中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

少年探偵団少年探偵団マルタ・シチリア通信5

5 マルタの印象
 本通信NO3でも述べたが首都ヴァレッタの海に面している部分は全て城壁で覆われている。
旧市街の街並みは美しく、どこを切り取っても絵になる。
その原因の一つは屋根の色が統一されていることであろう。
これはヨーロッパ全体に言える特徴である。
日本も日本瓦で統一すれば素晴らしい景観になると思うが、残念ながら地震に弱いというレッテルを貼られて悪者扱いされている現状では望むべくもない。

mlt5.jpg

 抜けるように澄んだ青い空、澄み切ってどこまでも青い海、林立するヨットの帆柱、縦横無尽に走り回る観光船、いつまで見ても飽きることはない。
観光客が押し寄せるはずだ。
旧市街を歩いていて目に就いたのが空き家の多いことである。
勿論具体的な数など判るはずもないが、とにかくよく目につく。
聞くところによると観光以外にこれといった産業はなく、平均月収は€1,000程度だが社会保証費は殆どが無料とのこと。
にも拘わらず空き家が多いのは税制に原因があるらしい。

 富裕層はいろんな理由で海外に出るが固定資産税が無料のため、自宅などを処分せず空き家で保有したまま放置している。
それらが長年蓄積し、今日のように空き家が目につく状態にまでなった、というのである。
今では持ち主を特定することすら難しい状況のようだ。

 何はともあれ世界最古の巨石文化を育んだ国、マルタ騎士団が築き上げた城塞都市、整備された海岸線沿いの遊歩道等々小さい国ながら魅力いっぱいの島である。
mlt52.jpg
どこまでも深い海の青、抜けるような空の青

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/