中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

少年探偵団ベトナム通信9 コピ・ルアクを飲んだ

9 コピ・ルアクを飲んだ
 ジャコウネコの糞から採取したコーヒーが希少価値で珍重されている。本場はインドネシア
で「コピ・ルアク」と呼ばれ、フィリピン産は「カぺ・アラミド」と呼ばれている。どちらも飛び切り
高値で取引されている。これはジャコウネコが食べたコーヒー豆が腸内に存在する消化酵素
の働きや腸内細菌による発酵のおかげでコーヒーに独特の風味が加わり、未消化のまま排泄
されたコーヒーである。
 ベトナムでも生産されていてその農園を訪れ飲んできた。コーヒー通ではない私には普通
のコーヒーと何ら変わらない味であった。正に猫に小判である。
 価格.comで調べて見るとコピ・ルアクアラビカ100 gでギフト用7,500-8,000 円、徳用3,500-
4,000円と出ている。因みにブルーマウンテンは100 gで1,500-3,000円。また楽天のサイトでは
「コピ・ルアクプレミアムセット」200 gで50,000円となっている。如何にコピ・ルアクが高値かお
判りいただけるであろう。
 なお、ジャコウネコ以外にも猿や象の糞から採取しているものもあるという。特に像のは
ジャコウネコより高値で取引されているという。
 これを飲んでいる人は本当に美味しいと思って飲んでいるのか、高いから飲んでいるのか、
一度聞いてみたいものではある。
vt9.png

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/