中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

和歌山大学プレ・サテライト事業-岸和田にサテライトキャンパス誕生!!

平成17年12月17日土曜日午後2時00分~4時30分

和歌山大学プレ・サテライト事業-岸和田にサテライトキャンパス誕生!!
                    記念シンポジウムが大成功

来年4月、岸和田市の浪切ホールに和歌山大学が「岸和田サテライト大学院」を開設します。大学●まち●未来
-大学がまちにやってくる-と題した講演とシンポジュウム、交流レセプションが岸和田市「浪切ホール」で開催さ
れました。会場には岸和田市の関係者や岸和田市民が年齢層広く参加され熱心に聴講されていました。

オープニングには、明日結婚されるという中国を代表する二胡演奏家レイ・ウオンさんと和歌山大学教育学部出身の
ピアノ弾き語りの宝子(たからこ)さんによる「ぼくらの和大キャンパス」「きよしこの夜・サイレントナイト」
「見上げてごらん夜の星を」で心を洗われ、サイマと言う中国古来の馬の駆ける様子の二胡の演奏曲で元気をいただ
きました。お二人ご結婚おめでとうございます。
(プレ演奏の写真)


小田和歌山大学学長の挨拶では、岸和田市から和歌山大学に学ばれる学生の数も多く、岸和田市からの提案を受け、
大学側も市民の目線で学び、法人化後の事業展開を考えている。和歌山大学を活用しての新しい岸和田市を作るため
に大学と岸和田市が双方を信頼して事業を伸ばして行きたい旨が語られました。
(小田学長挨拶写真)


野口聖岸和田市長からは、大阪南部地域の戦略拠点としての和歌山大学によるサテライト大学院が浪切ホールでオー
プンする喜びとともに、岸和田市の創造的まちづくりについて市民が語り合う場にして欲しいとの期待が寄せられま
した。
(岸和田市長)

記念講演では、読売テレビの報道局次長辛坊治郎さんから、マスコミ情報の裏話など笑いを交えた絶妙なトークが披
露されました。情報が増えれば増えるほど真実を見抜くことが難しくなるので、その情報を正しく判断する為の知恵
を大学が授けてくれると強調。
マスコミ報道などでは政府の情報の真偽、スポンサーの影響力や圧力があるかどうか、新聞などで記事か広告かわか
りにくい情報など、その情報の意図をいかに見抜くかが教育の大切さだといわれていました。
(辛坊講師)


岸和田市文化財団理事の木津川計さんからは都市格と大学格についての条件が語られ、それぞれ「文化のストックと
知的インフラ」「景観と大学イメージの文化性」「発信する情報の豊富さ」の3つのポイントについてその重要性を
具体例をもとに話されました。あわせて入学者の減少の中、生涯学習の需要は増大しており、人口20万人の岸和田
市に目を付けた和歌山大学の先見性を賞賛するとともにその責任の重要さを強調されていた。これからは、岸和田市
に、より文化的な市民が誕生してくるとともに、現在国立大学法人と私立大学では文部科学省の予算割り当てが圧倒
的に国立有利のため、私大は生き残りのために必死であり、教える側にも社会的貢献を意識したより一層の努力が必
要だと叱咤激励されていました。
(木津川講師)


関西経済同友会幹事の帯野久美子さんは岸和田出身で先日もNHK番組でこれからの大阪について語られてましたが
市民が自分のテーマを持ち込んで大学に授業を受けに行くことが大切だと力説し、大学にはもっと実社会の事を教え
て欲しいと注文されていた。
岸和田から5000円で出荷した生地がミラノで染色され難波高島屋で75万円のコートとして売られていることを
引き合いに、岸和田市でのソフトの充実と多様なプロデューサが現れることを期待していました。


交流レセプションでは、民の謡(たみのうた)代表の森田玲様による「だんじり篠笛と和太鼓共演」も披露され、大
変に盛り上がりました。乗杉経済学部長もご挨拶されました。準備をされてきた大学関係者の皆様、お疲れ様でした。
(交流会演奏写真)


(経済学部長の挨拶)


岸和田サテライト大学院への出願要項は来年の2月中旬に発表されますが、来年の開設科目として、教育学研究科、
経済学研究科があり、実社会にすぐにでも応用が可能な内容を事例を踏まえながら講義してくれるようです。
当初の募集人員は各講座とも20名弱のようですが、興味のある方は、和歌山大学研究・社会連携推進室
(073-457-7021)までお問い合せしてみては如何でしょうか?

 報告 33期 渡辺 豊

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/