中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「第25回 柑芦経済講演会 ジャストタイムな演題で参加者全員熱中」

「第25回 柑芦経済講演会 ジャストタイムな演題で参加者全員熱中」

   第25回 柑芦経済講演会が下記要領にて開催されました。
 ・ と き  平成26年2月15日 (土)  13時15分 ~ 16時30分
 ・ ところ  大阪産業創造館  4F イベントホール
 ・ テーマ  『 TPPでどうなる日本経済 』
 ・ 講師 及び 演題

 鷲尾 友春 氏  関西学院大学国際学部 教授

 『TPP交渉をどう見るべきか』
P1000707s_20140220160641d0e.jpg


 25回目となる今講演会は、今、柑芦会の会員の皆様が最も関心が高いと思われるTPPについて
ご講演いただきました。前日の大雪、当日の厳寒にもかかわらず当初の予定通り開始できました。(参加人員 110名) 

 青柳支部長の開会の挨拶、講師紹介、そして鷲尾教授のご講演と時間丁度に始まり、講演は90分と長時間に
亘りましたが、会員の皆様の今一番の関心事だったのか、皆さん熱心に聞き入っておられました。

 ご講演については、TPPが出てきた背景 ~正しい歴史認識~ 現状の問題点 グローバルな現象から今後を   
読み取っていく必要性 等とても貴重な内容で、今後を考えるうえで大変参考になったのではないでしょうか。

P1000709s.jpg

 講演終了後、今回初めての試みであるコーヒーブレイクをとりその後 1時間の質疑応答の時間を設けました。
質疑応答では、功罪ありで賛否両論の難しい問題で最初の質問がスムーズでなかったものの青柳支部長の進行で
女性2人を含む各方面からの質問があり、講師を困らせる場面も見受けられ、大盛況の講演会となりました。
P1000708s.jpg

 今回の経済講演会は従来とは変化し一人の講師で充分時間をとっていただき、又質疑応答にも 
時間配分を多くしましたが テーマによってはこれで充分だろうと思われる講演会になったのではないでしょうか。         
                  以上              経済講演会実行委員長 井口滋雄

P1000711s.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/