中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

柑芦会の名付け親「岡本一郎先生」の旧居址を 一緒に訪ねませんか?

                      2016.02.25
 柑芦会会員各位!
   柑芦会の名付け親「岡本一郎先生」の旧居址を
一緒に訪ねませんか?


 大正15年(1926年)3月11日に和歌山大学の前身・和歌山高等商業学校(和高商)から第1回卒業生が巣立ました。
4年後、初代校長の岡本一郎先生から、この同総会を「柑芦会」(こうろかい)と命名、岡本先生は柑芦会初代会長も兼任されたこと、柑芦会のプロフィールでご存知の方も多いと思います。

今年(2016年)3月に柑芦会は発足90周年を迎えますが、この度、6月12日(日)に岡本先生所縁の地、山口県岩国市に於いて、旧居址を有志の方と訪ねようと企画しました。
当日は午後1時30分より錦帯橋の傍の岩国国際観光ホテルで、愛媛支部と山口支部の合同支部総会を開催します。
旧岡本邸跡訪問後は合同支部総会に合流し、みんなで盛り上がりたいと思います。

お知り合いの山口支部、愛媛支部の柑芦会員にお声掛け、お誘いして頂ければ、旧交を温めることが、地方支部活性化にもつながりますので、ご協力下さい。

岡本先生の資料につきましては、同じ山口県出身の前学長・山本健慈様(現国立大学法人協会専務理事)より別添の情報をいただいており、山本先生もこの企画には大変乗り気になっていらっしゃいます。

各地からお越しいただくため、最終集合地はJR岩国駅午前9時30分といたしますが、参加者が多くなれば、岩国でバスをチャーター出来、時間と労力の節約ができます。この場合、岩国駅から新幹線新岩国駅を経由いたします。
別紙でご案内のように、バスで移動できる人数になるよう、皆様お誘いあわせ下さい。
*せっかく岩国まで来たなら、ゆっくりと錦帯橋、花菖蒲の吉香公園など観光を加えたい方もいらっしゃるかもしれません。
お申込み時にご連絡ください。
尚、前泊されて翌朝集合の場合、宿泊手配はご自身でお願いします。

行程概略は別紙の通りです。
問い合わせと、参加申し込みは事務局・穂永までご連絡ください。

  実施日       平成28年6月12日(日)
1:岩国駅から岩徳線利用
(阪神方面から)
  新大阪発  午前6時50分 ⑫乗り場・さくら543号(鹿児島中央行き)
          (岡山:7時41分、広島:8時21分着)
     広島発(山陽線) 8時37分 ①乗り場 岩国行き普通
           (岩国着 9時30分)
     岩国発(岩徳線) 9時43分 徳山行き普通
     周防高森着    10時16分  現地へは、駅より徒歩20分
   復路は 周防高森発12時29分→岩国着13:02(西岩国12:57)です
(九州・山口方面)
岩徳線の列車が少ないため(*徳山発 午前7時54分 午前9時52分)
新岩国着:8時30分または9時19分で岩国駅(西岩国駅でも)
(四国・松山方面)広島からお回りください
    松山観光港発  午前7時  広島着(宇品)8時8分
    西広島発    午前8時42分 岩国行き普通(岩国着9時30分)
    (新幹線広島発8:42で新岩国9:00着も可能)

2:岩国でバスチャーターの場合
岩国駅~周防高森・千束公民館~錦帯橋・ホテル(行程約50㎞)
 * 岩国観光バス(0827)23―0008
    27人乗り(中型) 3時間  概算チャーター料:22,000円
*岩国駅構内タクシー(0827)21-1201(日曜は空いている由)
ジャンボタクシー(9人乗り・運転手以外)  7台所有
3時間で約1、8000円(2時間以内だと基本料金と距離の割合で安くなる)

 いずれも新岩国を経由できるため、新幹線組には乗り換え手間が省けます。
◎新岩国下車の場合、広島駅でこだまに乗り換え9:09発、新岩国着9:33
 新大阪駅発7:35(広島着 9:06で間に合います。

                             以上

資料1.

青柳会長の問い合わせへの
山本健慈和歌山大学前学長(現・国大協専務理事)返事から
初代校長岡本先生・紙料② 胸像
青柳さま
 以下ご照会の件、私の知る限りのメモ、写真等を送ります。

1) 岡本先生の旧宅の住所は、山口県岩国市玖珂町6668です。google mapでみますと。「千束記念公会堂」という場所、ストリートビューが見えます。
岡本先生逝去後、ご遺族が地域に土地を寄贈され、そこに地域の集会所を建て周辺を地域に方が守っておられます。
その集会所は、木造ですが、その木は、かつて私の父が戦前戦後にわたって場長を務めた山口県蚕業試験場の建物(1960年に廃止移転)の解体したものを再利用したと地元の方に聞きました。
土地の一角に「岡本一郎先生旧宅跡」という石碑が建てられています。その背後の小高い山に、お墓もあります。
写真を添付します。
初代校長岡本先生・資料③旧宅跡石碑

初代校長岡本先生・資料⑤岡本家家墓

2) 玖珂町は、平成の大合併で岩国市になりましたが、旧町の時代の公民館が「玖珂町文化センター」(名称は不確かです)となっており、そこに保田龍門作の胸像(高松の旧高商に設置されたものと同じ)が残されています。これも写真を添付します。

初代校長岡本先生・資料④公民館

3) 旧岩国市は、錦帯橋という木造の橋が有名です。岡本一郎が旧高商の設置の際に相談した河上肇も岩国市の出身で、その旧宅や資料等もあると思います。旧岩国市には、いくつかホテルもあるかと思います。
 
 案内等の必要があれば、小学校時代の友人もいますので、ご紹介しますし、私も日程があえば同行させていただきます。ではなにか必要なことがあればご連絡ください。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/