中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成25年7月度 いきいき人生塾「論語について」

平成25年7月度 いきいき人生塾「論語について」

2013年7月30日(火)18時30分から21時

講 師:論語普及会 副会長
    室屋 安宏(むろや やすひろ)氏
    関西大学経済学部卒業

参加者:23名

今回は、詩吟の会でもお世話になっております、論語普及会副会長の室屋氏にお話いただきました。
室屋氏の論語普及会は仮名論語を広める事を目標に活動されております。
20130730人生塾1


<日本における論語を学ぶ環境>

文部科学省は、漢文を学ぶ意義を重視し平成21年度から小学校から授業に取り入れています。
江戸時代の日本においては識字率が40%であり同時代の欧州が20%である事と比較するとかなり高く
この点が論語を学び、日本社会の発展につながったそうです。
日本において論語は広く学習され、そのレベルは発祥の地である中国以上です。
(今回の人生塾でも、論語普及会専務理事の岡野護氏のリードのもと、みんなで素読いたしました。)

20130730人生塾2

<孔子について>

論語は約2500年前の孔子の言葉を集めた書物であり、その為、「子曰く」と言う文言から始まります。
ちなみに「子曰く」は、各書物によって「しのたまわく」と「しいわく」の2種類の読まれ方があり
ますが、どちらでも良いそうです。
孔子は3歳で父を亡くし17歳で母を亡くしており、その為に苦労を重ねてきたそうです。
社会に出てからは役人として働いていたそうです。
その経験豊かな孔子の言葉を集めたのが論語です。
知らない人の中には論語と言うと大長編だと思う人もいますが、実は20編500章の短文で成り立っており、
一般的な小説ほどの長さです。

<論語の言葉>

室屋氏は、「学び・・何時学ぶか 誰に学ぶか 学ぶ態度」、「仁のこころ・・君子とは 小人とは」
、「論語と経営・人生と論語」に分け、論語の中から39章句紹介されました。
番外として「一生、学ぶ姿勢の大切さ」を説いた佐藤一斎の言志録に載っている「少くして学べば壮にして為すあり。壮にして学べばおいて衰えず。老いて学べば死して朽ちず。」と言う言葉を紹介されました。

今回、頒布されました書籍「仮名論語」には、論語の章句全てが分かり易く解説されており、また
仮名もふられ読みやすく記述されております。これを使用し受講者全員で声を出し素読しました。
この「仮名論語」は、論語普及会にて販売されております。


『仮名論語』
価格 拡大版1,500円 ポケット版1,200円
連絡先 NPO法人 論語普及会
    TEL 06-4797-9570 FAX 06-4797-9571
    E-mail rongo@violin.ocn.ne.jp

 室屋氏には、書名は知っているが今まで触れた事もなかった「論語」について初心者にもわかり易く
説明いただき、岡野氏には素読の指導をおこなっていただき、ありがとうございました。
 今回は、23名という多くの人に参加していただき、また人生塾に初参加の人が多かったようです。
人生塾の良さを実感していただき今後の人生塾にも参加してほしいと思います。
                                        以上

                              文責:小野信寛(院32期)
20130730人生塾3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/