中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成22年度柑芦会大阪支部総会 反省、慰労会議事録

7月16日(金) 平成22年度柑芦会大阪支部総会 反省、慰労会議事録
         18:30~20.30   大阪支部会館

出席者(敬称略、順不同):
青柳明雄(16)、森俊宏(18)、浦義弘(17)、本多康重(17)、北村修一(18)、
今井通博(8)、山田利明(8)、大道治典(8)、藤野正憲(19)、佐野孝(27)、
金子義明(14)、吉川博司(14)、香川弘(9)、小柴学司(39)、中田陽之(15)、
         野田真之(17)、塩谷昭(26)、穂永千秋(17)  計18名

浦幹事長 :今晩の慰労会開会にあたり、反省点を来年度に生かすべく、実行委員と
して努力いただいた皆様方一人ひとりのご意見を手短に述べていただきたい
と思います。

支部長挨拶
7月4日の大阪支部総会が皆様方のご協力により無事終えることができ感謝申し上げます。
皆様方のご意見が来年に繋がるようなご意見をお願いいたします。
   先ず私の感じた意見は、幹事長報告が冗長だったかな(笑い)

浦 
それではお手許の資料から、当日の来場者は、227名、昨年の195名を上回りましたが、目標の250名には届きませんでした。
時間配分について、スタート午後一時に関し、集合時間、開始時間とも一時というのに無理があったようです。
支部総会、講演会ともに進行が遅れたため、懇親会の開始も30分の遅れとなったが、今回催し物を止め、交流・親交を重視した親睦会にしたことで、終了時間は余裕を持って定刻でお開きにすることが出来ました。

当日の参加者の意見として聞いたところでは、仁坂知事のまじめな人柄に好感が持てたとか、例年司会役は女性がおこなっていたが、今年は支部長、副支部長が自らされ、特に森副支部長のソフトでありながら、内容のしっかりした司会ぶりは好評でした。

その他、受付の担当者も若返らせろとの意見や、「花の霞に」の歌は、ホテル関係者にも好評であったことなど、全体として華美に流れず同窓会らしい雰囲気だったようです。
事務局から、収支関係について報告願います。

金子
事前に作成のリストから当日の欠席者、飛び入り参加者を相殺して行き最終的には227名となりました。
当日欠席者(無断)は若年層に多く見受けられたようです。
収支関係はほぼイーブンでしたが、支出の方にあげた通信費は総会費とは別になります。
ご祝儀、寄付金は昨年より減少いたしました。
アンケートの回収が少なかったため、意見としては裏表2枚分の量でした。

山田
アンケートに関し来場者に十分説明する状況がなかった。
回収方法についても徹底されていなかった。○、×の質問もあってよかったのでは?

北村 
配布資料が多すぎないか?

金子
アンケートにありましたが 私もそう思う。スタートが遅れるなど、時間管理は大事です。

北村
受付にいましたが、個人的に支部総会に貢献できたかどうか、心配の面もあります。
期別幹事としては、組織委員として声掛けなどさせてもらったという意識はあるが、実行委員として組み込まれていたことで、十分機能出来た感じが持てなかった。

今井
懇親会で催し物がなかった分、会話、交流が図れて良かった。
アンケートの周知徹底が十分取れていなかった。今後の支部総会がどういう風に望まれるかのアンケートで良かったと思う。
司会を支部長、副支部長にしてもらってよかった。

山田
席割を担当しましたが、8期のテーブルに若い人が一人混じり、気の毒だった。飛び入り用の予備席を準備しており、受付で柔軟に配慮すべきだった。
テーブルの配置図が用意されておらず、直前にホテル側に準備させていたようで、事前の手配を周到にする必要がある。

大道
今回の総会はおおむね良かったと思う。アトラクションも無い方がすっきりする。

藤野
受付に長くいることになったため、懇親会に入る時間が少なく、あっという間に終わった印象があります。
19期の席にいましたが、彼らが来年また来てくれるか危惧しています。

青柳
具体的には、面白くなかったとかの意見がありましたか?

藤野
面白くなかったというのではないのですが、来年また1から声掛けしていかなければいけないような気がします。
  
本多
要は定着して行けるかどうかの懸念ですね。

大道
期としては熱気が足らないのでは、との心配だと思うが・。

佐野
私も当日受付をしていたため、総会に関してはどうだったという感想はもてないが、懇親会の料理はこってりしたものが多かったように思う。
サーバーテーブルが両サイドにあるだけだったので、一度に並ぶ人が多く取りにくかった。
会場費に関し、昨年はひとつの場所で総会、懇親会を行ったが、今年は2部屋使うことで費用が嵩んだということはありませんか?

