中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成27年6月度「ビジネス人生塾」のご報告「電卓日本一が語る電卓競技の魅力について」

平成27年6月度「ビジネス人生塾」のご報告

「電卓日本一が語る電卓競技の魅力について」

今回は、というテーマで、パナソニックにお勤めの西春香さん(59期)にお話しいただきました。

004.jpg

西さんは、2011年度に電卓日本一(個人総合競技)に輝いており、来月開催される2015年度も日本一を狙われています。
なんと双子の弟さんも2013年度(長男)と2014年度(次男)に電卓日本一になっており、3姉弟で切磋宅差されています。

最初はお母さんにそろばんを教えてもらっていたそうですが、小学4年生の時にそろばん塾へ行ったことがきっかけで
小学5年生の時にそのそろばん塾の先生から電卓を教えてもらうことになったそうです。
この先生は、そろばん・暗算・電卓の3つを平均的に伸ばすという方針です。

西さんがどんどん上達するのを見て、塾の先生も最高段位を取ることと電卓日本一になることをアドバイスされ、西さんもそれを目標に努力されたそうです。

高校までは週3回塾に通われていたそうですが
電卓日本一を目標にしていた大学時代は、塾に週6回通っていたこともあり、部活を諦めざるを得なかったそう。
その甲斐あって、見事日本一になりました。

それを武器に(我こそはNo1選考)という基準があったパナソニックに就職され、経理を担当されています。

電卓は、カシオ製のプロ用電卓を使われていますが、数字を押したタッチ感はスムーズでした。
電卓には、「GT」、「MR+」、」「MR-」のようなキーがありますが、これをうまく使うことも電卓競技では必須です。

実演をしていただきましたが、さすが日本一!というスピードと正確性で、途中で左打ちから右打ちに変更するスタイルや、競技で使用するシャープペンシル等へのこだわりもプロの領域でした。

電卓競技は、スピードと正確性を競いますが、名人位は約95%以上の正確性が必要です。
西さんの最終目標は、「満点の名人位」を目指すとのことです。

パナソニックでも上司から電卓を継続することを勧められているそうですが、社内に電卓部はないので
10人ほどで作っている珠算部で活動しながら、電卓活動もされています。

因みにそろばんの腕前も相当なもので8段とのことでした。

私も会計士の受験時代は、かなり電卓の早打ちを練習していたので、西さんの凄さがよく分かり、とても良い刺激になりました。
西さん、ありがとうございました。来月の大会で日本一になることをお祈りしております(*^_^*)

文責:小柴
001.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/