FC2ブログ
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)       階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート! 菓 英一(このみ)経済46期

少年探偵団メキシコ通信4

4 テオティワカン文明
メキシコはBC8,000 年ころからトウモロコシの栽培をしていたことが確認されていて早くから文明が芽吹いていたことを物語っている。

BC1,300 年ころ「巨石人頭像」で有名なオルメカ文明が栄えた。オルメカは既に文字、数字、天文、暦を持つ高度な文明を形成していたがここでは省略する。

メキシコシティの北東50Km・標高2,200mのところにテオティワカン遺跡が残っている。

BC2世紀ころの起源と言われ、AD7 世紀ころから衰退しマヤ文明へとバトンタッチして行く。

最盛期のAD350~650 年にかけては人口20 万人を擁しコンスタンチンノープルに伍する大都市であった(当時世界で2 万人以上の都市はこの2都市のみ)。

この街は巨大なピラミッド2基(太陽のピラミッドと月のピラミッド)など巨大石造建築物を残している。

世界の3大ピラミッドと言えばエジプトのピラミッドだが(1 位クフ王底辺230m×高さ146m、2 位カフラー王215m×144m、3 位メンカウラー王105m×65m)、最近3位は太陽のピラミッド225m×65mという説も有力になっていると聞く。
※近年メキシコではチョルーラのピラミッド(400m×55m)が世界一だと主張し始めている。
(後日触れます)
mp.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/fm/

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/