中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

少年探偵団少年探偵団マルタ・シチリア通信15

15 ドブロヴニク(その3) クルーズ船のメッカ
クロアチアのドヴロヴニクはクルーズ船の寄港地として最も人気のある都市であ
る。ホテルの前の岸壁には毎日2隻が朝入港し夜出港していった。旧市街にある港
にも3隻が係留されていた。ガイドに聞くと毎日平均4隻程度は寄港しているらしい。
大型船が接岸出来る埠頭が不足していて、沖合に停泊し小型船に乗り換えて上陸
している船も半分くらいはいる。

神戸港や大阪港ではどれくらいか定かではないが、大型船に限れば月単位でも
それくらいと推測する。クルーズ文化が定着している欧米をバックグラウンドに持
つクロアチアと、クルーズ発展途上のアジアをバックにする日本とでは比較するこ
と自体が無理なくらい立ち遅れている。でもここにきて急速にクルーズブームが
巻き起こりかけている。これから急速に増えるアジアのクルーズ市場を考え長期的
な戦略を立てて進めば、日本には魅力的な観光資源が数多くあり将来的にクルー
ズ船の寄港地大国になることも夢ではない。今からでも遅くないので長期的視野
に立って環境整備を進めて欲しいものだ。
mlt15.jpg
mlt152.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/