FC2ブログ
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)       階層別社員研修 積極的相互依存で経営者・リーダーの人材育成をサポート! 菓 英一(このみ)経済46期

3月度研究わくわく人生塾:日本的雇用慣行の分析 -能力主義管理の視点から

2010年3月16日(火)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師:国立大学法人和歌山大学経済学部経済学科准教授
    岡田真理子(おかだまりこ)先生 経済学修士 東京大学経済学部経済学科

参加者11名

テーマ:「日本的雇用慣行の分析 -能力主義管理の視点から」

能力主義管理という視点から戦後日本の雇用制度の特徴を分析され、能力主義管理が日本の生産性にもたらした
メリットと労働現場にもたらすデメリットの両面から雇用制度のあり方を教えていただいた。
女性の講師が続いてますが、制度派経済学という側面からの分析手法もよく理解できました。

h22.3.16kenwaku 001



講義内容

1.制度派経済学
  
  マル経でも、近経でもない、どちらかと言えば社会学部の要素が強い制度派経済学というものがあります。
  それぞれの習慣をルール化し、明確な仕組みや制度を作ることを研究するという。
  より実社会に近い学問として泥臭さの中にもやりがいがあるようです。
  システム(制度)はカスタム(人々の習慣)の積み重ねらしい。

2.戦前戦後の査定制度

  実は戦前から仕事・生産の出来高で給料を払う事が多く、そこに査定制度が生まれて、戦後にも継続性が
  一部あるという。賃金統制もあったが、インセンティブで労働者を囲い込んだらしい。
  戦後はGHQの管理改革が重要な意味を持ち、国家公務員の勤務評定制度も存在はするが、形骸化した。
  労働者からは働きを評価して欲しいという要請があり、一方で正当な評価が難しく形骸化してしまう。
  (1)評価制度の妥当性が大切(2)上司が評価結果を開示するフィードバック制度の必要性

3.能力主義管理

  1950年から60年では職能給で査定の議論があり、勤続が長い方が評価されやすかった。
  労働者は家族の有り様を会社に合わせる能力が求められるなど、「やりがい」という名で能力が搾取された。
  60年代では日経連も「能力主義管理」を強調したが、日本の生産システムにマッチするとともに長時間労
  働などのマイナス面もでてきた。
  1970年代から80年代では年功的側面が強くなり、90年代の長期不況下からは賃金を抑える意味で
  潜在能力はカットして、アウトプットの成果主義へと揺り戻された。

  今後は、日本的なフレキシビリティーを再考し、正当な評価システムをどうするか考える良い時期に来て
  いるという。

                                               以上


h22.3.16kenwaku 003


参加者からは、講師のさまざまな経験談について質問が相次ぎ、あっという間の人生塾でした。
普段の学校での講義でも「前振りが多く、結論がない」と謙遜される講師ですが、研究されている内容に信念が
感じられ、思わず引き込まれてしまいました。
岡田真理子先生、大変お忙しいところ人生塾のために分かり易い資料をご準備いただき、制度派経済学としての
分析と解説を本当にありがとうございました。
大阪にはあまり来られたことが無いと言うことでしたが、これからも会館にお気軽にお越し下さい。
先生には是非、これからの公務員制度や雇用制度にも望ましい評価制度をできるだけ早く確立され政策提言して
頂けることを多いに期待しております。

著書・論文:
      「国家公務員の勤務評定制度」(社会政策学会誌『社会政策における国家と地域』2000.4 所収)
      『教育行政と労使関係』(エイデル研究所 2001.5 第3章「労働時間」)
ワーク・ライフ・バランスと社会政策』(法律文化社 2008.9 第5章「査定と昇進」、第6章「労働時間」)

文責:塾長 渡辺 豊(33期)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/fm/

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/