時代にちょ
うど都市の拡張が行われていたリーガでは、それまでの木造建築を取り壊したあとに数多くのユーゲ
ントシュティール建築が建てられ、1914年まで建設ラッシュが続いた。その為今でもリーガには市内各所
に多くのユーゲントシュティール建築が残っている。とりわけ旧市街北部のアルベルタ通り・エリザ
ベーテス通り 等数か所でユーゲントシュティール建築が通り全体を占めているのは、ヨーロッパでも
このリーガだけしかない。
 詳しい理屈は判らないので兎にも角にも写真でご覧いただきたい。
blt81.jpg
blt82.jpg
blt83.jpg
blt84.jpg
blt85.jpg
blt86.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/