中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

6月度ビジネスマン人生塾

6月12日
講師 : 井上 亮二(20期)
「サラリーマンとしての経歴(キャリア)」
~明日の自分の太陽は自分で釣り上げろ~

今回は、株式会社サンリバーで現在社長としてご活躍中の井上亮二(20期)様に、ご自身のこれまでのキャリアと、キャリア形成に対する考え方をお話いただきました。
「目の前のことに一生懸命取り組んだキャリアが次に繋がる」という哲学を実践されたお話は、ぜひ現役若手会員の方に聞いてもらいたいと感じました。

大学時代は硬式テニス部の主将を務め、伊藤忠商事(株)に入社。海外での業務を希望していましたが、国内鉄鋼本部に配属となります。ここで得た業界・仕事の流れ・商品の知識が、18年を経てマレーシア、タイでの新規事業立ち上げの成功の力となります。この活躍から、今度は名古屋でトヨタグループの窓口となり、伊藤忠丸紅鉄鋼㈱の初代名古屋支社長になられます。ここで豊田自動織機からヘッドハンティングされ転籍、2005年には常務取締役となり、2006年に豊田自動織機100%子会社の(株)サンリバーの社長となります。

すばらしいサラリーマン生活をできたのは、次に繋がるキャリアを無意識のうちに作ってきた、作らされてきたからだろうと振り返ります。
大学時代、硬式テニス部で主将として打ち込んだこと。伊藤忠商事に入社後、国内で業界・製品の基礎の習得に打ち込んだこと。全てが次のステージに繋がっています。

井上様が入社以来いつも考えていることです。
『太陽は昨日も昇ったし今日も昇る、又明日も当然昇ってくる。しかし自分の太陽は自分で釣り上げるしかない。』

お忙しいところ、たいへん勉強になるお話をいただきありがとうございました。

文責:菓 英一(46期)6

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/