中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成19年度1月度イキイキ人生塾

2007年1月23日(火)18:30~21:00

     テーマ:「東西文明の交差点 神秘のトルコに学ぶ」

      講師:岩永征四郎さん(大学14期)
           鳥取県出身
           昭和41年和歌山大学経済学部卒業(小野ゼミ、マンドリンクラブ)
           大和證券に入社、その後三洋電機に転職。業務用冷蔵庫の
           販売施行メンテに奮闘。平成14年定年退職

 岩永さんは、昨年2006年3月14日から3月28日の15日間にわたりトルコを旅行をされた
そうですが、今回のテーマはその旅行報告でした。しかしながら、話の内容は単なる報告ではなくて、
旅行後にトルコについて大変な勉強(研究)をされた研究報告でありました。16名のツア-だったそ
うですが、その旅行を契機にトルコの歴史と取り組まれたことに感激いたしました。私はトルコに
旅行したこともありませんので、ほとんど初めて聞くことばかりでしたが、十分にトルコの歴史を理
解できた気分になりました。ここに、岩永さんのその強烈な印象を述べさせていただきます。

 まず第一に、研究成果をパソコンを駆使してご自身で「年表や地図」を何枚も作成されていたこと
です。古代都市トロイは、紀元前5000年に始まるそうで第Ⅰ期から第Ⅵ期にわたり築かれてきた
ということです。つまり同じ土地の上に6層に渡って都市が建築されたということです。従って遺跡
を正しく理解するには時代認識を把握することがどうしても必要だったということでした。当日配布
された年表は4・5種類、地図も十数種類ありました。それも期別(層別)に6種類に色分けされて
いました。お陰で、素人(?)の私にも十分想像を働かすことができた次第です。

 第二に、旅行後トルコに感銘を受けて猛勉強をされたということです。普通は、事前勉強をするの
ですが岩永さんは、旅行後図書館から本を借りたりして勉強したそうです。(神原さんによると、ほ
とんど「おたく」の状態であったと言っていたそうです。)時あたかも塩野七生さんの「ローマ人の
物語」が完結したわけですが、その古代ローマよりさらに3000年も遡るトロイの歴史や遺跡に必
死に取り組まれた様子がひしひしと感ぜられ、大いに感激いたしました。

 第三に、これは私の不明でありますが、トロイでは紀元3000年から5000年の歴史が「史実」
として明らかになっていることに驚かされた次第です。なぜかというと、日本では紀元6世紀の古事
記・日本書紀があるていどで、紀元3世紀に成立したといわれる大和朝廷の歴史すら明らかではあり
ません。「なぜ、日本の国家の成立過程が明らかでないのか?ヨーロッパの歴史で明らかなのはなぜ
か?」というのが私の疑問でありました。岩永さんの話を聞きながらその理由ははっきりいたしまし
た。トロイにはすでに図書館があったようで、記録(多分パピルス)による歴史が紀元5000年の
昔から存在したということです。このへんに、合理的・客観的な見方をするヨーロッパと情緒的(?)
日本との違いのようなものを少々感じました。

 第四に、話のあとでの参加者との懇談の中でトルコに関する幾つかの疑問が解決できたことです。
「トルコが親日的なのはなぜか?」「トルコ民族はいないのか?」「トルコ語が無くなったのはなぜ
か?」ここでは答えは言いません。私には、岩永さんだけでなく、参加者(私には先輩の)の皆様の
博識にも驚かされました。

 最近私も、歴史に興味を持つようになりました。日本の古代史、近現代史・・・等々。
それにいたしましても岩永さんの探究心にはただただ感服いたしました。
どうも感動と感銘を与えていただきありがとうございました。

                                 報告:浦 義弘(17期)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/