FC2ブログ
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)       階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート! 菓 英一(このみ)経済46期

第21回 柑芦経済講演会報告

                           平成 22年2月 26日
第21回 柑芦経済講演会報告
                          実行委員長   松本 治直(大学14期)
                           講演会レポート作成渡邊豊(大学33期)

 1988年第1回の開催以来21回を迎える歴史ある「柑芦経済講演会」は、
2010年2月13日(土)大阪産業創造館にて 150名の会員の参加をいただき
盛況裡に開催されました。

「日本経済の出口を探る」激動する経済 -明日の企業経営の道- をテーマに、
  安積敏政氏  甲南大学経営学部教授
「激動するアジアにおける経営戦略」-私ならこうする-                        
  青柳明雄氏  (大学16回) 関西経済連合会参与
「環境技術を日本・関西経済の突破口に」
 上記 2名の講師がそれぞれの専門分野での研究結果や実践データに基づいて、講演をしてくれました
 安積講師は、ジャパンアズ№1と言われたのは30年前、これからはアジアアズ№1の時代になり、日本の経済力は今後アジアの中でも3分の1程度になると明言。
成長企業の売上げや利益の源泉が日本からアジア、オセアニア、中近東にうつり、そこでの事業展開の如何が勝ち組と負け組を決定するという。
そして、日本にいては見ることのできない中国-インド-アセアンの大きなトライアングル経済圏を活かせるかがポイントと説明されました。
深く知りたい方は、先日出版された講師の著書「激動するアジア経営戦略」日刊工業新聞社刊をお読みください。


ob-keik1 005


 青柳講師は、関経連のセミナーの内容を通して、監督官庁依存や政府の成長戦略任せでなく、関西の企業が(1)アジアの成長を如何に取り込むか(2)環境関連技術は関西がリーディング、の観点から水ビジネス・太陽光発電・リチウムイオン電池・生産しない工場(リサイクル)などをキーワードに、水や環境に苦労しているインドや中国へのパッケージとしてのソリューションの重要性を強調されました。
関西発の環境に強い会社の事例が170事例に増え、中国政府からも強い関心が寄せられているようです。
関西の伝統経済の繊維産業や半導体産業のノウハウの蓄積が新しい技術として環境・エネルギー分野で花開くという大きな夢を語って頂けました。
ob-keik1 008

続いて、
「私・私の会社・団体の突破戦略」のパネルディスカッションをテーマに、3名のパネリストがそれぞれの突破戦略に関して、まず10分間程度での発表をしてくれました。
 金銅重弘氏  (大学27回) チョーヤ梅酒(株)社長                        
 廣田隆彦氏  (大学34回) 日東電工(株)
大阪支店営業統括部・ロジスティック部・物流企画グループ課長
 市平和久氏  (大学45回) 近畿経済産業局地域経済部 
産業人材政策課企画係長
 
 金銅氏は、日本にはモノ・情報・お金は充分あるが、人材面が心配だということで、強い精神を持った情熱的な若い人を育てたいと、社員づくりを上げられた。
ob-keik1 016

 廣田氏は、海外売上げが7割となり、流通戦略や物流システムの再構築を通して効率化を図らねばならないことを強調されました。
また、顧客層はエレクトロニクスや自動車がメインだが、水ビジネスのパッケージ化などノウハウも蓄積していることをあげられた。
ob-keik1 018

 市平氏は、アジア・環境は切っても切れない。(1)健全な危機感で模倣や知財、商慣習などのマネジメント(2)留学生や海外人材の活用(3)関西は環境ビジネスの牽引役、と強調し日本の進出の遅れも危惧していた。
ob-keik1 021

その後青柳氏がコーディネートされ、安積教授のコメントも加わり会場とも活発な議論と質疑が行われました。
パネリストの方々にはそれぞれの立場で明快にお答え頂けました。

会員の皆様方におかれましては、例年にも増して講演を熱心に聞かれ、時流に則した興味深い講演会となり 大変満足されていたようです。
来年の経済講演会も楽しみだとの声も聞かれました。  
ob-keik1 001

ob-keik1 002
            
                                                 以上

テーマ : 生涯教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/fm/

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/