中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「神宮球場で和大野球部を応援しよう!!」

                    平成28年4月6日
柑芦会 大阪支部の北村です。
和歌山大学野球部の活躍に:皆さん応援お願いいたします。

「近畿学生野球連盟の2016春季リーグ戦」(全10戦)が始まりま
したが、わが和大野球部はそのⅠ部リーグにおいて初戦と第2戦を
強豪の大阪工業大学と戦い、これに2連破しました。

和大野球部の「大望」は、「リーグ初優勝を果たし、神宮球場での大学野球選手権に出る」ことです。

これを実現するためには、スタンドからの1人でも多くの声援が欠かせません。
幸いにも今年は、4月下旬には和歌山市の紀三井寺球場での公式戦も開催されます。

柑芦会会員の皆さま、友人やご家族と和大野球部の応援に行こうではありませんか。
そして野球部と共に神宮球場へ行こうではありませんか。  



「神宮球場で和大野球部を応援しよう!!」

大阪でも桜が咲き始めた去る2日(土)、近畿学生野球連盟の2016春季リーグが開幕しました。
我が和歌山大学野球部はその第1戦と翌3日(日)の第2戦に、昨シーズン第2位の強豪大阪工業大学と対戦し、みごとにこれを連破しました。

 近畿学生野球連盟は関西にある5つのリーグの一つで、和歌山大学は5年前にそのⅠ部リーグに悲願の復帰を果たし8季続けて在籍し続けていますが、大阪大学、神戸大学、大阪市立大学、大阪工業大学、奈良学園大学の中では奈良学園大学が最強チームであり、和歌山大学の前に大きく立ちはだかっています。

大阪工業大学は昨年秋シーズン第2位の戦績、和歌山大学は第5位ですから、今シーズンの初戦と第2戦に連破し勝ち点が取れたのは大殊勲なのです。

今春季リーグはこの後、下記のようにあと8戦を戦いますが、このうち4月23日(土)と24日(日)には史上初めて招致に成功した和歌山の紀三井寺球場にて公式戦が行われます。
和歌山支部の皆さんをはじめ柑芦会の皆さまの絶大な応援をお願いする次第です。

  ・第2節 : 4月 9日(土) 第3試合(対・奈良学園大学) 於:大阪南港中央球場
         4月10日(日) 第2試合(対・奈良学園大学) 於:大阪南港中央球場
  ・第3節 : 4月23日(土) 第1試合(対・大阪大学) 於:紀三井寺球場
         4月24日(日) 第3試合(対・大阪大学) 於:紀三井寺球場
  ・第4節 : 5月 3日(火) 第3試合(対・大阪市立大学) 於:ほっともっとフィールド神戸
5月 4日(水) 第2試合(対・大阪市立大学) 於:ほっともっとフィールド神戸
  ・第5節 : 5月 9日(月) 第1試合(対・神戸大学) 於:大阪南港中央球場
5月10日(火) 第3試合(対・神戸大学) 於:大阪南港中央球場

 実は、和歌山大学野球部には「大望」があります。それはこのⅠ部リーグで初優勝し、神宮球場で行われる「大学野球選手権」大会に出場することなのです。

この目標は、野球部の元・総監督を務められた中田陽之さん(柑芦会15期)が言い出されたもので、今では部員全員のみならず野球部OBの皆さんにとっても共通の目標となっています。
そういう中での先日の対大阪工業大学2連勝は、非常に大きな前進であったわけです。

 和歌山大学野球部には今春も甲子園経験者を含む1回生が約20名入部し、全体では80名を超える大所帯となっています。
その大軍団を率いる糸川公偉総監督(柑芦会26期)は、「当野球部の実力は着実に上がっています。神宮球場はもう完全に見えています。
しかしながらそれをさらに完全なものにするためには、選手だけの力では到底無理です。学生の保護者の皆さま、大学卒業生の皆さまのスタンドからの声援は何よりの力と勇気を与えていただける最良の応援です。一人でも多くの柑芦会の皆さまの応援をお願いします。」と語っていました。

 皆さん、球場へ行って和大野球部を応援しましょう。そして、神宮球場で和大野球部の応援をしようではありませんか。
文責:北村修一(柑芦会18期、大阪支部)

0402.png
0403.png
itokawa.png

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/