中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成20年大阪支部総会反省会

日時 7月11日(金)18:30~20:30
場所 柑芦会大阪支部会館
出席者(敬称略)10名
  萩平支部長、笠井、櫻井、塩谷、大道、早島、足立、浦、東海、金子
事前準備
  手書きの名札が多すぎる。出席の返事があった者に、作成の漏れがあったのではないか。責任者を決めてチェックすべき。→事前準備で出席名簿から5名でチェック済み。                                       リボン付けの女性の手配を行っておくこと。
開催時期
  真夏の時期を避けてもっと気候の良い時に出来ないか。7月はやめてほしい。
  早期に開催時期を決めること。開催場所も同様。
動員対策
  短期間の準備にしては、総参加者 259名と悪くはなかった。
  若手の参加を図るべき。そのためにはメンバーの情報(勤務先、役職、現役、退職)を名簿、名札に記載したらどうか。
  上記メンバーの情報の記載を勝手にやって良いか。そこまでして学生を集める必要はあるか。それより卒業者の若手を集めることが緊急の課題ではないか。
  就職に役立つ場として大阪支部総会を利用するのはどうか。他の場で検討したら。
  情報を調査、記載する膨大な手間とその効果を考えると実行は困難だ。
  絵画展示、観光と絵画の講演会は参加者増加の効果があった。
  学生は参加10名。参加費3千円の為でないか。今後も有料にすべき。
  学生の参加そのものも検討すべき。
受付
 期別分担がうまくいって、スムーズな受付でよかったと思う。
 総括者を決め、経理責任者を決め、混乱なく終了できた。
 現金管理についても事前に打ち合わせ通りで満足する結果であった。
講演会
 時間は1時間でよいのではないか。そうすれば懇談会の時間がもっと伸びるし、望ましい。
 2つのうち1つは若手が興味を持ち、参加できるものにすればどうか。
 観光学部長の講演は観光の意義を分かりやすく解説され好評であった。
 絵画の講演会はユニークでおもしろかった。評判も上々であった。展覧会はつづけたらどうか。
食事
 昨年と違い、あまっていたほどであった。懇談会の時間が短かったからではないか。
  ホテル側には量を中心にと要望したため。
 質をおとし、量を増やしたとのことであるが、質が悪いとは感じなかった。食事は良かったのではないか。 学生が減ったので量が足りたのではないか。
 持ち込みの酒、ワインは昨年より消化が増えた。ホテル側に積極的に参加者に勧めたからと思われる。
マンドリン演奏
 約40分の演奏は長いのではないか。
 毎年行う必要はあるか。 さまざまな好みがあるのであるから強制はしないでほしい。
 演奏者にわざわざ遠隔地から来てもらい、各人交通費は自弁で、他支部の人、学生は会費7千円はなし。学生への扱いは再検討すべき。  
                                以上

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/