中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

イキイキ人生塾2月度「社会人大学院へのススメ 」

イキイキ人生塾 (2009年2月25日(水)開催)
講師:古田克利氏(大45期)
           参加者11名

テーマ「社会人大学院へのススメ 」

今回は、和歌山大卒業後、富士通(株)に入社その後にパナソニック情報システム(株)に転職され勤務のかたわら
2005年に大阪府立大学大学院に入学し組織行動の研究をされ、現在人事責任者として活躍中の古田克利さん(大45期)にお話しいただきました。

<古田さんの著書の情報です。>

社会人大学院へのススメ
「四世代体験記 三十、四十、五十、六十代のチャレンジ」

著作:商都なんばから翔く会
出版社:大阪公立大学共同出版会
価格:1,500円(税別)
ISBN-13:978-4-901409-45-2
社会人大学院へのススメ

この本は、大阪府立大学大学院経済学研究科なんばサテライト教室修了生による社会人大学院の体験記です。
各著者の世代も幅広く、多様なバックグランドを持った人々の思いが入っています。


古田さんが、社会人大学院として大阪府立大学を薦める理由は、

1.授業や研究の拠点が、「なんばパークス」にあり交通の便が良い事。(特に大阪南部の人)

2.院生の平均年齢が高く、年齢層が厚い事。
  大阪市内にサテライトキャンパスをもつ他の社会人大学院と比較した場合、大阪府立大学大学院は平均年齢が高く、
  50代・60代の人も多くおられるそうです。

3.1つの授業の受講生が少人数である事。

  以上3点です。

大学院における古田さん研究テーマは「キャリア形成支援制度に対するイメージギャップの定量的研究」で、現職の会社を事例にし研究しています。
現在まで数多く研究されてきたキャリア形成支援制度に対する取組みの研究ではなく、企業内部の視点に立った運用面についてを切り口とした新しい研究です。

これから、まだまだ社会経験を積み重ね行こうと考えている私にとっては非常に参考になる講演をしていただき、古田さん、ありがとうございました。

文責:大井信寛(院32期)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/