中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

05総会反省会

日時:17年11月11日(金)18:30~21:00
場所:柑芦会大阪支部会館
出席者(敬称略)
  3亀田、8今井、8大道、8山田、10萩平、10平井、10松本、10神原、
11中曽、20船瀬、40木村、46菓
議題
A今年の総会の問題点
1準備段階で問題点   総会反省会議題
・ 第4回実行委員会は直前に、
・ 実行委員会の日程を早く決める
・ 案内に締切日入れること
2動員方法の問題点
・ 同期会をするように仕向ける
・ クラブのつながりを活用する
・ 総会終了時点から動員対策をスタートする
・ 過去の出席実績を一覧表にする
3 年会費徴収方法
・ 今年の方法を継続
4受付
・ スムーズで良かった。
・ 懇親会のみの出席者は事前に把握しておくこと
・ 懇親会場で待つ席が必要
5講演会
・ 内容は良かったが、後部座席での私語が多かった。制止する担当をつけること(プラカードで)。
・ 講演会場で待ち時間に第二学歌を流したのは良い
6総会
・ 会長の挨拶が長過ぎる。総会ではなく懇親会で乾杯をしてもらう。
・ 時間の催促する
7懇親会
・ 時間が短過ぎる。ちょうど良いという意見もある。乾杯後1時間45分確保すること。
・ 写真係りをもっとキッチリ決めておくこと
・ 学長の話も少し長い
・ 寮歌の時は全員前に集めること。少なくとも立ってもらうこと。



B来年に向けて
1 日程 
・ 6月10日(土)
2場所
・ 新阪急Hでは狭い、早急に検討する。
3総会の内容
・ 講演会は継続する
・ 懇親会での余興はやらない
・ 先輩から後輩に話し掛けて欲しい。後輩からは行きにくい
・ 正副委員長は名刺をもっと配ること
4学生の会費
・ 3000円を継続
5幹事の見直し
・ 組織委員会で検討する(年末か年初)
Cその他
1常任幹事会と幹事会の日程・・・1月10日(火)と1月27日(金)
2年会費納入促進方法・・・組織委員会で検討

5期 石田晴一
懇親会の時間が少な過ぎる
8佐部田貢一
出席者名簿の学生欄・・出身高校名を入れる。同窓の先輩から声が掛けられる。
39期小柴学司
講演会の時間を短くして、懇親会の時間を長くしたほうがよかったかなと思いました。    
14期 吉川 博司
①講演会
前から座っていただくようにするのには、奥山氏も随分ガンバッテくれてましたが、なかなか難しかったと思います。
会長のあいさつが長すぎた感あり。支部長の挨拶が迫力あっただけに目立ちました。
講演内容は、わかりやすく良かったと思います。
 ②懇親会
先生、職員の来賓の方の紹介が、間延びしたように思われました。
食べ物は、充分で良かったです。
1期 虎間喜一
懇親会の時間が短い
景品を出すと盛り上がる
10期 秋月功
受付名札を2階から地階に移すタイミングが難しい。懇親会のみの参加者は事前に掌握すべき。
18期北村修一
若い人達から見ると同窓会というのは一部の古老の人達のための会合であり、古老の人達ばかりが頑張っている組織と見えている、という点です。
これだけ幅広い年代の同窓生をひとつに結集させるのには無理があるのではないか。例えば、「寮歌斉唱」ですが、栄谷のキャンパスの雰囲気とあの寮歌とはマッチしないし、最近の世代にとっては寮歌に対して我々世代ほどの共感性があるのだろうか、という疑問。
ではどうすればいいかというと、
① 柑芦会を2つか3つの世代毎に分けて、日頃はそれぞれ毎に集まりやすいように世代共通の活動をやらせたらどうか、そしてそれぞれが活性化したものを総会やその他の全体活動の場にも集合させたらどうか。
大阪支部の中に「青年(若年)部会」的なものを編成する。
② 平日の行事は現役世代は参加できない。平日の夜か土日に、あるいはネット上で交流させるような企画の方が現実的ではないのか。
2つ目の問題
毎年の総会で年会費のことが課題として語られているが、斬新な対策が打たれていない。聞いている方は「またか」と少々嫌気がさしてくるという意見です。
対策案として出たものは飲んだ上での思い付き的な意見ですが
①折角これだけメールアドレスが集まってきたのだから、広報物についてもいつまでも紙ベースではなく「メールマガジン」へ主体を移して、内容を充実させつつその維持運営経費として月額100円ずつ徴収する。
②人生塾等の案内メールの最後部に「自動払込み」のお願いと共にその「申込書」を添付しておくなど、自動払いについてのPRの機会(露出度)をもっと増強する。
③入会者には会員専用の「カード」(自動引き落とし口座つき)を作成してもらい、会費はそこからの自動引き落としを原則とする。(これはかなり難度の高い案ですが)
④「年会費」ではなく「月会費」として300円とした上で納入方式としては「年払い」方式を原則とする。これにより年額は3600円となり実質20%アップとできる。
神原克收 10期
1第4回実行委員会の日程が早過ぎた
2懇親会の時間が短過ぎる
                             

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/