中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

7月度いきいき人生塾『明治維新と天誅組』の報告

2015年7月15日(水)

『明治維新と天誅組』
講師:中垣芳雄さん(19期)

今回の人生塾は、19期の中垣芳雄さんに『明治維新と天誅組』と題して、明治維新への歴史と天誅組についてお話しいただきました。

ペリー率いる黒船来航が<1853年>。それからたった10年で日本を動かす力が(幕府)から(雄藩)に移る。そして<1867年>に大政奉還。
この激動の時代の出来事と天誅組について、中垣さん作成の年表を見ながら話を進めました。

1853年ペリーが来航し開国を要求、それにどう対処するべきか幕府では判断ができず、天皇や各藩の大名に意見を求めた。江戸幕府が始まって以来、藩に意見を求める
ようなことはこれまでになく、このことが激動の時代の引き金になります。

天誅組は1863年8月13日から9月25日までの、非常に短い間で旗揚げし終焉に向かっています。挙兵時には天皇の詔勅による皇軍だったが、8月18日の大和行幸の詔勅の取り消しによって、突如、賊軍になってしまいます。賊軍になった天誅組は、総力を結集した幕府側に追われることになり、敗走していきます。

日本は義務教育で歴史を古い時代から丁寧に教え、近い時代はさらっと流す教え方をしている。しかし、明治維新・大戦・戦後の復興といった近い過去をもっと教え、
もっと知る方がいいのではないかという意見も出ました。

明治維新は現在から200年前までの話で、もっと我々が詳細に知っていてもよさそうなのに、知らないことが多いように思いました。
たいへん勉強になりました。

参加者:9名

文 責:菓 英一46期
20150715①

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/