金子
懇親会場の費用は料理費用込み。講演会場(支部総会場)の費用は約17万ですが、昨年は懇親会場にピアノ設置などした費用が別にいりましたのでぜんたいではイーブンとみています。

佐野
テーブル席割について、必ずしも期別に固めなくても・・との意見もありました。
  
吉川
14期会で集まった意見を紹介します。
料理が混雑して取りにくかった。
料理のサーバーテーブルを工夫して配置することでスムーズに料理がとれるようにしてほしい。
先生、来賓、支部長の紹介のやり方について、最後にまとめて拍手するやり方はそれでよかったが、京滋幹事長の名前が呼びあげられなかったとこぼしていた。

青柳
一応呼びあげたはずですが、幹事長のところまで聞こえなかったのかな。

香川
時間配分が気になりました。
講演会が延びたが、結果として懇親会の時間が15時~17時で丁度よかったのではないか。
司会の人が総会の時間について、合図もしないで延びて行ったので、時間変更が急きょ決まったと思いました。
懇親会のアトラクションがなかった分時間的に余るわけでもなく、2時間で丁度よかった。
食事スタイルは前半サーバーに集中しすぎたのは、両サイドにしか設置されていなかったこと、量的にも不足気味の感じでした。
座席配置リストの見方が分かりにくいので、次回は直してほしい。

小柴
良かった点は、仁坂知事を講演会に講師として呼べたこと。
残念だった点は、各委員会の活動報告が支部総会でも懇親会でもなかったこと。
来賓紹介はもう少しゆっくりしてほしかった。
来年は講演会がなくても、大学の現状、方針を入れてほしい。
料理の配置について絵画部の展示に気を使ったのではと思うが、絵画部としては、場所が与えられれば来年も喜んで出展させていただきたい。


今年はコミュニケーションオンリーにしたが、絵画部としては何点でも対応できるのですか?
  
小柴
皆に見てもらえることでやる気(制作意欲)になります。


野田
欠席者に若い人が多かったのは残念に思います。
  
佐野
受付をしていて、遅れてくる人、無断欠席に若い人が多くいることは残念です。
年長の受付担当者に対しての態度にも問題を感じます。
ドタキャンの人に半分でも費用を請求してもよいと思う。

本多
皆さまのご協力をもちまして、支部総会、懇親会が成功裏に終わりましたことを感謝申し上げます。 
  
総括はお手許にある資料の通りです。
目標である250名の数字には届きませんでしたこと、私の力不足としてお詫び申し上げます。
今後の課題として先輩から後輩への声掛けを意識的にやっていただき、後輩が総会に参加しやすい環境作りをやっていきたい。
いくつになっても先輩は先輩です。いわゆる「なんてったって先輩」ですので、これが同窓会の良さに繋がります。
私自身長年この会に携わってこられた山田先輩ほか諸先輩方からのノウハウを教わりました。
藤野さんからのご指摘の期幹事と組織委員との仕事の区分け、総会実行委員会との区分けなど不十分だったことで混乱が起きたかもしれません。

穂永
広報の仕事が受付に縛られることで十分こなせなかったことを反省しています。
懇親会場今年は会話主体ということで、皆懇親が図れたと思うし、区切り、けじめがつけやすかったと思う。


講演会は知事の話で全体が締まってよかった。
動員については、若い人に対し、違う形の結びつきを考え、繋がりを作っていくように図りたい。
来年はホテル阪急インターナショナルで提案をさせていただくつもりで、こうした提言を生かしたいと思っています。


森さんから来年の構想がありましたので、来年の支部総会の日程など指定をいたしたいと思います。
ホテル阪急インターナショナルグループの会場予約は、来年7月もかなりタイトですが、夏休みに入ってすぐのこの日を押さえました。
費用もシティープラザ並みとのこと。
  
平成23年7月23日(土) ホテル阪急インターナショナル 6階  13時から
その他経済講演会も決定次第ご連絡いたします。
それでは時間も来ましたので食事をしながら気のついた点など話したいと思います。
                                              おわり

企業人脈マップを作りたい(本多)
出欠の返信欄に在学中のゼミ、クラブ、現職の会社名(肩書きは?)の記入を総会出席名簿に載せていきたい(浦)個人情報で抵抗のある人がいることは承知しているが、不完全なものでも始めていきたい。現役学生とOBの接点を増やしたい。
ホームカミングデイの動員に、クラブ関係者の力を借りたいので、近々集まりを作りたい。
(浦、本多、中田、穂永、ほか)
                                       文責:穂永

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/