中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成25年第1回つれもて会 番外記録

平成25年2月10日

平成25年第1回つれもて会 番外記録
番外担当 三宅、竹内

1.日時    平成25年2月9日(土) 9:10~18:00
2.目的地   三峰山
3.コース   
榛原駅9:15=10:30みつえ青少年旅行村10:50発――山小屋WC10:50――13:00避難小屋(昼食)
13:25―13:50着 山頂 14:10発―― 新道峠分岐14:20――14:30避難小屋14:40―15:50旅行村バス停16:15=17:05榛原駅

4.トッピクス 
当日は寒波襲来の最低気温が平地でもマイナスの日で、積雪は少なく、その少ない雪も凍った道でしたが、山頂近くから、期待通り、青空と陽射しにキラキラ輝く霧氷を見ることができました。
駅から、乗客は皆が座れるチェーンを付けたトロトロ走る臨時観光バスでゆったりと。
たくさんの登山客の中で私たちが最後のパーティ。歩き始めて、すぐアイゼンを装着。明るい陽射しがあって、展望もよく歩けました。
想定外に時間がかかったので、避難小屋の暗い中で短い昼食をすませて、すぐに山頂へむかう。
稜線は、風も全くなく、前日からの冷え込みで山頂までの間、霧氷がずっと続いていた。
下りの八丁平は地肌が見えるほど雪はなかったが、遠くの大台の山々も見え、途中、鋭角な高見山もくっきり見えました。
元のプランより1時間半の遅れのため、予定の新道峠経由のコースから登ってきたコースを引き返した。
ここで、はぐれそうになったり、はぐれのハプニングが発生。
携帯でも連絡が取れず、三宅、岡田2名が探しに山頂まで引き返すが見つからず、暗くなりかけている中を新道峠ルートへ。
下山後バス停で、発見。2名は最終バスに間に合わずタクシーで駅まで。反省することの多い番外でもありました。

5.参加者  井田、浮田、内田、岡田、金子、熊谷 靖、竹内、田中、三宅、安平、(特別参加)衛藤、平田
                                        以上12名

大きい写真はクリックしてご覧ください↓
IMG_6714.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/