中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成25年後期寄附講座講義聴講レポート

平成25年後期寄附講座講義聴講レポート
日時: 平成25年11月14日(木)13時10分から18時00分

11月14日は、柑芦会寄附講座「現代経営実践論-業界研究」の第7回目。
そして、最終回の授業でした。今までご協力頂いたOBの皆様に深く感謝したします。
午後13時10分から何と18時までのロングラン授業にもかかわらず、学生達の集中力は
途切れず、真剣に聴いていて、業界に関する質問や職種・職能に関する質問も多岐に亘って
いました。
本当に嬉しい限りです。よしんば、もっと皆が元気に勇気を持ってどんどん発言してみたら
良いとは感じました。

講義風景


本日は、大阪支部支部長の青柳明雄様に「TPPを中心とした世界情勢、その他の業界」
を3時間講演頂いた後に、就職支援カウンセラーの北村修一様、井口益之様と青柳様、
そして金澤准教授による職種・職能に関する、質疑応答への回答とアドバイスをして頂きま
した。

3限目の青柳先生によるTPPの話は、その後の学生のレポート作成時の熱気に現れていました。
4限目では大企業ばかりでなく関西にあるこれから伸びる分野での中堅企業への視点を強調さ
れてました。
インフラ、スマートハウス、水資源・環境エネルギー分野、航空機産業、医療、旅行分野です。

最後には、学生の業界に関する多くの質問に、親切にお答え頂きました。


青柳先生

青柳先生2


5限目では、職種・職能に関して先輩のカウンセラーから多くのアドバイスを頂けました。
「実学と理論を学べ、多くの読書が出来る学生生活を大切にして欲しい」という金澤先生の
まとめの言葉が印象的です。

学生からは職種や職能、そして英語力や資格についての相談が多かったですが、
井口益之カウンセラーからは「徹底的に自己分析せよ」そこから、職種、業種を考える
重要性や就社か就職なのかとの意味深いお話を頂けました。
「情報は取りに行け」「学歴よりも学習歴」「計画された偶然性」「WillとCan」という
北村修一カウンセラーの的を射たアドバイスは学生にも浸透したようです。


最終授業


最後まで熱心に勉強していた学生達と本日の先生方に改めて感謝申し上げます

                         文責:委員長 渡邊豊(33期)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/