中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

アグリビジネス教育プログラムの可能性について

昨日、和歌山大学主催の国際シンポジウム「 アグリビジネス教育プログラムの可能性について」
に行って来ました。
P1000748.jpg
基調講演とパネルディスカッションが行われました。

講演
『2014 年New ビジネスの可能性と実践的教育の必要性について
~海外におけるアグリビジネスの事例をふまえながら~』

Leandro De Sa 氏(Growth Phases LLC 最高経営責任者(CEO)) 

P1000747.jpg


<パネルディスカッション>

『アグリビジネスと高等教育機関との連携の可能性』

コーディネータ:
足立基浩(和歌山大学経済学部教授・和歌山大学アグリビジネススクールプロジェクト推進室長)
パネリスト:
Leandro De Sa 氏
河村能夫氏(京都府立農業大学校校長・龍谷大学名誉教授)
児玉典男氏(紀州 観音山フルーツガーデン農業生産法人 有限会社柑香園 代表取締役会長)
大学生農業サークル「アグリコ」のメンバー(学生代表) 
P1000752.jpg

P1000753.jpg

パネリストの一人の児玉典男氏のところには和歌山大学の卒業生も入社しているそうです。
本日のシンポジウムにも参加されておりました。
観音山フルーツガーデン

基本的に日本の農業は家族経営であり、農家は継ぐものであり、新たに始めるものではなかった。
その中で大学を卒業して、親の後を継ぐのではなく、農業法人に就職するという形での就農です。

河村能夫も言われるとおり、就農の問題は「農地と販路」である。
その一方で、児玉典男氏によれば、今はまたとない好機であると。
どんどん優良な農地が耕作放棄地となっている。
条件さえ合えば優良な農地を極めて廉価で借りることができる。
インターネットで農協にたよらない販売もできる。

みかん農家で年収1000万くらいは可能であると。
農業にも様々なリスクはあるが、リスクを軽減する方法もあると。

若い皆さん、農業にチャレンジしてみては?
                     文責 26期 塩谷 昭

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/