中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

イキイキ人生熟 「柑芦会結婚相談室の紹介と婚活について」の報告

          イキイキ人生熟
            「柑芦会結婚相談室の紹介と婚活について」の報告
                                          14期 吉川博司

今回は、大学3期亀田憲治さんにお願いして、柑芦会の結婚相談室の紹介と最近の結婚の状況について、ご講演いただきました。
P1010020.jpg

冒頭、結婚適齢期の話から始められ、最近は結婚年齢が高齢化しており、年中行事に言い換えて「クリスマス」から「大晦日」さらに「七五 三」に至っている・・・すなわち25歳――31歳――36歳さらに38歳{7×5=35さらに35+3=38}と晩婚化の傾向にあるということです。それに伴い、出産時期も高齢になり、自然と子供の数も少なく成り、言うところの、少子化に拍車がかかっている。この状態が続くと将来日本の人口は、8000万人台に減少するとの予測をのべられた。さらに、結婚しない、あるいはできない男性、女性、中でも女性の高学歴、高収入、高教養はますます婚期を遅らせていると指摘された。
約2時間のお話で、最近の結婚に関する統計データを駆使され、実際の相談内容、結婚に至った成功事例、また失敗事例もおり込み、ユーモアを交えながらの講演、参加者一同ひきこまれたひと時でした。相談室のご苦労話を語られながらも、独身で結婚にこぎつけられない人のためになんとか役立ちたいという、大きな志を感じ、私などとてもその役目を果たせないと痛感いたしました。
最後に亀田さんは、子供の結婚については、両親が早くから考えて、常々教え導く必要があると強調された。そして、結婚とは、妥協の産物であることも教えるべきですとのアドバイスも・・・。
人生の大きなイベントである就職・結婚について、二極化の中で大きな格差を生みつつある。これを解決する方法として、親の指導が益々望まれていることを強調されました。結婚とは、「人生の墓場なり」と喝破した古人もいましたが、齢66歳にして、今、結婚生活もまた良いなあと思う今日この頃です。亀田先輩をはじめとする相談室の皆様、これからも縁結びに邁進いただくこと、ご祈念もうしあげます。
     添付 結婚相談室の案内案内資料
P1010019.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/