中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「少年探偵団通信」バルト・ウクライナ通信21 チェルノブイリ原発跡(3)

21 チェルノブイリ原発跡(3)
 現在の状況はどうか。事故炉の近くに展望台が設けられ観光客はそこまで行ける。4号炉は
事故直後の6月から11月に掛けて造られたコンクリート製の石棺で覆われている。その耐久年
数は30年ということでその補強が検討されたが強い放射線に阻まれて出来ず、その石棺の
上にさらに巨大なシェルターを造って覆う作業が進められている。その巨大なシェルターは事
故炉の300 mほど離れたと所で造られ、可動式で完成後事故炉の上まで移動するという。シェ
ルターの大きさは横257 m、縦162 m、高さ108 mで重さは36,000トンで世界最大の可動建造
物という。
 その巨大なシェルターは展望台のすぐ近くで造られていて、その巨大な姿を展望台から見
ることが出来る。輪郭はほぼ出来上がっていて近々移動されるとのこと。
 チェルノブイリ原発事故跡を見ていると福島の廃炉作業が完了するまでの気の遠くなるよ
うな歳月が思い遣られる。
blt21.jpg
blt211.jpg
blt212.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/