中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

少年探偵団少年探偵団マルタ・シチリア通信10

10 ヨーロッパの料理は塩辛い
 今回の旅行を通して食事は南イタリアを除いて概ね塩辛く我々の口には合わなかった。
勢いスーパーで食材を買って部屋食というケースも多かった。
しかし日本のようにテイクアウト出来る食材は種類は多くなく、レタス、パプリカなどの生野菜や果物でしのぐことも多かった。

 ではなぜ欧州の食事は塩辛いのか?調べてゆくと「水」に辿り着く。
数千年前は安心して飲める水が無かったため、その代わりとして水を使わないワインを飲むようになった(ドイツはビール)。

ワインやビールに合う食べ物は当然のことながら塩分が多めになる。だから欧州の塩辛い食べ物は2-3,000年もの長きに亘って育まれた食文化なのである。
では南イタリアでは辛くないのは何故か?いまだによく解らない。

 数千年も水代わりにワインやビールを飲んでいる内に結果としてアルコール分解酵素が多くなるようDNAに刷り込まれたのであろう。
昼間からワインやビールを飲んでも日常生活の支障にならないようにするためそのような体になった。
彼らが酒に強いわけはここにある。

mlt10.jpg

mlt101.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/