中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2014年12月度 いきいき人生塾の報告

2014年12月度 いきいき人生塾の報告

2014年12月10日(水)

「物事すべてやってみないとわからない」
 ~今、和太鼓と生きる~

講師:辻 均 氏(20期)
http://www.hotdaiko.jp/index.html

DSCN2814.jpg


今回は、神戸支部幹事長の辻均さんにお越しいただきました。

辻さんはご自身の性格を次のように分析されています。
①人間大好き
②好奇心旺盛で興味を持ったことは深い部分まで掘り下げていく
③何もしないのが苦痛

そんな辻さんは大前研一さんが好きで
①やりたいことは全部やる
②人が出来る事は必ず自分にも出来ると信じて挑戦する
③62歳以降は仕事以外のことに関わる
④一生燃焼する、を「私の主義」としておられます。

昭和47年に大学を卒業し、就職した東急不動産で仲介営業で活躍された辻さんは、不
動産仲介は小資本でもできる仕事、自分の力でどれだけできるか独立したいと考え、
昭和54年に入社7年で退職、開業。
辻さんが考えた<小資本の仲介業者が大手に勝つ戦略>が、住宅公社・公団の分譲マ
ンションに特化することです。
一つの校区などエリアの中で、賃貸から中古分譲マンション、中古分譲マンションか
ら一戸建てとすごろく式に住宅をステップアップしていくことに目をつけ分譲マン
ションに特化。
分譲マンションのオーナーは売主にも買主にもなり、仲介手数料を両方獲得できる。
大手が単価の高い物件に注力し、事務手続きが煩雑な公社・公団の物件は敬遠しがち
なことから、案件が集まり資金作りに大成功します。
その資金を元に昭和60年からは建売事業に進出、顧客志向の住宅提供を一貫してでき
るようにと平成13年からは自社で設計・工務部門を立ち上げハウスメーカーになり、
高性能省エネ住宅を大手に先駆け着手します。
その後、姉歯偽装事件、リーマンショックとご苦労も経験しながら、ご自身のお考え
通り62歳、平成22年に社歴30年で引退されます。

引退されるまでにご経験されていた趣味がたいへん多く、中学時代のアマチュア無線
/高校時代のバンド活動/釣り/写真/ゴルフ/陶芸/クルーザー/スキューバーダ
イビング/スキー/家庭菜園/バイク/和太鼓/木工/尺八/寄席主催/ジョギン
グ・マラソン。
その中でも自身の性格・主義にマッチする趣味として、「和太鼓」に引退後最も
力を注いでいます。
どのくらい注いでいるかというと・・・倉庫に使っていたスペースをスタジオにし、
和太鼓を17台揃え、「ホッと太鼓」という和太鼓グループを作り、和太鼓を愛する同
志を募集し、その団長としてメンバーと一緒に全国で舞台公演をしています。
その投資額、費やしている時間、エネルギーは半端ではありません。
和太鼓の魅力の中でも、「太鼓道として、本来日本人にある 根性・礼節・質実剛
健・連帯感などを次世代に継承できる」は印象的でした。

最後は2曲「ホッと太鼓」の舞台公演の様子を見せて聴かせていただきました。
その姿、音、雰囲気に魅せられました。たいへんハードな訓練をして演奏されている
というのがよくわかる、身体全体をつかった演奏でした。

DSCN2809.jpg


今回は人生塾初の試みで、中締め後に居酒屋「天狗」に場所を移し懇親会を催しまし
た。楽しかったですよ。
IMG_20141210 天狗にて
4月5日に、芦屋ルナホールで「ホッと太鼓」の皆さんの公演が予定されています。

ぜひぜひ、皆様も和太鼓に魅せられてください。
柑芦会の皆様には近々特別前売りのご案内をさせていただきます。

辻さん、本日はありがとうございました。

参加者:12名

文 責:菓 英一46期

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/