中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)       階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート! 菓 英一(このみ)経済46期

10月度ビジネス人生塾のご報告

今回は、『関西の地価動向について(速報)』というテーマで不動産鑑定士の

松本孝司(大学41期)さんにお話しいただきました。

まず、今年9月に発表された地価公示を基に関西の商業地および住宅地の地価動向を
説明していただきました。
全国的に地価は低調で、とりわけ関西でも例外ではないとのことでした。

特に、繁華街を中心に地価上昇率が鈍っているということであり、「ミニバブル」は
終息したとのことです。
質疑応答では、「平成のバブル期における地価高騰は不動産鑑定士もその一端を担っているのでは?」

という厳しい意見や
「不動産に対してどのように評価すべきなのか?また何が適正な価格なのか?」といった
一歩踏み込んだ質問もあり、不動産評価について考えさせられる有意義な時間となりました。

文責 夫馬竜司(47期)
P1010080.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/fm/

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/