中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

9月度イキイキ人生塾のご報告

                                             平成20年9月17日実施

「成年後見制度」についての感想

9月17日水曜日、初秋を迎えても、なお暑さまだ厳しい中、柑芦会館にて「成年後見制度」についてと題して、大学16期の山本雅昭氏より講演願いました。
冒頭、自己紹介の中で、「如願寺」と言うお寺の住職である事、大学卒業後上場企業2社転職後、現在、僧侶とNPO活動を行う事になった経過を話されました。
55歳で退職後、2000年に自ら成年後見制度NPO法人ネットワーク「やすらぎ・ねっと」を立ち上げ、現在専務理事としてその運営に当たっておられます。住職とNPO活動が車の両輪のとして、山本氏の退職後の人生を充実したものにしているようです。
「成年後見制度」については、「法定後見」と「任意後見」とに分かれ、各々の内容につき具体的に説明を受けました。
認知症(痴呆性)知的障害者、精神障害者、自閉症、自己などによる脳の障害等、によって判断能力が不十分な人の、社会生活を支え、人権を守るのが、この制度ですが、正直、健常者にとっては、説明を受けるまで、制度も初めて聞いた程度の認識でした。
自分の身に、いつ何時「後見」を受けねばならない状況が発生しないとも限りません。
その時、この「制度」により助けられる事を日頃から想定し、しかるべき人に伝えておく必要がある事、再認識いたしました。
また、山本氏は、僧侶だけに「法縁」と言う言葉を使われ、この世の「縁」が大事と言う事と、ご自身ご家族の皆様ぐるみで、この任意後見のためのNPO活動に自ら社会貢献されておられる事、なかなか出来ない活動だと、感動いたしました。
山本様、長時間のご講演ありがとうございました。
なお、詳しく知りたい方、山本氏への連絡先添付いたしておきます。
(文責 吉川)
http://www.kourokai.com/photo3/yasuragi.pdf

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/