中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

少年探偵団少年探偵団マルタ・シチリア通信12マルコポーロ生誕地?(コルチュラ島)

12 マルコポーロ生誕地?(コルチュラ島)
 自由行動日を利用してコルチャラ島に行った。
この島の位置は前回(No 11)の地図でご確認下さい。
この島の売りは「マルコポーロの生誕地」である。

Mポーロの生年と出生地は謎が多い。
一応通説では12 54年ヴェネチア生れと言われている。
しかしコルチュラ島ではこの島の生れと主張し、ヴェネチアと生誕地を争っている。
 事実Mポーロが住んでいた家も存在し、今では入場料を取って観光客を入れている。
また、町ではMポーロショップが数軒ありMポーロブランドで色々のお土産物を売っている。

 「マルコポーロの家」に入ってみたがなんの変哲もなく、よくもこれで入場料を取るもんだと呆れるくらい何もない。
ほかにマルコポーロ博物館もあるが、馬鹿々々しいので入場しなかった。
mlt12.jpg

 この島はMポーロを売りにしなくても、それをはるかに凌駕する素晴らしい景色に恵まれている。
この素晴らしい景観をなぜ売りにしないのかと不思議に思えるくらい素晴らしい。
 
 海沿いのレストランで昼食を摂ったが抜けるような空の青、吸い込まれるような海の碧、沖行く船の数々、吹き抜ける爽やかな風、全てが絵になる。

 Mポーロを売りにしなくてもこの豊かな自然をもっと強調すれば観光客を引き付けることは可能ではないか。
要は関係者に景色で客を引き付けるだけの知恵がないだけのことである。
Mポーロで客を呼ぶのならもっと彼の関係資料を充実し、ヴェネチアから「マルコの生誕地」を奪い取るくらいの気迫が欲しいものだ。
mlt122.jpg
マルコポーロが住んでいた家(写真正面)          屋上からの景色

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/