中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

『ン十年ぶりの和歌山市内をぶらり散策』

『ン十年ぶりの和歌山市内をぶらり散策』

昨日11月29日(日)、和歌山で開かれるテニス部OB総会に向う。
女子の4部昇格のお祝いを兼ねた総会ということで張り切る。

難波からは一つ前の特急『サザン』に間に合ったことで、市駅についてから1時間ほどの空き時間ができた。
日曜日の午前十時過ぎ、市駅前は閑散として、バス待ち、タクシー待ちの人も少なく、横断歩道の誘導音がむなしく響いていた。
市駅前から南へ延びる広い道沿いにある有田蜜柑の発送問屋?には蜜柑の山、年末年始炬燵でみかんを食べて、指先が黄色になったことを思い出しながら、なおも南へ歩くと、角地に大人2人で手を広げてやっと届くくらいの巨石(高さは1M)と、石碑があり、勝海舟寓居跡と記してある。
katukaisyuu.jpg
画像は「癒しの和歌山」さんから拝借いたしました。

江戸から明治へ、勝海舟の足跡が和歌山にもあったことを認識。
和歌山城内にある市観光協会にてお尋ねし、幕府の海軍砲台の検分に和歌山に降り立ち、この地に滞在したということが書いてある市内の観光地図を頂いた。
市の観光協会を訪れる人は少なかったが、ぶらくり丁など市内中心の商業地の閑散とした様子に比べ、和歌山城は観光バスの駐車場は満車の表示が早々と出されるほど、観光地だけはインバウンド客を含めずいぶんと賑わっている様子。

 本町通りの通行量が人も車も少ないのは、なにも道幅の広さだけではないと思い、カフェWITHを探しながらぶらぶら、あいにく営業はしていない時期のため、入り口のシャッターは閉まっていたが場所は確認。

本町通を北へ50M歩くと、アパホテルの北側に芝居小屋の幟、常打ち大衆演劇場「紀の国ぶらくり劇場」とあった。
入り口にいた愛想の良いご婦人と暫し立ち話、7~8年前から芝居小屋として営業しているとのこと。
出し物はひと月ごとに変わるそうで、客層はまだ和歌山市近郊が多いとか、夫婦出来ていただくと割引もあるなど書いてあるチラシを見ながら、時の流れを感じていた。(昔は中の島辺りにしか?劇場らしきものはなかったのに・・・・)
芝居小屋からでも活況が戻れば、など考えながら、本町通りを南下、京橋では、昔カキ船が係留されていた市堀川へ降りる散策路を見つけ、左岸の方を城北橋まで歩く。
流れはかなり速く、澱みはない。川鵜が3~4羽潜っては頭を出し、また潜ってと餌を探している様子。
「和歌山ブルース」の碑はもっと東だった、と思いながら約束の時間が迫って来たので城内西ノ丸から県庁前に抜け、総会の場所であるマツヤ食堂に着いた。
                                   酔 心

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/