FC2ブログ
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)       階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート! 菓 英一(このみ)経済46期

「第17回 柑芦経済講演会」

盛況裡に開催されました!

 1988年第1回の開催以来17回を数える歴史ある「柑芦経済講演会」は、2月4日(土)大阪産業創造館にて、140名満員の会員を迎え盛況裡に開催されました。
「経済成長と私達の生き方」をテーマに、3名の講師:
  和歌山大学 経済学部       助教授  足立 基浩 氏 (ケンブリッジ大学大学院卒:博士 1968年生まれ)
  日本福祉大学 福祉経営学部   教授   安宅川 佳之 氏 (大学10回卒)
  元ダイエー社長、TMI総合法律事務所・(株)ザイマックス・富士ソフトABC(株)顧問
                              高木 邦夫 氏 (大学14回卒)
それぞれの立場にて、30分間の講演をなされました。
 足立講師は、専門の「都市再生論」の立場から、「ぶらくり丁の再生」の現状と取り組みを「PDCAサイクルとまちづくり」として具体的展開を紹介され、「センチメンタル価値」の概念を説明されました。
 安宅川講師は、生涯研究課題の「コンドラチェフ波動」の観点から、「日本経済を如何に活性化するか」を話され、長期波動の中では現局面(2006年)は「景気の上昇局面(若い段階)」であると
断じていました。
 高木講師は、ご自身の職歴(1966~92年:ダイエー経営企画、92~2000年:リクルート経営者、01~04年10月:ダイエー社長)と対比された、高度成長期(1960~90年)、調整・
マイナス成長期(90~2005年)、低成長期(2005年~)と区分され、環境・事業・具体例の3点から、それぞれの時期について経営・実践を話されました。特に、経営信条「深く良く考える」
「複数尺度を持つ」には共感する会員が多いと感じました。

その後の1時間は、船瀬裕文氏(大学20回卒)が司会され、講師と会員による活発な議論と質疑が行われました。会員には自説を主張される方もあり、例年以上の楽しさと興味の尽きない講演会となりました。

写真はこちら                                                                       (文責  松本 健)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/fm/

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/