中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「少年探偵団通信」バルト・ウクライナ通信19 チェルノブイリ原発跡(1)

19 チェルノブイリ原発跡(1)
 チェルノブイリ原発の跡地を見に行った。事故から30年経った現場の様子を3回に分けてご
報告したい。
 この原発は1978年に稼働し事故が起きたのは1986年4月26日であるがロシア政府が事
故を認めたのは2日後の28日である。この事故で多くの人が亡くなったがその多くは事故直
後の消防隊員と作業員で彼等は放射能の脅威は知らせれないまま防護服もつけず作業に従
事したという。30年経った今でも回収されない遺体が現場に残されているという。
 驚くことに事故が起きたのは4号炉であるが、残りの3炉は事故後も運転をし続けたという
ことである。2号炉は1991年火災を起こして停止、1号炉は1996年にIAEAとの協議で停止、
最後の1号炉が停止したのは事故から14年半後の2000年11月のことである。
 事故直後から半径30 km内は立入り禁止措置が取られていたが2010年に放射線量低下を
理由に解除され、現在では多くの観光客が訪れている。
 原発から30 km地点に入場ゲートがあり、入場料$125/人を徴収する。その地点の線量は
0.14マイクロシーベルト(μ㏜)、10 km地点にもゲートがあり0.18 μ㏜、 一番線量の高かったの
は3-4 km地点の木造住宅を埋めたところが12.0μSvであった。更に事故炉から200~300 m位
のところに展望台があり、その地点では2.5μ㏜であった。
blt19.jpg
blt192.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/