中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

イキイキ人生塾「イスラムの世界」を聞いて

イキイキ人生塾「イスラムの世界」を聞いて
平成22年6月4日
14期 吉川博司
今回は、海外駐在歴10年余り、出張で訪れた国100か国に及び、現在もなお海外を飛び回っておられる、7期岩井定敬様に「イスラムの世界」について語っていただいた。
P1010127.jpg

始るにあたり、ガラスのケースに入れられた「中東の砂漠の砂」が、参加者に回され、資料で中東の地図が配布されると、なにやら「アラビアンナイトの世界」に包まれた雰囲気になりました。

それをさらに、現在の中東の現実に対面させられたのは、持参されたアルバム、やパンフレットから、石油産出国の壮大なる建築施設の数々と、格差があるとは言え、社会福祉の整った豊な国というおはなしでした。

近年、我々は、イスラムは、原理主義は、過激派は、テロリスは、人類共通の敵と言う図式に短絡的に洗脳されている感があります。
今や、世界の宗教人口の中で、イスラム教は、13億人いると言われ、年々増加しているそうで、この宗教は、全て神様のお導きにより(インシャラー)物事が進む考え方のようです。
また、今日まで、世界中に遺した功績は数々あり、例を挙げれば、、、我々が、当たり前に書き計算に使用している算用数字、6000年前のイスラム料理の流れが今日のフランス料理の根源を成していること、月の満ち欠けからの暦の作成等など、人類への貢献は、枚挙に暇がありません。

以上、岩井様が、商社丸紅のアラブ首長国連邦駐在時代(1983~1987)の体験とその後のご経験を語って頂いた要旨をまとまりなく連ねました。

岩井様が、駐在当時現地で体験した中東情勢と、極東の島国日本での感覚の落差に大いに途惑われた日々が、ひしひしと伝わってまいりました。
「イスラム世界の影だけでなく光」を詳しく実例を挙げて、教えてていただいた思いで一杯です。貴重なお話ありがとうございました。
P1010124.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/